オフィスカジュアルって何?ビジネスシーンで使える服装の基礎知識

KEYWORD 記事関連キーワード

記事をお気に入り登録する

記事のお気に入りに登録

「記事のお気に入りに登録」のご利用にはログインが必要です。

会員登録がお済みでない方

無料会員登録

アカウントをお持ちの方

ログイン

インターンシップや、一部の面接では私服での来社を求められることがあります。しかし、今まで学生として過ごしてきた方には、これは意外に難しい要望でもあると思います。私服での来社を求められたら、基本的にはオフィスカジュアルで向かうのが好ましいとされています。この記事では、オフィスカジュアルの概要や、男女別の注意点といったことをご紹介していくので、今後インターンや、私服面接を控えている方は是非参考にしてみてください。

オフィスカジュアルとは

オフィスカジュアルとは、私服の中でも比較的オフィスで浮かないような、自然な格好を指します。ビジネスシーンにおいて不自然でない、清潔感のある服装がオフィスカジュアルには求められます。また、動きやすさなどの機能性といった面や、どのような色合いを選ぶかといったセンスも求められることになります。

昨今ではオフィスカジュアルで勤務をする企業も増えており、スーツ以外の仕事着が必要となるシーンも増えています。そのため、オフィスカジュアルに相応しい洋服を持っていないという方は、就活シーズンが本格的に始まる前に、一式揃えておいた方が良いかもしれません。

インターンシップや私服面接という場合だけではなく、内定者懇談会などでもオフィスカジュアルで来るように指示されることもあります。会社の行事や集まりなど、プライベートと仕事が半分混ざったようなシチュエーションでも役立つので、社会人になってスーツで働きだしてからも、活躍する場面が出てくるかもしれません。

男性のオフィスカジュアル

男性のオフィスカジュアルのポイントは以下の通りです。

  • ジャケットを着用する
  • 中はワイシャツでもいいが、セーターやニットなどをアクセントで着ても良い
  • シャツは何種類か色の違うものをもっておく
  • ネクタイはシンプルなものを選び、華美なデザインのものは避ける
  • ベルトと靴の色は合わせる
  • ボトムスはチノパンで、靴は革靴などにする

注意点として、ラフな格好は避けるべきです。デニムやTシャツ、サンダルなどの格好はオフィスカジュアルとはいえません。これらを避け、シンプルな着こなしを意識してください。靴やベルト、ワイシャツなどはスーツを着用する際に身に付けているものを流用しても構いません。ユニクロなどで一式揃えることができるので、迷った場合には店員さんに聞いてみても良いでしょう。

女性のオフィスカジュアル

次に女性のオフィスカジュアルについてご紹介します。

  • 男性同様ジャケットを着用する
  • シンプルな色のシャツを選ぶ
  • 足元はパンプスとストッキング。高さのあるヒールなどは避ける
  • 色はモノトーンやパステルなど、落ち着きのあるものを選ぶようにする
  • カジュアルなバッグや時計。高級品は好ましくない

女性のオフィスカジュアルは、男性のものに比べて比較的自由度が高いのが特徴です。しかしその中でも上記のような最低限の基準はあるので、露出や丈の短い衣服、派手な色は避けるようにしましょう。

デニムやアクセサリー、帽子についてもNGです。雑誌などでも特集をしていることもありますし、街を歩いているOLを観察してみるのも勉強になるかもしれません。

スーツが一番無難

「私服で来社しても構わない」など、スーツでもオフィスカジュアルでも、どちらでも問題ないと思われる場合には、スーツを選ぶのが無難だといえます。少なくともビジネスシーンにおいて、スーツで赴いたからマイナス評価を受けるということはかなり珍しいです。アクティブな動きをすることが事前にわかっていた場合などは別ですが、そうでない場合には無理にオフィスカジュアルを選択する必要はないということを覚えておきましょう。

終わりに

今回ご紹介したポイントを参考にすれば、男性でも女性でも、オフィスカジュアルで失敗をするということはないと思います。社会人としてのマナーを守れるよう、服装面でも正しい知識武装と準備をしておくようにしましょう。

内定が欲しい人以外は見ないでください
  • 就職活動の攻略本「就活ハウツー本」
  • 先輩の体験談も盛りだくさん「就活ストーリー」
  • 内定率は驚異の92%!「就活アドバイザー」
  • 5分で作れる「かんたん履歴書メーカー」
  • あッという間に内定GET「就活市場エントリー」
  • イベント参加で有利に就活「就活市場イベント」
  • あとで読み返したい記事は「お気に入り登録!」

今すぐ確認する!

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

広告掲載をご検討の企業さまへ