就活生なら押さえておきたい!面接の練習をする際のポイント

人生を左右するといっても過言ではない就職活動。多くの人が、自分の行きたい企業から内定をもらうため、必死に頑張っていることでしょう。そんな就活で大きな壁となるのが、エントリーシートと面接です。

中でも面接は、企業の人を目の前にして緊張してしまうため、苦手意識を持つ人が少なくありません。今回は、そんな面接の練習方法についてご紹介します。

緊張しないためにも念入りな準備を

面接で緊張しないために大切なことの一つが、念入りな準備です。準備をしっかりとしていれば、面接官からの質問にもどっしりと構えることができ、落ち着いて面接に臨むことができます。

特に第一志望の企業であれば対策は必須です。どのような対策かというと、考えられる質問に対する答えをざっくりと用意しておくことです。就活の参考書などに面接の定番質問などが羅列してあるので、そういった質問に対する答えをノートなどにまとめておきましょう。

このとき一字一句暗記してしまうと、当日違った視点から切り込まれたときに融通が利かないので、ざっくりとした答えを用意しておくのがポイントです。

このような準備ができているのといないのとでは、精神的な余裕が違いますし、唐突な質問が来た際でも長考する必要がなくなります。

実戦練習で経験を積みあげていく

ノートなどに質問に対する答えを準備できたら、今度は実際に経験を積んでいきましょう。オススメは、先輩など数年以内に就活を経験している人に面接官になってもらう方法です。

就活を経験した先輩であればどのような質問をされるのか把握していますし、具体的なアドバイスをしてくれるでしょう。面接のシミュレーションという点では親や友達でも問題ありませんが、あまり近しい関係だと緊張感も減り、就活経験者でないとリアリティに欠ける場合があるので注意が必要です。

就活経験者が良い理由はもうひとつあります。それはフィードバックをしてくれるという点です。自分の面接に対する姿勢や受け答えに対し、どのように改善していけば良いのかアドバイスを受けましょう。このような実践練習を通して、自分の面接スキルを磨いていくことができます。

面接時の所作は、鏡を見て矯正を

面接で重要視されるのは第一印象です。中でも姿勢や雰囲気は、相手に与える影響が大きいといわれています。普段から猫背の人や、お辞儀の所作が心配な人は、鏡を前に何度も練習をしましょう。

自分で満足のいく形になるまで日々矯正していけば、与える第一印象がグッと良くなります。また、笑顔を忘れてはいけません。目尻を下げ、口角を上げた笑顔が理想的です。

面接のときに笑顔が大事だと頭ではわかっていても、いざ本番となると、緊張してしまってそれどころではないという人は少なくありません。毎日鏡を前にして、自然な笑顔を作る練習を積んでいきましょう。

染み付いた所作のクセは、面接直前にちょっと対策すれば改善するというものではありません。ですので、数か月前から日課として徐々に矯正していくのがオススメです。

他人を観察し、より高度な面接技術を

身近な人に面接官になってもらう練習方法をご紹介しましたが、実は自分が面接官になるという方法も効果的です。友達が面接の練習をしてほしいといってきたら、率先して面接官になりましょう。

他人の観察をすることは、自身の面接技術を向上するために有用だからです。その友達が面接上手であれば、言動から真似できる点を探せばいいですし、あまり上手でないと感じた場合、自分もそのような点はないか点検することができます。

「人のふり見て我がふり直せ」という言葉があるように、他人の観察をすることは高度な面接の練習として役に立つのです。

終わりに

ご紹介してきた面接の練習は、単に技術を上げるのみならず、面接当日に向けての自信作りにも繋がります。本番で緊張してしまわないように、充分な準備と練習を繰り返し、胸を張って就職面接に臨みましょう。

面接が不安?面接に受からない?ウカル面接対策、教えます。​​

就活のプロがあなたの
内定を叶えます!

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

広告掲載をご検討の企業さまへ