業界別志望動機と例文。アパレル編

サービス業の中でも根強い人気を誇るアパレル業界。

人気店ともなれば、成果報酬で相当な額を稼ぎ出すことも可能です。

  • オシャレが好き
  • そのブランドが好き
  • 接客が好き

アパレル業界を志す理由は様々だと思いますが、志望動機が採用の決め手として大きなウェイトを占めているのは確かです。

憧れのアパレル業界で内定を掴むためにも、しっかりとした志望動機を考えておくようにしましょう。

今回はアパレル業界に志望する学生が、志望動機を考える際のポイントや、実際の例文などをご紹介していきます。

アパレル業界で志望動機で書くべき3つのポイント

アパレル業界で志望動機を書く事について、絶対に書いておきたい項目が3つあります。

  • なぜそのブランドで働きたいのか?
  • ブランドの魅力を感じた点
  • あなたが入社してやってみたいこと、貢献できること

こちらの3つを書くことで、企業の採用担当者はあなたが企業に対してどのような印象を持っているのか、企業にどのくらいの熱意が持っているのか伝わってきます。

あなたの第一印象を決めるのに大事な内容です。

そして志望動機から気になった項目を面接でより詳しく聞いてくることになります。

志望動機をしっかり書くことで、面接時も円滑に進めることができます。

ですので、志望動機を書く際には上記の項目についてしっかり書きましょう。

なぜそのブランドで働きたいのか

アパレル業界の面接で必ずと言ってもいいほど質問されるのが、「どうしてたくさんあるブランドの中から、自分の会社に応募したのか」になります。

ですので、志望動機の欄には「なぜ応募したブランドを選んだのか」を必ず書きましょう。

面接の方に、自分のブランドに対する熱意が伝えることができれば採用担当者にも好印象を持ってもらえるはずです。

ブランドを魅力的に感じた点

ブランド業界で働く動機を証明するための内容ですので、ブランドに感じた魅力を書くということもとても重要になってきます。

アパレルショップや展開されているアイテムに限らず、運営されている企業の取り組みや傾向に対してもどのような魅力が感じたのか書くと良いでしょう。

採用担当者からは、「自分の企業についても、知っているほどブランドへの興味が強い。

」というような印象をもってもらえる可能性があります。

あなたが入社してやってみたいこと、貢献できること

志望動機を書こうと思うと、「どうしてこのブランドで働きたいのか」を伝えようとするのに必死になりますが、実は「どんなふうに働きたいのか」という未来の話をすることも大事になってきます。

アパレル業界に採用されるためには、採用担当者の方々に「自分と一緒に働いてみたい」と思ってもらう必要があります。

なので、実際どんなふうに働きたいのか、自分はどんなことが得意なのかを書くことにより、入社したあとの想像を膨らませてもらえるはずです。

また、熱意ややる気も伝わりますので、より良い印象を持ってもらえるでしょう。

【アパレル業界の志望動機を書くコツ】ブランドを徹底研究する

一口にアパレル業界といっても、ブランドは星の数ほど存在します。

「アパレル業界ならどこでもいい」という精神で就活をしていたら、どこにも入ることはできません。

事前に企業が欲しがる人材や、ブランドの方向性やターゲットといったことをしっかりと研究し、自分が企業の欲しがる人材か、そして、その企業は自分が入りたいと思える場所なのかを、しっかりと見定めることが重要となってきます。

企業研究や自己分析というのは就職活動をする際に早い段階で行うべきことですが、意外に多くの学生がこの点を疎かにしています。

  • どう役立つのかわからない
  • 面倒臭い
  • 自己分析なんてしなくとも内定は取れる

そんな風に考えていると、本格的に就活が始まってから後悔するかもしれません。

企業の面接官は人材を見るプロですから、学生がしっかりと企業研究をしているかどうかということだけではなく、自己理解を十分にしているかどうかということも直ぐに見抜いてしまいます。

早い段階で企業と自分に対する理解を深めて、有利に就活を進めていきましょう。

【アパレル業界の志望動機を書くコツ】キャリアプランを明確にする

アパレル業界で働くのであれば、キャリアプランを明確にしておく必要があります。

将来的には店舗の責任者として働いていたいのか、あるいは本社で勤務をしたいのかといったことを面接でも聞かれる場合があります。

その段階になってから考えるのではなく、事前に具体的なキャリアプランを練っておき、面接の場面ではそれを相手にプレゼンできるような状態にしておくのが理想的です。

その際にも、面接をしている企業のことをしっかりと研究していなければ、的外れなキャリアプランを口にしたり、自分の知識の浅さを露見してしまったりすることに繋がりかねません。

反対に、明確で具体的なキャリアプランを語ることができれば、相手に対して自分の志望度の本気度を示すこともできますし、好印象を与えることが可能となるでしょう。

【アパレル業界の志望動機を書くコツ】サービス業のアルバイト経験はしておくべき

アパレル業界では、少なくとも一定期間は店舗での業務を経験する可能性が高いので、アルバイトで接客業を経験していると、そのことが有利に働く可能性もあります。

志望動機などを考える際にも、アルバイト経験を絡めて考えると幅が広がりますし、相手に対して自分の接客スキルの資質を示すことができるかもしれません。

アルバイト経験はアパレル関係であれば好ましいですが、当然それ以外でも構わないので、面接などで話すタイミングがあれば積極的に自身の経験を披露していきましょう。

【アパレル業界の志望動機を書くコツ】アパレル業界の志望動機例文

御社のブランドは数あるアパレルブランドの中でもコンセプトが明確で、「尖っている」という点に惹かれたのが、私の志望動機です。

プライベートでも御社のブランドを積極的に利用することが多い身としても、20代の男女をターゲットにしつつ、流行りに乗るのではなく流行りを作るというスタイルに感銘を受けました。

経営規模や事業基盤というのも大切ですが、ファッションを商売とする以上、これからはそういうブランドが生き残るだろうという私は確信しております。

また、安定感や勢いという理由以外に、私自身が御社の商品を人に勧めたいと切望しているのが、最大の志望動機です。

デザインだけではなく価格に関しても妥協することなく、常に消費者目線で展開していける。

そういうブランドでありながら、センスやポリシーを守っていけることに、強く惹かれました。

終わりに:アパレル業界の志望動機を書くコツ

アパレル業界は人気である一方、有名ブランド以外は過酷な状況にあるシビアな業界でもあります。

志望する際には、経営状況なども加味しつつ、様々なブランドを総合的に調査しながら決めていきましょう。

また、人に物を販売する仕事なので、自分自身の商品に対する理解というのも最低限深めた上で、志望動機を考えると良いかもしれません。

その業界のこと、ちゃんと知ってますか?
1人でわからない事はプロと2人で​。​

就活市場エージェント限定!
特別選考ルート、選考パス多数​

60秒かんたん登録でライバルに差をつけよう!

今すぐ登録!

就活市場アカウントをお持ちの方はこちら »

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

広告掲載をご検討の企業さまへ