業界別志望動機と例文。自動車メーカー編

人々の生活に必要不可欠な自動車。

その自動車を製造し、販売するのが自動車メーカーです。

安定した業績から人気の高い職種でもありますが、就きたい職種と志望動機を明確にしなければ、内定を得るのが難しいのはいうまでもありません。

そこで今回は、自動車メーカーの仕事の説明や、実際の志望動機の例などをご紹介していきます。

これから自動車メーカーへのエントリーを検討している人や、志望動機が思い付かないという人は是非参考にしてみてください。

自動車メーカーの仕事

自動車メーカーと一纏めにしても、実際にはその内容は実に細かく、業務内容も多岐に渡るのが特徴です。

営業職

自動車の販売営業などを行う。

コミュニケーション能力や、自動車に関する深い知識が求められるポジション。

製造

自動車の製造を行う。

ブルーワーカー的な要素も強い反面、車好きな人からは非常に人気の高い職種。

修理

車の修理に関することを請け負う職種。

製造同様車に対する深い知識が求められるのが特徴。

事務

本社などで事務職を行う。

ただし、営業職などでもディーラーで事務職を行うことは普通にあるので、事務職以外の職種に就いたとしても、最低限の事務スキルは求められることになる。

上記は一つの例ですが、自分が自動車メーカーに勤めたとき、どのような職種に就きたいのかということを明確にしておくようにしましょう。

こういった質問は面接でも必ずされることになります。

志望動機に求められること

自動車メーカーの志望動機を考える上で大切なことは、主に二つです。

  1. そのメーカーを選んだ理由
  2. 将来的なキャリアプラン

自動車メーカーは数多く存在します。

海外のメーカーを合わせれば、選択肢は更に広がるでしょう。

その中で、何故自分がそのメーカーを選んだのかということを答えられなければ、採用されるのは難しいでしょう。

また、企業に勤めた後のキャリアプランに関しても考えておく必要があります。

就職というのは内定をもらって終わりではありません。

その後のこともしっかりと考えて、10年後、20年後に自分がどうなっていたいのかということを意識するようにしましょう。

大切なのは知識より熱意

自動車メーカーの面接官や担当者と実際に話をする際、自動車に関する知識があれば、それは有利に働くかもしれませんが、メーカーで勤務する上で重要なのは熱意です。

熱意がちゃんとあれば、学生の段階で免許がなくとも、自動車に関する知識が薄くとも大きな問題にはなりません。

自分がその仕事に就きたいという熱意と想い、そしてその明確な理由を大切にしてください。

自動車メーカーの例文

例文

自動車というのは、多くの環境で生活の軸になります。

そしてその自動車を利用する上で何よりも大切なのは、安心だと私は考えています。

価格の安さや燃費の良さというのも当然大切ですが、何よりもその車に安心して乗ることができなければ意味がありません。

そのことを考えたとき、私が安心して乗ることのできる自動車は御社の自動車でした。

非常に単純なことかもしれませんが、そのことが、私が御社を志望した最大の動機です。

御社で働くことができたら、将来的には管理職に就いて、安心、価格などを突き詰めていく一員になりたいと考えています。

安心して乗ることのできる車のある暮らしが、充実した毎日に直結していくのではないか。

そんなことを思っていただける車を世に送り出していきたいです。

終わりに

自動車メーカーの志望動機を考える際には、今回ご紹介したポイントや、例文を参考にしてみてください。

内定を得ることは簡単ではありませんが、完成度の高い志望動機を仕上げることができれば、その可能性は大きく上がることでしょう。

そんな志望動機でほんとに大丈夫?
1人でわからない事はプロと2人で​。​​

就活のプロがあなたの
内定を叶えます!

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

広告掲載をご検討の企業さまへ