エントリーシートと履歴書の違いとは?ポイントを確認しよう

KEYWORD 記事関連キーワード

記事をお気に入り登録する

記事のお気に入りに登録

「記事のお気に入りに登録」のご利用にはログインが必要です。

会員登録がお済みでない方

無料会員登録

アカウントをお持ちの方

ログイン

就活の第一関門であるエントリーシートは、書類選考の際に必ずといっていいほど提出を求められる資料です。適当に作成してしまっては、面接などといった次の選考段階に進むことができません。そのため、書き方や内容について頭を悩ませる人も多いのではないでしょうか。この記事では、就活をする上で避けては通れないエントリーシートについて、押さえておきたいポイントを解説します。

エントリーシートとは

エントリーシートは、企業の採用担当者に自分のことを知ってもらうための資料です。社会人の場合は、職務経歴や実績などによって採用するかどうかの判断ができますが、学生には社会人と違って職務経歴や実績がありません。そこで職務経歴や実績の代わりに重視されるのが、人柄や企業に対する熱意です。

そのため、エントリーシートでは学生の人柄や、熱意を問う項目が設定されています。それらの質問に対する回答が、企業の求めている回答とマッチしているほど、良いエントリーシートといえるでしょう。

エントリーシートに書き込む内容

1705_2_144 (2)

エントリーシートには、次のような質問が用意されています。

①長所・能力に関する質問

あなたの長所を教えて下さい

大学時代に力を入れたことは何ですか

この質問には、企業で活躍するための能力があるかどうかを探る意図があります。

②熱意・入社後のビジョンに関する質問

志望動機を教えて下さい

この企業で、どんなことをしてみたいですか

上記のものは、企業への熱意を確認するための質問です。入社後のミスマッチを起こさないための質問でもあります。

③知識・優秀さに関する質問

あなたを動物に例えると?

この商品にキャッチコピーを考えてください

就活とは関係がないように思える質問で驚く人もいるかもしれません。こういった質問には、学生の知識や自頭の良さを引き出そうとする意図があります。

ここに挙げたような、エントリーシートで聞かれる質問やその答えについては、別の記事で詳しく解説しています。併せてご覧ください。

履歴書との違いと注意点

エントリーシートの他に、就活に必要な資料として挙げられるものに履歴書があります。履歴書とは、学業や職業の経歴などを記した書類のことで「学歴」「資格」「実績」などが問われます。一方エントリーシートに求められるものは、人柄や企業に対する熱意です。

どちらにも長所や自己PRなどを記入する項目があるため、書く内容に統一性をもたせる必要があります。例えば、履歴書の趣味の欄に「旅行」、長所の欄に「行動力」と書いたとしましょう。その場合エントリーシートには、長所の行動力を絡めた旅行の体験を書くと統一感が生まれます。

エントリーシートを記入する際のポイント

1705_2_144 (3)

エントリーシートを記入するときに重要なことは、自己分析と企業研究、そして他者に添削してもらうことです。自己分析は、長所や強みを見つけるため、人に自分のことをわかりやすく説明するために行います。企業研究は、自分の長所と企業の求める能力がマッチしているかどうかを判断するためのものです。

自己分析と企業研究を組み合わせることで、志望動機のクオリティを高め、企業への熱意を伝えることができます。作成したエントリーシートは、社会人の先輩やキャリアセンターの人に添削してもらうのがオススメです。読みやすいかどうか、内容が伝わりやすいかどうかを客観的に判断してもらうことで、エントリーシートのクオリティも向上するでしょう。

まとめ

エントリーシートは、企業に自分の魅力を伝えるためのツールです。自分の強みを知ってもらうためにも、しっかりと読んでもらえる内容を記入しましょう。効果的な内容を記入することができれば、面接時に面接官の興味を引くこともできるはずです。

就活市場でしか手に入らない
マル秘お役立ちブック!
  • 就活市場が教える様々な業界の"リアル"
  • 例文付きの正しいエントリーシートの書き方

などなど、ここでしか手に入らない就活市場限定のオリジナルブックを今すぐダウンロードしよう!

今すぐ無料ダウンロード

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

CATEGORY RANKING 「エントリーシート」人気記事ランキング

POST RANKING 人気記事ランキング

広告掲載をご検討の企業さまへ