アルバイト経験を就活に役立てよう。志望動機や自己PRのコツ

KEYWORD 記事関連キーワード

記事をお気に入り登録する

記事のお気に入りに登録

「記事のお気に入りに登録」のご利用にはログインが必要です。

会員登録がお済みでない方

無料会員登録

アカウントをお持ちの方

ログイン

就活をしている学生の中にはアルバイトをしている人も多いでしょう。コミュニケーション能力を身に付けることができたり、社会人としての基本的なマナーを学ぶことができたりと、アルバイトをすることは貴重な経験です。この記事では、志望動機や自己PRでアルバイト経験をアピールする際に、押さえておきたいポイントをご紹介します。

内容よりもアルバイトで得たことが重要

エントリーシートや履歴書で重要な項目といえば、志望動機や自己PRです。アルバイトでのエピソードを盛り込むことで、志望動機や自己PRに具体性が生まれるので、ぜひアルバイト経験をアピールしましょう。

その際に注意すべき点は「企業が知りたいことはアルバイトの内容ではない」ということです。企業はアルバイト経験から伝わる学生の強みや人柄を知ろうとしているため、単にアルバイトの内容を羅列してもアピールにはなりません。

経験年数もアピールポイント

1705_2_113 (2)

アルバイトの期間が長い場合には、経験年数を書くと良いでしょう。数字を用いることで、内容が具体的になり説得力が増します。多くのアルバイトで得た経験も良いことではあるのですが、一方で長続きしない印象を持たれる可能性があります。企業は長く勤務してくれる人を求めるのが一般的ですから、経験年数が長ければ良い印象を与えることができるでしょう。

もちろん年数だけをアピールするのではなく、得た経験や成し遂げたことなどの自己成長をアピールすることも忘れてはいけません。

関連性が高いアルバイトは好印象

志望動機や自己PRでは「なぜ他の企業でなくその企業を志望したのか」「自分の強みと企業の求める人物像がマッチしているかどうか」が重要ですので、アルバイトの業界や仕事内容が志望企業のものと違っていても特に問題はありません。

ただ、志望業界・企業と関連性の高いアルバイトをしていたのであれば、入社後にその企業で働く姿をイメージしやすくなります。たとえば企業の一般事務を志望している場合、アルバイトで伝票整理や電話対応をした経験をエピソードとして盛り込むことができます。そこで評価された「正確な事務処理能力」や「柔軟な顧客対応力」などは入社後も活かすことができますので、好印象に繋がるでしょう。

異業種なら企業研究を徹底する

1705_2_113 (3)

志望する企業とアルバイトをしていた企業が全くの異業種であっても、アルバイト経験をアピールすることは可能です。重要なことは「アルバイトをすることで得た自分の強みが、企業の求める人物像とマッチする」内容になっているかどうかということです。

企業が求める人材像は、企業研究で知ることができます。特に企業のホームページや会社パンフレットの「社員紹介」に掲載されている先輩社員の姿は、まさに企業が求める人材像そのものですので大変参考になるでしょう。

例えば企業研究をした結果、社風としてチームワークを大事にしている企業だとわかったとします。その場合は「アルバイトで周囲と協力し合って目標を達成した」などの協調性をアピールできるエピソードを盛り込むと良いでしょう。志望企業と関連性の低いアルバイトであっても、企業の求めるチームワークや協調性をアピールすることができます。

おわりに

アルバイト経験を自己PRや志望動機に盛り込む学生は非常に多いため、「自分がアルバイト経験をアピールしても評価されないのではないか」と思う人もいるでしょう。しかし企業はアルバイトの内容そのものではなく、「アルバイト経験から伝わる学生の強みが企業の求める強みと一致しているか」を重視しています。書類選考や面接の場で、自信をもってアルバイト経験をアピールしましょう。

内定が欲しい人以外は見ないでください
  • 就職活動の攻略本「就活ハウツー本」
  • 先輩の体験談も盛りだくさん「就活ストーリー」
  • 内定率は驚異の92%!「就活アドバイザー」
  • 5分で作れる「かんたん履歴書メーカー」
  • あッという間に内定GET「就活市場エントリー」
  • イベント参加で有利に就活「就活市場イベント」
  • あとで読み返したい記事は「お気に入り登録!」

今すぐ確認する!

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

広告掲載をご検討の企業さまへ