インターンシップの選考で効果的な自己PRをするための対策法

KEYWORD 記事関連キーワード

記事をお気に入り登録する

記事のお気に入りに登録

「記事のお気に入りに登録」のご利用にはログインが必要です。

会員登録がお済みでない方

無料会員登録

アカウントをお持ちの方

ログイン

自己PRの質を高めるためには、入念な自己分析が必要となります。自分のセールスポイントをただ伝えるだけではなく、自分がどのような人間であるかを企業側に的確に伝えることが重要です。曖昧な対策では、ライバル達に差をつけることが困難となります。しっかりとした戦略を立てて自己PRを作ることができれば、その後の就職活動を有利に運ぶきっかけになるでしょう。

自己PRは伝える情報の的確さが大切

自己PRを考えるうえで意識しておきたいのが、読み手に伝わる文章になっているかということです。インターンシップに応募する就活生が不安なように、企業側の採用担当者も、どんな人物が応募してくるのかを注意深く観察しています。

そのため、要点を押さえた簡潔な自己PRが必要なのです。先ず、結論を先に書くようにしましょう。

私は〇〇な人間です。

周りの友人からは、〇〇な部分が長所だといわれます。

上記のように誰が読んでも、あなたがどのような人物像なのかわかる自己PRを心がけてください。

結論から書き、順を追って内容を展開していく文章が、読まれやすい自己PRには必要です。起承転結をしっかりと意識した書き方を意識しましょう。

特別な体験よりも、何を得たかが大事

1705_1_26 (2)

自己PRで悩みがちな要素として、「特別な体験がない」ということがあげられます。しかし、実際は、特別な体験をしている就活生のほうが少ないのです。

企業側はあくまでも、「どういった人物なのか」が知りたいのであって、特別な体験のエピソードを聞きたいわけではありません。それよりもむしろ、これまで自分が体験したことを、インターンシップの応募動機にどう繋げるかが大切です。

学生であれば、これまで学んできた学業やゼミ・サークルなどの学内での体験、アルバイトやボランティア活動で得られた体験などから効果的なエピソードを探してみましょう。

事実だけでなく、その経験をどう活かすのかを伝える

体験したエピソードを多く持つ人が行いがちなミスとして、自分の体験したことをだらだらと列挙してしまうケースが挙げられます。体験をつらつらと話すだけでは、人物像が見えにくく、企業の担当者から興味を持たれづらいです。エピソードを数多く盛り込んでしまうのも、何を伝えたいのかがぼやけてしまうため避けるようにしましょう。

事前の準備として、今まで体験してきたことを紙に書き出すことから先ずは始めてみましょう。同時に応募先の企業の研究や業界の分析をしてみてください。それらをもとに、最も自己PRにふさわしいエピソードを絞り込みます。自己PRのテーマがはっきりとすることで、論旨の一貫した主張を展開することができます。

5W1Hを意識した話の展開を考える

1705_1_26 (3)

5W1Hとは、以下のような話題の分類です。

  • いつ(When)
  • どこで(Where)
  • 誰が(Who)
  • 何を(What)
  • なぜ(Why)
  • どのように(How)

これらの要素を的確に盛り込むことが、論理的な自己PRを展開する上では重要となってきます。これらが明確になることで、初対面の相手にも情報を上手く伝えることができます。

自分の体験を話すとき、相手への説明が必要な箇所を無自覚に省いてしまいがちです。自己PRの受け手は、自分のことを何も知らない人だということを忘れないようにしましょう。

学業面のエピソードを盛り込むときにも、その体験を通じてどのような発見をし、課題を解決し、どういった結果に繋がったのかを明確にすることが大切です。

終わりに

インターンシップを行っている企業は、人材を受け入れることに熱心です。自ら成長していこうとする人物には、特に良い印象を抱くはず。会社の躍進に繋がる存在になるのではないかという期待をもって、採用担当者は応募者たちを観察しています。

なぜインターンシップに応募したのか、熱意を語るだけではなく、今までの経験を通して培った自分の良さを、論理的に伝えるための準備が必要です。採用担当者の興味を惹きつける自己PRを作成しましょう。

就活市場でしか手に入らない
マル秘お役立ちブック!
  • 就活市場が教える様々な業界の"リアル"
  • 例文付きの正しいエントリーシートの書き方

などなど、ここでしか手に入らない就活市場限定のオリジナルブックを今すぐダウンロードしよう!

今すぐ無料ダウンロード

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

CATEGORY RANKING 「インターンシップ」人気記事ランキング

POST RANKING 人気記事ランキング

広告掲載をご検討の企業さまへ