インターンシップ選考対策は万全に。応募メールの正しい書き方を解説

KEYWORD 記事関連キーワード

記事をお気に入り登録する

記事のお気に入りに登録

「記事のお気に入りに登録」のご利用にはログインが必要です。

会員登録がお済みでない方

無料会員登録

アカウントをお持ちの方

ログイン

就職活動を始める前のインターンシップは、企業の内側で働きながら実際の仕事を体験できるため、現在多くの大学が推奨しています。

インターンシップに応募する際、手始めに取り掛かるのは志望先の企業へメールを出すことです。しかし、インターンへ初めて応募する方は、メールの書き方に戸惑うことも多いでしょう。そこで今回は、インターンシップ応募メールの正しい書き方や、採用担当者の目に留まる志望動機の書き方についてご紹介します。

応募メールの正しい書き方

企業の担当者は、メールの文面から学生のマナーを判断しています。就活生は文面を見られていることを意識し、正しいビジネスメールの書き方をマスターしましょう。

件名には内容と氏名を書く

件名には何に対してのメールであるか、内容をはっきり書きましょう。インターンシップへの応募メールの件名は「インターンシップの申し込みのお願い」と記し、自分の大学名、学部名、氏名も件名に記入します。

応募の内容についての質問は、例えば「インターンシップに関するお問い合わせ」と件名に記入します。

個人宛ては「様」、会社宛ては「御中」

本文を書くときには宛名から書き始めます。会社名、部署名、役職、氏名という順番で記入し、役職がわからない場合は空けておいても構いません。

会社名に株式会社がついている場合には略さずにしっかりと社名を書くのがマナーです。個人名がわからない場合は「人事部様御中」「採用ご担当者様」と書きます。

宛名の次は氏名と所属

宛名の次は、自分の氏名と所属を記入します。大学名、学部名、氏名の順に記載しましょう。メールの末尾に署名する設定をしておくと、よりスマートです。

article044_1

インターンシップの志望動機を書くコツ

1705_1_168(2)

先ずはインターンシップの募集要項をよく読み、募集内容を把握しておきましょう。その上で具体的な志望動機を書くことがエントリーメールを書くコツです。

  • 企業に興味を持ったきっかけ
  • インターンシップに興味を持った経緯
  • インターンシップを通して何を学びたいのか
  • インターンシップでどんな体験をしてみたいか

上記を簡潔にまとめます。最初からうまく書こうとせず、先ずは箇条書きでも良いので書き出してみましょう。

箇条書きをしたら並べ替えて構成します。その後少しずつ肉付けをし、きちんとした文章に仕上げましょう。最後にメールの文章を音読し、おかしな箇所がないかチェックしてください。

これらのテクニックは就活本番のエントリーシートを書く際にも役立ちますので、ぜひ身に付けておきましょう。

インターン選考後はお礼メールを

1705_1_113(2)

インターンシップの選考を無事通過したら、企業の担当者にお礼メールを送付しましょう。インターンシップは選考に関係ないという建前があっても、担当者へ良い印象を残しておくに越したことはありません。

お礼メールは早ければ早いほど相手の印象に残ります。選考通過の通知が届いた当日か、遅くとも翌日までには受け取った旨とお礼を述べましょう。

お礼メールのマナーも応募メールと同じ

採用担当者へのお礼メールは、応募メールのマナーと同じです。採用担当者の宛名を書き、自分のことを名乗った後に本文を書きます。

本文はできるだけ端的に伝え、長文や遠回しの表現は避けましょう。結論が分かりやすく端的なメールは、担当者から見ても好印象です。最後にきちんと署名をして送信すると、さらにスマートな印象になります。

終わりに

インターンシップへの応募メールでは、ビジネスメールの基本をマスターしておくことが大切です。その他のインターンシップに関する不安や相談は、当サイトを運営する株式会社リアステージの就活支援サービスをぜひご利用ください。インターンシップの募集も豊富で、応募メールの書き方を指導するサービスも行っていますので参考にしてみてください。

内定が欲しい方へ
就活市場会員限定の特典
  1. 1.大手企業内定者推薦、就活の攻略資料プレゼント
  2. 2.内定率92%の、就活アドバイザーが徹底サポート
  3. 3.特別選考ルートのイベント情報を提供!その他多数

会員登録で内定に近づく
(無料)

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

広告掲載をご検討の企業さまへ