暑い時の就活方法と就活状況

KEYWORD 記事関連キーワード

記事をお気に入り登録する

記事のお気に入りに登録

「記事のお気に入りに登録」のご利用にはログインが必要です。

会員登録がお済みでない方

無料会員登録

アカウントをお持ちの方

ログイン

就活において夏の暑さは放っては置けない問題です。

日本では、スーツを着用しての就活が基本であり、どんなに暑い日でも服装が変わることはありません。

そのため、猛暑日では汗だくになって必死に頑張っている就活生をよく見かけます。

この記事では、暑い夏においてスーツはどのようにきこなすべきか、また、暑さは就活にどの程度影響するのかを紹介します。

クールビズとは

men_683655_1920

多くの企業がクールビズの期間を設けています。

この期間では、ノーネクタイ・ノージャケットが許されるため、体にかかる負担を減らすことができます。

さらに、半袖のワイシャツやブラウスの着用も許可されています。

しかし、このクールビズを導入していない企業もあるため確認は必要です。

また、制度を導入しているものの、わざわざアナウンスしないという企業もあるため人事の方にしっかりと聞いておくと良いでしょう。

また、クールビズが許可されている企業であっても面接会場では、冷房が聞いているため涼しくなっていることが多いです。

そのため、上に羽織るジャケットも持参することをお勧めします。面接中は、可能であれば羽織っている状態が良いでしょう。

禁止事項としては、長袖のワイシャツの腕まくりが挙げられます。

こちらは、クールビズの期間中でも厳禁とされているため注意が必要です。

猛暑日が就活与える影響

当社の就活生20万人の調査によると、就活イベントに参加する割合はわずか43%であったことから、半分以上の就活生は暑い日には行動を控えるということがわかっています。

気温が上がるほど気持ちや体の気だるさを誘発し行動力を失わせるため、データの通り暑さは大いに就活の選考に影響してきます。

しかし、悪影響があるとしてももイベントや面接の日時が変更になることは滅多にないため、クールビズの活用や、できるだけ水分補給を行うなどの対策が必要です。

異常気象への対応

landscape_790644_1920

夏でも異常な暑さを誇る日があります。そんな時、スーツでどのように過ごすのが良いのでしょうか。

クールビズが許可されている場合はリクルートスーツでなくても良いです。しかし、企業側から案内がない場合はクールビズに沿った格好では伺いにくいですよね。そんな場合は、サマージャケットを活用する

ことをお勧めします。黒いサマージャケットであれば遠目から見るとリクルートスーツと相違無いため、面接中に浮いてしまうということもないでしょう。

また、冷却効果のあるハイテク素材を使ったインナーは、体感温度を下げる役割があるため重要になってきます。

そして、上着やネクタイは会社前で身につける、冷却スプレーを持ち歩くなど暑さ対策は必須です。特に、ネクタイは体温を数度上昇させる効果があるので注意が必要です。

まとめ

就活において暑さは天敵です。

特にリクルートスーツを着た状態で就活をするので、管理は必須でしょう。

しかし、暑さによって選考が延期になるということはないため、クールビズを大いに活用し対策を行うことが重要です。

暑さに負けない就活を行い、悔いのないように頑張ってください。

内定が欲しい人以外は見ないでください
  • 就職活動の攻略本「就活ハウツー本」
  • 先輩の体験談も盛りだくさん「就活ストーリー」
  • 内定率は驚異の92%!「就活アドバイザー」
  • 5分で作れる「かんたん履歴書メーカー」
  • あッという間に内定GET「就活市場エントリー」
  • イベント参加で有利に就活「就活市場イベント」
  • あとで読み返したい記事は「お気に入り登録!」

今すぐ確認する!

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

広告掲載をご検討の企業さまへ