就活のヘアスタイルはどうしたらいい?男女別ポイントまとめ

KEYWORD 記事関連キーワード

記事をお気に入り登録する

記事のお気に入りに登録

「記事のお気に入りに登録」のご利用にはログインが必要です。

会員登録がお済みでない方

無料会員登録

アカウントをお持ちの方

ログイン

就職活動の面接で、どのような髪型にすれば良いのかというのは男女共通の悩みだと思います。それまで面接といえば、アルバイト面接くらいしか経験がない学生にとって、就活というのは初めての連続です。しかし髪型が相手に与える印象というのはとても大きなものなので、正しい知識を身に付けておくことはとても重要です。今回は男女別に分けて、就活時のふさわしい髪型と、NGな髪型についてまとめてみました。

男性はとにかく清潔さを意識する

先ずは男性の髪型ですが、最も重視するべき点は清潔感です。長い髪や散らかっている髪の毛は清潔感に欠けますし、就活でも悪印象を与えてしまいます。耳が隠れていたり襟足が長かったりするのもNGです。就活の際には額や耳を出し、フレッシュな印象を与える髪型を意識しましょう。

具体的にどういった髪型にすればいいのかわからないという方は、美容院や理容室などで「就活生なので、清潔感のある髪型にしてください」と頼めば向こうもある程度調整してくれます。

髪型や髪色も個性だと主張する声もありますが、就職活動では、髪の毛ではなく人としての個性を見せるようにしましょう。また、周りと同じことができているかを確かめる場でもあるので、変に悪目立ちしないように心がけてください。

女性は笑顔が映える髪型に

次に女性の髪型ですが、明るい印象を与える髪型を意識してください。どんなに素敵な笑顔を作ることができても、髪の毛で表情が隠れてしまったら意味がありません。長い髪の場合はゴムなどで結び、溌剌とした印象を作っていきましょう。

前髪は男性同様、長過ぎるのはNGです。額を出す必要はありませんが、眉毛よりは上になるようにしてください。また、センターや7:3で分け目を作るのも有効です。額の一部を出すことで、より清潔で明るい印象を与えられます。その場合には髪型だけではなく、眉毛も整えておくようにしましょう。

これでなければいけないという髪型はありませんが、長い髪でも短い髪でも、耳は出すようにしましょう。耳が隠れていると影がかかって暗いイメージを演出してしまいますし、動く度に耳の横の髪の毛をいじるなどすると、落ち着きがない印象を与えてしまいます。

男女別NGポイント

次に、男女別の髪型NGポイントをご紹介します。

男性

  • 寝癖が付いている
  • 明るい色に染めている
  • ツーブロック
  • 襟足が伸びている
  • 耳が隠れている
  • ワックスなどで過度に立てすぎている(ワックスの使用自体は問題ありません)
  • パーマがかかっている

女性

  • 長い髪を結ばない
  • 耳が隠れている
  • 額が隠れている
  • 髪色が派手

髪を染めている人は、早い段階で戻す

男女に共通していえることですが、髪の毛を染めている場合は、就活が本格的に始まる前に色を戻しておきましょう。就活が始まってから慌てて戻すと、不自然な染まり方になってしまい、色が浮いて見えてしまいます。

また、色落ちを起こしたり、髪が痛んだりすると不潔な印象を与えてしまいます。就活が本格化する前の年の、夏の終わり頃には髪色を調整しておくべきですが、インターンなどの参加を予定している場合は、大学3年生の初め頃には黒染めを行うようにしましょう。

まとめ

男性のヘアスタイルポイント4つ

  1. 清潔感を意識する
  2. 耳や襟足は短くして、就活生らしく
  3. ワックスなどで適度に髪を整える
  4. 毛染めなどをしていた場合は早めに暗くする

女性のヘアスタイルポイント4つ

  1. 髪が長い場合は結ぶ
  2. 耳は必ず出す
  3. 前髪は分けて額を見せる
  4. 髪型だけではなく、眉毛も整える

上記のポイントを意識しながら、就活にふさわしい髪型を目指してみてください。清潔感のある髪型と髪色で、堂々と面接に赴けば、第一印象では及第点をもらえるはずです。

就活市場でしか手に入らない
マル秘お役立ちブック!
  • 就活市場が教える様々な業界の"リアル"
  • 例文付きの正しいエントリーシートの書き方

などなど、ここでしか手に入らない就活市場限定のオリジナルブックを今すぐダウンロードしよう!

今すぐ無料ダウンロード

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

CATEGORY RANKING 「ビジネスマナー」人気記事ランキング

POST RANKING 人気記事ランキング

広告掲載をご検討の企業さまへ