就活でよくある疑問。面接後の採用担当者へのお礼メールは必要?

KEYWORD 記事関連キーワード

記事をお気に入り登録する

記事のお気に入りに登録

「記事のお気に入りに登録」のご利用にはログインが必要です。

会員登録がお済みでない方

無料会員登録

アカウントをお持ちの方

ログイン

就活をしていると面接に至るまで、応募した会社に失礼のないように気を遣い、緊張すると思います。無事面接が終わっても、面接後に何かアクションをする必要があるのか、気になる就活生が多いようです。

お礼も兼ねてメールを送る風習があるといえ、お礼のメールは実際に必要なのでしょうか。今回はお礼メールの疑問についてお答えしていきます。

面接のお礼メールは必要なの?

面接後にお礼メールを必ず送らなければならないというルールはありませんが、感謝の気持ちを伝えたいと考えている場合にはメールを送ることをおすすめします。

面接を受けたあとに、自分からお礼のメールを送っても良いのか迷ったり、かえって迷惑になるのではないかと考えてしまったりする人もいるでしょう。しかし、面接後に採用担当者の名前と連絡先がわかっているのであれば、お礼のメールを送ることは迷惑な行為ではありません。

特に規模の小さな会社の場合には、面接後に丁寧なお礼メールをもらうと採用担当者の記憶に良い印象が残りやすくなります。採用に直接大きな影響を与えるとは必ずしもいえませんが、就活ではプラスに働くことが考えられるでしょう。

メールを送るタイミングについて

1910_1_92 (2)

お礼メールを送るタイミングは、面接を受けた当日が良いです。面接時に会社の採用担当者の対応がとても親切で、緊張せずに済んだという経験をすることがあるかもしれません。また、面接した会社の雰囲気がとてもよく、この会社で働きたいと強く思うこともあるでしょう。

そのようなときには、自然に面接のお礼メールを送りたいと思うものですが、送るタイミングを間違えてしまわないように注意しましょう。

当日送るタイミングを逃してしまったら、遅くとも面接の翌日までには送るようにしてください。それ以降になると、採用担当者の印象にあまり残らなくなる可能性が高いです。メールを送る場合は面接後すぐに行うよう意識しましょう。

お礼メールで気を付けるポイント

面接のお礼メールを送る際、送るタイミングの他に気を付けておきたいポイントがあります。会社名や担当者の名前に誤字・脱字があると悪印象を与えてしまいます。送信前に必ず読み返して、間違いのないようにしてください。

また、お礼メールは長文を避けた方が良いでしょう。内容は簡潔にまとめて、敬語の使い方が適切かどうかも注意してください。さらに、メールを送った相手に対して、お礼の気持ちを伝えるためのメールなので返信は必要ないという旨を一言添えておくと良いでしょう。

会社の採用担当者は日々、多くの候補者とやりとりをしています。このような配慮をすることも大切です。最低限これらのポイントに注意し、送信前に全文をチェックしてからメールを送りましょう。

お礼メールを送る目的は何か考える

1910_1_92 (3)

面接後のお礼メールが必要なのか迷っているときは、お礼のメールを送る目的について考えてみましょう。お礼のメールは、面接に時間を割いてくれた会社に対して感謝の気持ちを伝えることが目的です。

面接のときには時間がなくて、しっかりとしたお礼を伝える余裕がないということが多々あります。しっかりお礼の気持ちを伝えるために、改めてメールを送るのです。

また、面接で緊張してしまって本来の自分を上手くアピールできないときもあるでしょう。少しでも自分の想いを伝えるためにも、お礼のメールを送ることで、感謝の気持ちだけは伝えることは良いことです。

もし、採用担当者が選考に迷っているとき、気持ちのこもったメールを受け取って、あなたへの印象が少し良くなるという可能性もあります。

終わりに

就活中には多くの会社との出会いがあります。面接が終わったあとお礼のメールを採用担当者に送ることで、面接に時間を割いてもらったことへの感謝を伝えることができるでしょう。メールを送るタイミング、誤字や脱字などに注意すれば、お礼メールをすることは決してマイナスにはなりません。

内定が欲しい方へ
就活市場会員限定の特典
  1. 1.大手企業内定者推薦、就活の攻略資料プレゼント
  2. 2.内定率92%の、就活アドバイザーが徹底サポート
  3. 3.特別選考ルートのイベント情報を提供!その他多数

会員登録で内定に近づく
(無料)

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

広告掲載をご検討の企業さまへ