就活体験談。大学の偏差値が就職活動にもたらした影響

大学名というのは就職活動をする上で、非常に重要な要素の一つとなってきます。いわゆる Fランと呼ばれる大学に通っている人と、偏差値の高い大学に通っている人とでは、就職活動の結果も大きく違ってくるでしょう。今回体験談を語ってくれたT・Oさんも、就職活動を通してそのことを痛感したそうです。学歴と就職活動の関連性について悩んでいるという方は、今回の体験談を参考にしてみてください。

都内有数の大学に通う

都内有数の大学に通う

僕はもともと勉強が好きで、大学も比較的偏差値の高い学校に通っていました。就職活動の時期になってから、 Fランという言葉を知ったり、違う大学に通う周りの友人から「お前は学歴がいいから就職も楽だよな」といわれたりすることで、自分の学歴を意識するようになりましたが、それまでは正直、偏差値や大学ということについてあまり考えたことがありませんでした。

大学の名前が有名だからといって、就職活動が免除されるわけではありませんし、他の学生とは違う就活サイトに登録するというわけでもありません。多少は就職が有利になるだろう、くらいには確かに考えていましたが、正直大学名のおかげで、就職が楽になるなんていうのは幻想だと思っていました。

きっかけは面接官の態度

きっかけは面接官の態度

そうした僕の考え方に変化が生まれたのは、面接を何度かこなすようになってからでした。履歴書を事前に確認していた担当者の方が「頭がいいんだね」と話しかけてきたり、「うちみたいなところじゃなくても入り放題でしょう」と褒めてきたりするようになってから、初めて自分の学歴についてきちんと考えるようになりました。

一次面接に限らず、説明会や二次面接、時には最終面接でも大学について触れられることがありました。それらは全て好意的な内容で、自分でいうのも変な話ですが、面接官の方は大学というフィルターを通して僕のことを見ているような気がしました。同じ大学に通う他の友人たちに聞いてみても、同じことを感じたと話していました。

大学ブランドと就活の関係性を痛感

大学ブランドと就活の関係性を痛感

こういった経験を実際に自分がすると、さすがに大学名と就職活動が無関係だとはいえなくなってしまいました。当然大学に入ったのは僕の実力ですし、大学名や、その知名度というのも僕の武器の一つだと考えているので、それが悪いとか、大学に頼り切って就活をしているとかは考えていません。

けれど嬉しい反面、大学名を主な武器として就活をしている自分や、大学名を重視して学生を選んでいる企業があるということに、少し辟易としてしまいました。

学歴が全てではない

学歴が全てではない

偏差値や大学名というものに救われた立場の僕がいうのも説得力に欠ける話なのですが、人間の価値や能力というのは学歴だけで決まるものではないと考えています。確かにそれは何かを評価する上で一つの大きな基準とはなるかもしれません。ですが、そのことと、大学名を理由にして学生の能力を低く見積もったり、下駄を履かせたりするというのは違うと思います。

僕自身も、もっと大学のことだけではなく、僕のことについて関心を示してほしいと正直思いましたし、僕が持っている個性や能力といった部分について、もっと具体的に掘り下げて欲しかったとも感じました。これは就活をこれから行うことになる学生に対しても伝えたいことでもあり、企業に所属して学生の面接をするという立場にある人事の方に伝えたいことでもあります。

終わりに

学歴を武器にして就活を行うというのは、学歴の低い人からしたら羨ましいと思うことなのかもしれませんが、彼らの中にはT・Oさんのように、そのことに悩んでいる人もいるのかもしれません。何れにせよ、就活の結果を学歴だけの手柄や失敗にするのではなく、総合的な準備を怠らないようにしたいですね。そうすることで、悔いを残さない就活にできるはずです。

就活は十人十色!
あなたに合った就活方法をわたしたちがサポートします。

就活のプロがあなたの内定を
完全無料で徹底サポート!

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

RANKING人気記事ランキング

  • 【満足度90%以上!!】【即日内定もアリ!!】日本で唯一の『内定にコミット』する就活サービス ジョブコミット
  • 営業就活ドットコム
  • HR Community

広告掲載をご検討の企業さまへ