自己紹介と自己PRの違いとは?就活の面接を勝ち抜くためのコツ

KEYWORD 記事関連キーワード

記事をお気に入り登録する

記事のお気に入りに登録

「記事のお気に入りに登録」のご利用にはログインが必要です。

会員登録がお済みでない方

無料会員登録

アカウントをお持ちの方

ログイン

自己紹介と自己PRは一見すると似ているようで、実は異なる役割を担っています。面接の場では自己紹介や自己PRを求める面接官の意図を理解し、適切に受け答えすることが合格のポイントです。自己紹介と自己PRそれぞれの役割や面接で伝えるべき内容、自信を付けるために取り組みたい事前準備についてご紹介します。十分な事前準備をして、面接官との自然なコミュニケーションを目指しましょう。

自己紹介と自己PRの違いについて

面接官が自己紹介を求めるとき、就活生がスムーズにコミュニケーションするためのきっかけを与えようとしていることが一般的です。その一方で、自己PRは面接の山場ともいえる、自分の魅力や適性についてアピールするための時間といえます。

就活の面接では「先ず簡単に自己紹介してください」など、最初に自己紹介を求められることがありますが、上記の違いを事前に把握しておくことが重要です。

また面接では基本的に、自己PRの時間がしっかり設けられています。そのため、自己紹介の場面で早まって、多くを語りすぎることは避けるようにしましょう。

自己紹介を求められているのに、その域を超えて長々と自己PRを続けてしまうと、求められた質問に適切な回答をできない人材として認識されてしまう恐れがあります。

自己紹介で押さえるべきポイント

1910_1_76 (2)

自己紹介で話すべき内容は先ず大学名と学部・学科名、自分の名前です。この基本情報を踏まえた上で、時間の余裕があれば大学で勉強してきたことや学外で意欲的に取り組んだ活動、企業に対して魅力を感じている部分などを一言程度で伝えてみましょう。

気を付けたいのは、これらの一言を面接中に質問してほしいことの伏線に留めることです。自己紹介の最後は「本日はよろしくお願いします」などと締めくくると良いでしょう。

もし履歴書にも自己紹介を記載している場合、履歴書と同じ内容を面接で話しても問題はありません。むしろ、履歴書と異なる内容を話してしまうことの方が面接官からの信頼を損なう可能性があります。

事実関係について履歴書と食い違いのないよう注意しながら、笑顔でハキハキと自己紹介をしましょう。

企業に役立つ強みを伝える

自己PRでは、自分の意欲や能力をしっかりアピールすることが大切です。ただし自分のアピールしたいことだけを一方的に話すのでは、面接官とのコミュニケーションが成り立ちません。

事前に企業研究を行い、企業の理念や方針、求める人物像などを十分に理解した上で自分かいかに適性があるか、企業に貢献できるか、意欲があるかなどを伝えていきましょう。

また根拠なく、私はこういう人物です、と自称しても説得力に欠けてしまうため、大学の勉強や学外での活動などの具体例をもとに、説得力ある自己PRを作成しておきましょう。自己PRの構成としては最初に結論を述べ、その根拠として具体例を述べていくと面接官が理解しやすいです。

納得いく面接のために事前準備を

1910_1_76 (3)

履歴書には自己紹介や自己PRを書いたものの、いざ面接の場では緊張して言葉が出ないかもしれないと不安を持つ就活生は多いのではないでしょうか。

自信をもって面接に臨むためには事前準備が欠かせません。事前準備の第一歩は、あらかじめ履歴書に書いた自己紹介や自己PRを読み返し、面接の場で食い違いがないよう気を付けることです。

そして面接の場を想定して、実際に自己紹介や自己PRを声に出してみましょう。ポイントは棒読みにならず自然な話し言葉になるよう意識すること、はっきりと聞き取りやすい声量・スピードを心がけることです。

不安があれば家族や友人に模擬面接をお願いしたり、自分の声を録音して聞き直したりしてみると良いでしょう。

終わりに

就活の面接では、序盤に自己紹介を求められることが一般的です。自己紹介と自己PRの違いを意識し、面接官の意図を汲んで受け答えをしていきましょう。もし面接が不安であれば、事前準備を入念に行うことで自信がついてきます。自信を持って明るく面接に臨みましょう。

内定が欲しい方へ
就活市場会員限定の特典
  1. 1.大手企業内定者推薦、就活の攻略資料プレゼント
  2. 2.内定率92%の、就活アドバイザーが徹底サポート
  3. 3.特別選考ルートのイベント情報を提供!その他多数

会員登録で内定に近づく
(無料)

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

広告掲載をご検討の企業さまへ