「内定が無い・・・」同じ経験をした先輩就活生がコメント付きのアドバイス【年間総集編】

KEYWORD 記事関連キーワード

記事をお気に入り登録する

記事のお気に入りに登録

「記事のお気に入りに登録」のご利用にはログインが必要です。

会員登録がお済みでない方

無料会員登録

アカウントをお持ちの方

ログイン

先輩就活生はどのような行動をとったのか?

1月(就活をしている人は少数派)

athlete_1840437_1920

  • 正月は思いっきり休む。
  • まだ就活の実感がわかないが先行して就活をしている人をみて、リクナビやマイナビに登録を始める。
  • ネットで検索をして、みんなはどうしているかを意見を取り入れる。
  • アルバイトをしたり、友達と遊ぶ。
  • 早期段階で、企業の人の話を聞いて見る。

就活に苦労した先輩のアドバイス

IT企業のネットワークエンジニア職に就職したY.Tさん

「正直、まだ焦っていない人が多いが優良企業はすでに動いているので、いいところに就職したければ今のうちに動いた方が良いと思います。」

飲食店の企業に就職したS.Nさん

「情報収集だけで、終わらせるとあとあと自分自身がきつくなる。結局、アルバイト先の飲食店に就職することにしました。」

コンサル企業のコンサルタント職に就職したK.Nさん

「自分は留学していたから後期の秋冬でも採用していただけましたが、後期で内定をもらっていない人は「みんな内定を持っているのに、恥ずかしい」って言ってました。」

証券会社のコンサルに就職したR.Eさん

「インターンで就活の状況を情報収集するために後期も動いてましたが、内定をもらっていない人ほど言っていることに一貫性がなかったです。漠然と「ブラック企業はいやだ」と言ってましたが、まずは自分自身が求めることをはっきりとさせるべきなのでは?と思いました。」

▶優良企業に出会う

2月(1dayインターン等が解禁)

spot_862274_1920

  • 大手就活ナビ媒体に掲載されている企業の情報や、給与面や休日などの待遇を確認する。
  • 親、友人や知人から情報収集をする。
  • 企業1dayインターンにも言っている人もいて「早すぎだろ・・」と思うが、少し焦る。
  • 意外と就活イベント等に参加している人が多くて「自分も一回は参加しないと・・」と思う。
  • 就活イベントに参加できるサイトを探して見る。

就活に苦労した先輩の声

エンタメ業界の企画職に就職したH.Kさん

「周りに流されない方が良い、と思ってましたが優良企業ほど「この時期でなるべく内定を出したい」と思ってるところも多いので上手い人はそれに合わせてました。」

不動産業界の営業に就職したA.Tさん

「後期でも、募集しているところがあるので就職できましたが、インターンやイベントにいっぱい参加している人は充実しているように見えました。」

インターネット広告業界の技術職に就職したY.Fさん

「まだ、寒いからと思って家でゴロゴロしていたことが本当に後悔です。最終的に内定をいただきましたがかなり滑り込みでヒヤヒヤしました。」

▶自分で何をしたら良いのかわからないからOB・OGに教えてもらう!

3月(企業の広報スタート)

baseball_1497163_1920

  • 正式に企業の広報が始まるため、一気に大手ナビ媒体で色々な企業のインターンに参加してみようとする。
  • 一気にインターンに参加しようとするためかなりの数の応募をする。しかしバイトのシフトと被ってしまうため、どちらかに折り合いをつける。
  • 就活イベントに参加してみて、色々な企業を見てみる。
  • 就活イベントで同じ就活生と情報を共有する。
  • 自分で収集した情報をもとに、さらにネットで検索をして見る。
  • 内々定をすでにもらっている人がいて複雑な気持ちになる。

就活に苦労した先輩の声

不動産業界の営業職に就職したA.Eさん

「8〜9割ぐらいの学生が一気に就活生として活動するタイミング、友達もみんなしているので自分もこの時期からスタートしました。」

化粧品業界の接客職に就職したT.Kさん

「同じ姿の人が多いといやになるので、あえてこの時期はバイトをすごいいれてました。この時期だと自分の軸をはっきりさせた方が良いです。」

専門商社の営業職に就職したI.Sさん

「就活エージェントさんとすごい話をしました。自分がワガママだったのでそれで苦労をかけてしまいましたが、その分自分が納得できる就職ができました。」

▶自分の本音を引き出してくれるコンサルタントに話をしてみる!

4月(企業選考が本格的にはじまる)

session_2548826_1920

  • エントリーしている人がかなり多いため、色々な企業の説明会や選考を受ける。
  • 選考に進んでいる企業のことを「持ち駒」と言い出し始める。
  • 同じ立場の就活生の話を聞くと2つ以上の内定をもらっている人がいて、かなり焦る。
  • 企業側も始めたばかりだと自分に言い聞かせるが、周りもやっているから就活イベントのみならず、色々な就活エージェントを使ってみようと思う。
  • 選考の進む段階が企業によっていくつかあるが、準備していない質問がくるとかなり焦る。

就活に苦労した先輩の声

商社の営業職に就職したM.Oさん

「ニュースでは始まったばかりと言ってたので安心してた、もっと危機感を持てばよかったと後悔しています。」

金融業界の営業職に就職したK.Nさん

「自分自身に変な期待をかけると、後々自分が後悔します。自分自身を冷静に客観的に見ると、意外とショボいのですがそこに気が付いたのでよかったです。」

IT業界のエンジニア職に就職したS.Sさん

「就活エージェントに相談をしてみて、そもそも自分自身の目的や将来が不明瞭だったことに気がつきました。」

▶自分の将来をもっと明確にしたい!

5月(2〜3次選考より先に進んでいる学生が8〜9割になる)

team_386673_1920

  • 複数の選考に進んでいる人が多くなる。実際に選考対策をするようになる。
  • 内定を持っている人は余裕を持った面接ができるが、内定を持っていない学生はかなり焦り始める。
  • 就活をしていない学生は大きく2つに分かれる。既に内々定を持っておりインターンを開始している学生か、アルバイトもしくは自分の時間の優先順位をあげている学生。
  • 様々な人に出会い、就活イベントにも参加を積極的にする。街中にリクルートスーツをいっぱい見ることになる時期。
  • どれくらい選考に進んでいるのか、どれくらい内定を持っているのかの話で持ちきりになる。

就活に苦労した先輩の声

人材会社の営業職に就職したM.Kさん

「自分自身もそうですがこの時期に、色々な就活生と出会えたので学びになりました。出会える数も多いのでイベントや合説に思いっきり参加した方が良いです。」

販売会社の接客職に就職したN.Tさん

「変に斜に構えて、就活をサボっていた自分が今となってはダサいです。もっと周りに色々聞いていればよかったです。」

広告業界の営業事務職に就職したN.Mさん

「企業に求める条件がかなり明確でなかったので就活浪人して、今期決まりました。引越し先の部屋探しと同じで譲れない条件が多いほど自分自身が苦しみます。」

▶自分にぴったりの企業で働きたい!

6月(大手企業が内定を出し始める)

cheers_839865_1920

  • 大手の最終選考まで進んでた人は内定かお祈りメールをもらう。
  • 他の大手企業の採用枠が余っていないかを確認する。
  • 内定を持っている人が一気に多くなる。持っていないと不安と焦りが出てくる。
  • 就活を終了する学生が徐々に増えてくる。内定を持っている場合は就活を一時休む場合がある。
  • 夏前には終了させたいため、中小企業にエントリーをし始める。
  • 院生として進学するはずだが、試験に落ちて就活を急いで始めないといけないと焦る。

就活に苦労した先輩の声

就職浪人して大手企業の技術職に就職したR.Kさん

「解禁から3ヶ月間サボったせいで浪人した。自分と周りを納得させられるだけの理由があったから、大手企業と言われるところに就職できました。」

大手子会社の企画職に就職したA.Eさん

「大手企業に最終で落ちた時、自分が否定された感がありましたが大手人事の方に「君ならココに受けて見るといいよ」と言われ、子会社を見るようにしました。」

不動産の事務職に就職したY.Aさん

「内定をもらっている人と自分は何が違うんだろうと思いました。突き詰めると大手企業じゃなくてもできる企業があると知ったので切り替えました。」

▶内定をもらっている人と、内定をもらっていない人の違いを知りたい!

7月(内定を持っている人・内定をもらってない人の二極化がはじまる)

yes_973983_1920

  • 内定そのものを持っているが納得していないため就活するのか、そもそも内定をもらっていないので内定を取るための就活をするのかで分かれる。
  • 3〜4次より先の選考に進めない就活生が出てくる。
  • 自分が思う条件にこだわらず、色々な企業のエントリーを行う。
  • 7月中盤あたりでかなり暑くなるので、リクルートスーツ出なくても良いイベントを探す。
  • 二極化が始まり、自分がどっちなのかで行動がかなり変わってくる。

就活に苦労した先輩の声

納得をしたくて就活をしていたY.Tさん

「内定をもらいましたが、なんだか納得できない状態だったので就活をしました。変に周りに合わせなくてよかったです。」

3〜4次選考でつまづいていたH.Yさん

「なんで3次選考で落とされるのか、よくわかりませんでした。面接対策ができるところを使ってやっと理由がわかり、内定をいただきました。」

最終選考で落ちてしまうI.Mさん

「就活開始時期は、持ち駒も多くぽんぽん進んでいたのですが、どうしても最終選考で落ちてしまってました。原因は「就職先がこの会社じゃないといけない理由」が不足していたためです。」

▶最終選考・3次選考・4次選考で落ちてしまう・・もういい加減内定が欲しい!」という就活生!

8月(内定を持っている人が多数派になる)

sailors_903044_1920

  • 内定を持っている人は最後の夏休みを楽しむ。
  • 納得していないため、色々な企業の人の話をきくか入社先へのインターンを始める。
  • 内定を持っていない人は、夏までに就活を終わらすためにお盆でも面接対策をする。
  • 秋冬になると卒業論文のことも考えないといけないので、内定をもらうことが重要になる。
  • ネットでも就活関連のイベントを色々検索してみる。

就活に苦労した先輩の声

お盆も面接対策をしていたY.Oさん

「周りがお盆で地元に戻っているか、休みを過ごしているのに自分だけ面接対策をするのがすごい惨めでしたが、卒論だったりがあるので秋冬に延ばすよりも良いです。」

8月中に内定をもらったS.Kさん

「スーツをきて移動しなければいけないのでかなり暑かった思い出がありますが、8月の最終週で内定をいただきまして、かなり嬉しかったです。」

8月で内定をもらえなかったT.Tさん

「7月から就活を始めました。自分ならいけると思って就活しましたが自分が求めている企業がなかったため、8月中に終わらせることができませんでした。」

▶選考をできる限りパスして【面接対策】をするだけで、内定をもらいた就活生はコチラ!

9月(秋冬就活がはじまる。就活を終了する学生が増える)

sport_1005884_1920

  • 留学していた学生が日本に戻ると、みんな就職先が決まっていてびっくりする。
  • 6月で院試落ちしても急いだ場合、9月で受かる場合もある。
  • 周りより遅めに就活を開始したとしても、8〜9月でほとんどが就活を終えるため、あとは学校のことを考える。
  • 留学していた学生はリクルートスーツなどを揃えたり、情報を収集し始める
  • 内定をもらっていない就活生は同級生にも内定をもらっていない人がなかなかいないので、かなり焦るか不安になる。

就活に苦労した先輩の声

留学をして海外で2年間過ごしていたJ.Fさん

「海外だと[就活を一斉に行う]というものではなく、海外だと自分の能力や技術を企業へ売り込む方法なので違いに驚きました。あらかじめ知っておけばよかったです。」

院試で落ちて、急遽就活を始めたA.Tさん

「院試落ちた時は、まさかと思い落ち込みました。とりあえず色々な就活イベントや面談面接に参加して内定をいただきましたが、かなり緊張しました。」

9月の段階で内定が無いM.Mさん

「駅や街中で、リクルートスーツをきているのは僕ぐらいでした。かなり恥ずかしいし、こんなに内定取れなくて正直イヤでしたが、就活エージェントの方に救われました。」

▶早く自分の時間を過ごしたい!内定をもらえる面接!

10月(内定式が始まる。19卒の学生もチラホラ出てくる)

beauty_1822517_1920

  • 次年度の就活は正式にはまだ開始しないが、優秀層は自分で考えて就活をはじめる。
  • 超早期で動く企業はこの時期には学生を囲う動きをとるため、就活生の先輩後輩が出てくる。
  • 夏から秋にかけて動いている学生は10月末で激減する。
  • 公務員を目指している学生はこの時期に内定かお祈りメールかが分かれる。
  • 自分自身の何が悪いのかわからないため、就活リクルーターを積極的に利用する。

就活に苦労した先輩の声

10月で内定をもらえたK.Oさん

「10月後半になると後輩の代である就活生が増えて、話しかけられても本当に恥ずかしいです。イベントや説明会に行きづらいので就活塾のようなものを使ってました。」

公務員にお祈りメールをされたS.Fさん

「本気で公務員を目指していたので、かなり落ち込みました。どうしても公務員を目指したいので就活浪人することに決めました。」

客観的な意見を求めるため就活リクルーターを利用したS.Nさん

「客観的な厳しい意見をいただきました。当時は「なぜ、こんなことを言われなければいけないの?」と思いましたが今となっては、感謝してます。」

▶自分にはわからない客観的な改善点を内定とともにもらう!

11月(卒研や卒論が始まる)

books_690219_1920

  • 卒業研究で忙しい状態で内定を持っていない状態だと、内定はもらうが留年する場合もある。
  • 11月から就活生がガクッと減る。教師へ志望している学生の合否がわかり始めるタイミング。
  • すでに内定を持っている学生は入社先の会社をどこにするのか決める時期。
  • 12月末までには内定をとって年始年末を迎えたいと思う。
  • 秋あたりから始めた学生が決まる時期になるため、企業側も12月までには区切りをつけるため選考にも力が入る。

就活に苦労した先輩の声

卒研をしながら就活をしたO.Nさん

「卒研は本当に大変でした。就活も後期からスタートだったのでうまくいかず・・友人の力も借りました。友人に勧められて就活の面接対策で内定がもらえるイベントによく参加してました。」

内定を複数持っていたがずっと就活をしていたA.Sさん

「長く働くことを考えると、深く納得して入社したいと思い、引き続き就活をしました。色々なサービスがあるのでそれを利用して入社しました。」

教師を目指していたが、民間企業に就職することにしたK.Yさん

「教師になりたいと思い、ずっと活動してましたが試験で落ちました。急遽、民間企業の就活をしましたが説明会はほぼなかったです。紹介会社を使い即内定をいただきました。」

▶友人に勧められたイベントや面接に参加してみる!

12月(就活はほぼ終わりで、年始年末ムード)

winter_2080070_1920

  • 年始年末までにはなんとか終わらせたいと思い、様々な就活サービスを利用する。
  • 企業側も12月で採用を締めるため、1月以降は採用をする企業がかなり少ない。
  • 1月以降はネパール、インド人で日本で就活をしている人の姿をよく目にする。
  • 海外留学していた。公務員を目指していた。教師になりたかった。大学院にいけなかった。急遽就活をしなければいけない学生が何名かいる程度。
  • 企業の採用も締めているため、この時期から就職浪人を考え始める。

就活に苦労した先輩の声

様々な就活サービスを利用していたI.Oさん

「あんまり多く使いすぎると、だんだん混乱してくるし管理が大変です。できるだけ1つに絞りたくて、多くの人の声が載っているサイトを参考にしました。」

公務員を目指していたが一般企業に就職することにしたK.Kさん

「来年に公務員を目指そうと考えましたが、親に迷惑をかけたくなかったことと、公務員になるために働きながら勉強しようと思いました。」

就職浪人を考えていたK.Hさん

「就職浪人を考えてましたが、自分の先輩が就職浪人をしてかなり苦労していたので、知り合いの就活エージェントに相談することにしました。」

▶就活浪人なんてイヤだ!周りに遅れたくない方はコチラ!

1月(企業側はほぼ締め切る時期)

castles_2239791_1920

  • 締め切っている企業が多い。この時期でも募集をしている会社は万年人手不足が理由で募集しているところが多々。
  • 内定を持っている持っていない関係なく、「就職するメリットよくわからないしアルバイトでもいいかな」と考える。
  • 正月最後の大学生活だから自分の時間を過ごそうと思うか、卒業旅行にいく場合もある。
  • インターンに参加したが、社風が自分に合わないと感じたため辞退をした。
  • 留年が決定して、就職ができない状態もある。その場合、内定取り消しになる。

就活に苦労した先輩の声

11月に就活を開始して、1月になって内定をもらったY.Rさん

「12月選考を進めて、最終選考が1月でした。正直、1月中に終わらせないといけないという危機感しかなかったです。」

留年が決定して内定取り消しになり、19卒として活動することになったR.Nさん

「単位がギリギリだったので取り返そうと思ったのですが、留年してしまいました。社風と雰囲気が良い企業だったのでショックですが、来年就活頑張ります。」

インターンに参加して社風が合わないと感じ辞退をしたE.Aさん

「インターンをして実際に業務に取り組んだのですが、周りの雰囲気と社風がイメージと違いました。知り合いから紹介をもらっているのでそっちで働こうと思います。」

▶こういう時期だからこそ、出会える企業がある!詳細はコチラ!

就活市場でしか手に入らない
マル秘お役立ちブック!
  • 就活市場が教える様々な業界の"リアル"
  • 例文付きの正しいエントリーシートの書き方

などなど、ここでしか手に入らない就活市場限定のオリジナルブックを今すぐダウンロードしよう!

今すぐ無料ダウンロード

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

CATEGORY RANKING 「就活準備」人気記事ランキング

POST RANKING 人気記事ランキング

広告掲載をご検討の企業さまへ