業界別志望動機と例文。化粧品メーカー編

KEYWORD 記事関連キーワード

記事をお気に入り登録する

記事のお気に入りに登録

「記事のお気に入りに登録」のご利用にはログインが必要です。

会員登録がお済みでない方

無料会員登録

アカウントをお持ちの方

ログイン

女性が大人になってから覚えることの一つにメイクがあります。メイクをするには当然化粧品を揃える必要があり、そのことに付随して化粧品に対する興味を深めていくという人も少なくなりません。そしてそれが更に膨らんでいくことで、化粧品メーカーに勤めたいと考えるようになっていったという人もいるでしょう。しかし、化粧品メーカーとはどのような業界で、志望動機を書く際にはどういった点に注意すれば良いのでしょうか。今回は実際の志望動機例も交えてご紹介していきます。

化粧品メーカーの概要

女性に人気の職場である化粧品メーカーですが、その業務内容は実に幅広いものとなっています。

企画

製品の企画や、プロモーションに関連する業務を行います。CMに起用する女優の選定や、コンセプト決めなど、多くのことを考えていかなければいけないので、非常にセンスが求められる仕事です。自社で販売している製品に対する深い理解が不可欠となってきます。

営業

実際に完成した製品の営業活動を行います。デパートや百貨店、或いは薬局といったところに製品を陳列してもらうための交渉を行います。勿論、他者が発売しているライバル製品との比較もされることになるので、それらも調べ上げた上で有利に営業を進めていく必要があります。

販売

販売会社が独自に店舗を持っている場合には、販売業務も行う場合があります。来店したお客さんにメイクを施したり、接客をしたりする必要があるので、高いメイク技術とコミュニケーション能力を身に付けなければいけません。

研究

製品の研究も大切な仕事です。裏方としての印象が強いですが、重要な立ち位置です。化粧品は肌に使うものですから、製造・研究には細心の注意を払う必要があります。研究職になるので、文系ではなく理系の人が目指す職種となります。

職種と、その企業を選ぶ理由が大切

上記の職種の中から自分がどのような仕事に就きたいのかというのを決めることも重要ですが、更に大切なのはなぜその企業に志望したのかということを明確にすることです。

化粧品メーカーにも様々なものがありますから、他社ではなくそこを選んだ動機という視点を忘れないようにしてください。完成した志望動機を読み返したとき、他の企業でも当てはまるような文章であれば、要注意です。

化粧品メーカーの志望動機例(販売職)

例文

私は中学生の頃から、自身の容姿をコンプレックスに感じるようになりました。

そのことが昔は本当に辛かったのですが、高校生の頃にメイクを覚えて、人生が一変しました。

私にとってメイクは魔法のようなもので、人生を豊かに彩ってくれるものでした。

そして、私が最も愛用しているのが御社の化粧品です。

初めのうちは「容器が可愛いから」「名前を聞いたことがあるから」「なんとなく良さそうだから」という理由で手に取っていましたが、ある時、御社の化粧品販売ブースで接客を受け、私の中で変化が起こりました。

当時高校生だった私に対しても、販売員の方は丁寧に接客してくださり、メイクについても分かりやすく教えてくださいました。

当時あまり化粧品を買うお金がなかった私に沢山の試供品を持たせてくれたその人は、「とても綺麗ですよ」と私にいってくれたのです。

その頃から「大学を卒業したら御社で働きたい、恩返しがしたい」と考えるようになっていました。

私も御社の一販売員として、お客様にメイクの楽しさや、メイクが人生に与えてくれる彩をお伝えできたらと思っています。

終わりに

今回は販売職の志望動機例をご紹介しましたが、化粧品メーカーの中で最も人気が高い職種は企画職だといわれています。しかし、基本的な志望動機の構成はどのような企業、職種でも変わりません。自分がそこに勤めたいと思う理由を、わかりやすく、且つ熱く伝えてみてください。

就活市場でしか手に入らない
マル秘お役立ちブック!
  • 就活市場が教える様々な業界の"リアル"
  • 例文付きの正しいエントリーシートの書き方

などなど、ここでしか手に入らない就活市場限定のオリジナルブックを今すぐダウンロードしよう!

今すぐ無料ダウンロード

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

CATEGORY RANKING 「面接」人気記事ランキング

POST RANKING 人気記事ランキング

広告掲載をご検討の企業さまへ