経験を伝えて就活を有利にしよう。野球部の就職活動

KEYWORD 記事関連キーワード

記事をお気に入り登録する

記事のお気に入りに登録

「記事のお気に入りに登録」のご利用にはログインが必要です。

会員登録がお済みでない方

無料会員登録

アカウントをお持ちの方

ログイン

スポーツなどの経験が就活に役立ったり、アピールポイントとして活きてきたりするということは往々にあります。しかしスポーツと仕事、就活が直接的には関係しないということから、上手にスポーツ経験を就活に活かせていないという人も多いと思います。

スポーツといっても様々なものがありますが、今回はその中でも競技人口が多い野球にスポットを当てていきます。野球部での経験を就活で活かすには、どういった切り口が良いのかというのを考えてみたので、大学などで野球に力を入れていたという人は、是非参考にしてみてください。

体力をアピールする

先ず、最もポピュラーな部分から紹介していくと、体力面をアピールするという方法です。野球部を始めとした運動部は、厳しい筋トレや練習を積んできていますから、その部分を強調していくのは非常に有効です。

他のスポーツと比較しても、サッカーや野球といったものは「練習が厳しそう」「炎天下でも寒い中でも関係なく練習している」といったイメージを抱かれやすいので、体力面に関連した話に説得力を持たせやすくなっています。

体力があることを裏付ける具体的なエピソードとしても、野球の練習や大会での出来事などをピックアップすることができるので、よりリアルな情報を伝えることができるでしょう。極端な話、どんな企業でも体力のない人よりも体力がある人を求めているので、ベタですがこの部分は積極的に伝えていきましょう。

article039_1

協調性をアピールする

体力の他に、協調性をアピールするというのも有効です。集団スポーツである野球はチームプレーが重要です。味方と連携して守備をしたり、別の味方のために自分が犠牲になったりと、駆け引きや戦略の面でも全員の協調性が肝となってくるので、協調性がない人にはできないスポーツだともいえます。

当然協調性は社会人になっても求められるものですし、組織というチームの中での連携が求められる企業という場では、協調性のある人やリーダーシップのある人は重宝されます。部でキャプテンなどを勤めていた人は、協調性に加えてこの部分も上手にアピールしていくと良いでしょう。

忍耐力をアピールする

ここまでに紹介した体力や協調性という要素は、忍耐の賜物でもあります。我慢強さや忍耐力を面接の場でアピールする学生は多いですが、その中でもその資質に確固たる根拠を持たせられる人というのは限られています。

しかし野球部であれば、練習や気候、環境といったあらゆる困難に対して忍耐力を発揮してきたというわかりやすい根拠を用意することができます。社会人として企業で働いてからも、忍耐力は随所で求められることになります。

すぐに物事を諦めて投げ出す人は、離職するリスクも高いですし、責任感にも疑問符を抱かれがちです。会社はそういった人材の採用を避けますし、反対に忍耐力のある学生を積極的に採用したいと考えているので、上手に伝えてみてください。

職種によってアピール内容を変える

次に、アピールする内容の優先順位ですが、これは職種によって変えると良いでしょう。営業職を志望するのであれば、体力や忍耐力といったことをメインに伝え、付随してコミュニケーション能力などを前面に出すと好印象を与えられます。

野球に関連する、スポーツ用品店などの業界で勤務する場合には野球愛や、野球の専門知識について掘り下げた方が相手も良い反応を示す可能性が高くなります。

これらは一例ですが、就活の際には自分が志望する業界から、自分のアピールポイントの中で伝えるべき内容を、上手に選定していきましょう。

終わりに

今回は野球部が就活でアピールすることができる様々な要素についてご紹介してきました。どれも浅からぬ関連性がある要素ばかりなので、就活の際には複数の要素を上手にアピールして、有利に選考を進めていってください。

【20卒】体育会系のみが集まるイベント開催

体育会系は就活に有利と言われるが、実際には部活で就活する時間がないという方が大半です。

なので、就活市場では体育会系学生を救済するために、体育会系を求める企業のみが集まるイベントの開催を決定しました!

あなたを求めている企業しか集まらないのでそのイベント中に内定を獲得することができるかも!

▶今すぐ参加する

就活市場でしか手に入らない
マル秘お役立ちブック!
  • 就活市場が教える様々な業界の"リアル"
  • 例文付きの正しいエントリーシートの書き方

などなど、ここでしか手に入らない就活市場限定のオリジナルブックを今すぐダウンロードしよう!

今すぐ無料ダウンロード

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

CATEGORY RANKING 「面接」人気記事ランキング

POST RANKING 人気記事ランキング

広告掲載をご検討の企業さまへ