一貫性があることがポイント!採用担当者に好かれる転職理由とは

転職活動を行うとき、面接では必ず「転職の理由」を尋ねられます。また、履歴書へ転職理由を記載しなくてはいけません。なるべく正直に理由を書くべきではありますが、中には採用担当者への印象が悪い転職理由も存在します。しかし世の中には、担当者への印象が良い転職理由もあるのです。事実としては身も蓋もない理由でも、表現を工夫すれば好印象になることもあります。 そこで今回は、転職理由をアピールする際、注意すべきポイントについてご紹介します。

前職でのトラブルは伏せるのが吉

トラブルで以前の会社を辞めたことは、伏せておくのが無難です。実際は「人間関係で揉めてしまった」、「仕事でミスをして職場に居づらくなった」など、ネガティブな転職理由が出てくる方もいることでしょう。

しかし、採用担当者からすれば「入社後も同じことを繰り返すのではないか」と不安になってしまう転職理由です。

転職理由として採用担当者へアピールしたいのは、もっと前向きな理由です。「前の会社に入られなくなったから転職する」のではなく、「新しい環境を求めたからこそ転職する」とアピールする方が、仕事への意欲が高いと評価されます。

たとえ事実であったとしても、転職理由として後ろ向きなことを履歴書に書いたり、面接で話したりしないようにしてください。

労働条件を理由にするのはタブー?

労働条件を転職理由として挙げることはタブーではありませんが、慎重になるべきです。

給料や休日、福利厚生といった労働条件は、転職先を選ぶための重要な判断材料になります。面接でも労働条件についての交渉が行われることが多く、転職活動中の人が重視するポイントであるというのが、リアルな事情といえるでしょう。

しかし、労働条件だけを転職理由に挙げていると、採用担当者からの評価が落ちることもあります。

採用担当者からすれば、会社の理念や業務内容に共感を抱いた上で入社してほしいと考えるのが普通です。もしも給料や休日の日数だけを目当てにして入社するならば、会社が苦しい状態に陥ると辞めてしまう人間ではないかと不安に思われてしまいます。

転職する際には労働条件を重視することも大切ですが、同時にやりがいを感じられる業界への転職を検討するのも良いでしょう。

意識が高すぎる人はほどほどに

やりがいをアピールすべきだといっても、あまりに意識が高すぎても嘘なのではないかと疑われてしまう可能性もあります。

確かに採用担当者はやる気に溢れた人材を常に求めています。そのため、志望者の口から熱い思いが聞けるのは、喜ばしい瞬間だといえるでしょう。しかし、あまりにも熱が過ぎるようでは、採用担当者は引いてしまいます。

「私はこの会社をこのように変えてみせます」、「私には何でも任せてください」、このような言葉は良くいえば自信に満ちていますが、悪くいえば謙虚さに欠け、薄っぺらに聞こえます。

根拠や裏付けがなく、口から出てきてしまった言葉であれば尚更、採用担当者の不信感を煽る原因となってしまいます。採用担当者は有能な人材を求めているのは当然のことですが、同時に協調性のある人材を採用したいと思っています。過剰な自己主張は控え、志望先の社風に合わせるようにしましょう。

一貫性のある転職理由が好まれる

転職理由をアピールする際に最も気を付けたいのは、矛盾がないことです。

上辺だけの言葉では、どこかにボロが出てしまいます。履歴書の転職理由を読まれ、「文頭と文末で主張が違う」と思われるとマイナスです。また、履歴書では立派な転職理由を書いているのに、いざ面接を行ってみると履歴書と全く異なることを話している、という志望者もいます。

適当に転職理由を考えていては、面接の際に内容を忘れてしまうこともあるでしょう。そうならないための対策としては、心から働きたいと思える会社を探し、その上で真剣に働く理由を掘り下げて考えることです。そうした企業分析や自己分析を徹底して行い、一貫性のある転職理由を考えてみましょう。

終わりに

転職理由とは、「この人と一緒に働きたい」と思わせるための言葉です。お決まりの言葉を述べるだけでは採用担当者の心に残りにくく、選考もなかなか突破できません。転職理由を考えるときには、一文か二文でも良いので、個性を発揮するキャッチコピーを作ってみましょう。他の人には真似できないような、自分だけの特徴を盛り込むと採用担当者の反応も良くなります。

自己分析から面接対策、入社準備まで、
1人1人に合ったアドバイスを​。​​

就活市場エージェント限定!
特別選考ルート、選考パス多数​​

60秒かんたん登録でライバルに差をつけよう!

今すぐ登録!

就活市場アカウントをお持ちの方はこちら »

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

広告掲載をご検討の企業さまへ