内定をもらった後、入社するまでの不安を和らげる方法

内定を貰い就職活動を終えた人たちが内定先に対して不安を持つことがあります。これは、将来に対して不安を持っている状態であり、第一志望の企業に受からなかった人が納得できていないことや環境が変わることに対しての不安を抱えています。

このように、将来に対して一時的に悲観的になり、働きたくないという漠然とした感情が多くの人を悩ませています。今回は、この内定後の不安になりうる要因をいくつか挙げ、その解消法についてご紹介していきます。

内定から入社までの間で不安になる主な要因

多忙な就活が終わり、社会に出てからの忙しさを具体的に考える時間ができると不安になる人が多いです。主な原因としては以下のようなことが挙げられます。

納得のいく会社に巡り会えたか

納得いく企業を諦めてしまったか、第一志望の企業から内定をもらえなかった人によくあらわれ、本当にこれでよかったのかと不安に陥ってしまいます。

周囲の反応

親や友人から内定先の企業を否定されると、せっかくの意思決定がブレてしまいます。本人の性格にもよりますが、周りに流されやすい人ほどこの状態になりやすいです。また、友人が大手企業などに内定をもらっていいた場合、自分の内定先と比較してしまい不安になることもあります。

新しい環境に対しての恐怖

大学生から社会人になるときに不安を感じてしまう場合があります。これは、新しい人間関係規則に耐えることができるのか等を考えているときであり、誰しもが多少は感じているものです。また、内定先の悪い情報を目にしてしまった際に覚悟が揺らいでしまう場合もあります。

社会人として働けるスキルがあるかどうか

その会社の社員としてうまく働くことができるのかという不安を持つ人が多いです。自分に足りないスキルを自覚している場合は、それを身につけることによって不安を和らげることができます。

他にやってみたいことがある

内定後に自分のやりたいことが見つかった場合、本当にこのまま就職して良いのか不安になります。また、やりたいことが見つかっていない場合でも、本当にこの仕事がやりたかったのかという疑問を持つ人もいます。このように、やりたいことが後から見つかる場合や漠然と就活したために自分のやりたいことがわからない時に悩むことになります。

他の企業も受けてみたい

諦めていた企業に挑戦したいと思った場合、今の内定をどうするか悩むことになります。ただし、改めて受け直す企業の仕事が本当に自分に合っているかはわからないため、冷静になって考え直すことも大切です。

不安を解消する方法

内定後の不安を解消するための方法として、モチベーションを向上させるために内定企業の同期と話すことが挙げられます。

基本的に、社会に出たときに環境に適応できるかが大きな不安要素の1つであるためこの対処法はかなり有効的です。また、自分にスキルが足りていないのではないかと心配になる人がいますが、選考の際に自分の評価されたポイントを確認し、自信に繋げることで不安を解消することもできます。

本当にこの企業で良いのか心配になった人は、内定先の社員人事に相談することで不安を払拭できる場合もあるため、一人で悩まずに相談することが重要となります。

不安になることは悪いことなのか?

仕事に対しての消極的な姿勢から不安になる人もいますが、向上心や成長意欲から現状を疑問視する人もいます。

前者では、内定先の理解を深めることによって解消することもありますが、後者はポジティブな思考からきている不安のため、実際に行動して見るのも良いでしょう。このように、将来に対して不安になることは、しっかりと考えている証拠であり次に繋がっていく大切なステップです。

まとめ

内定後に将来の不安を抱える人は大勢います。そのため、さまざまな人と悩みを共有することによって不安を解消することもできます。また、再度就活を行う方が良いと考えている場合には、メリットとデメリットを考慮し慎重に行ってください。

内定先の企業からは、ここで働くことに適している人材であると評価されているはずであるため、自信を持つことも大切です。納得のいく就活で終えるためにもしっかりと考えて行動しましょう。

内定は取れたけどこんな不安やあんな不安が…。
わたしたちに何でも聞いてください!​​

あなたのビジョンを実現させるための
就活のサポートを実施​

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

広告掲載をご検討の企業さまへ