エントリーシートのカギを握る自己PR。書き方と注意点とは

就職活動中に多くの学生が頭を悩ませるものの一つにエントリーシートがあります。エントリーシートの内容次第で、次の選考に進めるかどうかが左右されるほどエントリーシートは重要なアイテムです。その中でも自己PRはほとんどの企業が設定している項目ですが、どのように書けば印象深いものになるのでしょうか。この記事では自己PRと履歴書の違いや書き方、おさえておくべきポイントなどをまとめてご紹介します。

履歴書とエントリーシートの違い

履歴書とエントリーシート。どちらも書類選考に必要な書類ですが、履歴書は「過去」について書くもの、エントリーシートは「未来」について書くものという違いがあります。

履歴書の基本項目は、名前・住所・学歴や職歴・資格免許・志望動機などで、学歴や資格といった過去に関する項目に多くのスペースが割かれています。一方エントリーシートは、志望動機や入社後にやりたいことなど、これからどうしたいかについての質問が多くを占めています。

エントリーシートによくある「学生のときに何に力を入れましたか(通称ガクチカ)」という質問は、過去に対する質問のように思えます。しかしその本質は「その能力をもとに入社後何に取り組めるか」という未来を踏まえた質問なのです。履歴書とエントリーシートを記入する際は、こうした違いを意識しながら記入するようにしましょう。

なぜ企業は自己PRを重視するのか

1705_2_196 (2)

そもそも企業がエントリーシートで自己PRを聞く理由は何でしょうか。それは学生が、企業の求める人材であるかどうかを確認するためです。企業が求める人材像と学生の能力や長所がマッチしなければ、その企業では活躍することができません。

企業は自己PRの内容から、学生の能力を仕事に活かすことができるか、企業風土と合った性格であるかなどの適合判断を行っています。

自己PRに書くべき内容とは

自己PRには、自分の長所、長所の裏付けとなるエピソード、入社後に長所をどう活かすことができるかを書きます。以下のような構成を意識するとよいでしょう。

1.自分の長所を書く

私の強みは○○です。

私は○○に自信があります。

2.エピソードを添える

その強みで~の経験を乗り越えてきました。

~の経験から、○○に自信を持ちました。

3.入社後にどう活かすかに触れる

○○という強みを活かし、貴社で~という風に活躍したいです。

この構成を意識し、具体的かつ簡潔な自己PRを作りましょう。

自己PRに書くべきエピソード

1705_2_196 (3)

先ほど自己PRにはエピソードを添えると説明しましたが、どのエピソードを選べば良いか迷う人もいるかもしれません。エピソード選びのポイントは、企業が求める人材とマッチする内容であることです。企業が求める人材像を企業研究によって把握し、その人物像に繋がるエピソードを自己PRで選びましょう。

良いエピソードというと「バックパッカーで世界一周旅行をした」などの突出したものを浮かべるかもしれませんが、内容は普通で構いません。経験の派手さではなく、どれだけ企業の求める人材像と自分のエピソードがマッチしているかが重要なのです。

自己PRを作成する際の注意点

エントリーシートの自己PRは、何度か書けばコツが掴めるはずです。その際に以下のような自己PRになっていないか確認をしましょう。

複数の長所を詰め込んではいないか

長所をいくつも書き連ねてしまっては、一つのことを掘り下げることができなくなってしまいます。自己PRで主張する長所は一つに絞り、その結果に至るまでのエピソードを書きましょう。

肩書だけの自己PRになってはいないか

学生時代にサークルのリーダーとして活躍した話や、取り組んでいた学問や趣味で賞を受けたといった話は、自分の肩書だけの説明になってしまいがちです。サークルのリーダーとして活動するにあたりどのようなことを課題にし、具体的にどのような行動したのかといった、自分自身が考えて取り組んだことについて書きましょう。

おわりに

今回は履歴書とエントリーシートの違いや自己PRのコツについてご説明してきました。エントリーシートは就活の第一関門。その中でも自己PRは、企業が重視する項目の一つです。企業の求める人材像と自分のもつ強みをマッチさせた魅力的な自己PRを作り、第一関門を突破しましょう。

履歴書の書き方がわからない?ウカル履歴書、教えます。​

就活のプロがあなたの
内定を叶えます!

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

広告掲載をご検討の企業さまへ