インターンシップの目的は何?短期と長期で異なる企業の思惑

KEYWORD 記事関連キーワード

記事をお気に入り登録する

記事のお気に入りに登録

「記事のお気に入りに登録」のご利用にはログインが必要です。

会員登録がお済みでない方

無料会員登録

アカウントをお持ちの方

ログイン

就職活動を始めると、様々な選択をすることになります。そのうちの一つに、インターンシップに参加するか否かという選択があります。「周りの学生達も参加をしているし、なんだか良さそう」という気持ちで参加しても、インターンシップで得られるものはありません。インターンシップへの参加を決めるのであれば、その目的や、自分が目指す到達点を明確に定めておく必要があります。また、企業側から見たインターンの目的を理解するのも、重要な要素です。この記事では、インターンシップを行う目的や、企業側の思惑といったことを中心にご紹介していきます。

インターンシップとは

インターンシップというのは、学生が実際の企業で一定期間勤務し、実際の職場の雰囲気を体験するという、体験制度のことです。業界研究や企業研究で、ある程度会社のことを理解することは可能ですが、実際に働いてみることに勝る情報はありません。

そのため、人気な企業ともなるとインターンシップの倍率は非常に高く、場合によっては就職活動の選考よりも狭き門となることがあります。基本的にインターンシップでは給料などは発生しませんが、最近では有給のインターンシップも存在します。さらに企業によっては一般のアルバイトよりも高額な報酬をもらえるというケースもあります。

ただし先にも述べた通り、誰でも参加できるわけではなく、人気な企業ともなるといくつもの選考があるため、面接やテストの対策が必要となってきます。インターン生として参加を希望している場合には、先ずは自分が志望する企業のインターンでは、どのような選考が行われるのかをしっかりと確認するようにしましょう。

短期と長期インターン

インターンシップと一口にいっても、実際にはその制度は大きく2種類に分けることができます。それが短期インターンシップと、長期インターンシップです。両者の違いはその名の通り開催期間で、短期インターンシップの場合には1日~一週間。対して長期インターンシップの場合は1ヶ月から、長ければ3ヶ月以上参加することもあるので、志望する企業のインターンシップはどちらのタイプなのかをしっかりと確認しておく必要があります。

当然期間が異なるので、それぞれで行う業務や学べることの違いも大きくなります。志望する業界や企業ということだけではなく、自分自身が何を学び、どういったふうにインターンシップの経験を活かしたいのかということを考えながら、企業選びをしてみてください。

長期インターンシップの目的

インターンシップの目的を考える際にも、長期か短期かというのが重要な要素となってきます。長期インターンシップの目的として最も大きいのは、スキルの向上です。最長で3ヶ月以上も実際の企業で業務を行うことになるので、ビジネスマナーはもちろんのこと、その業界での一通りの業務スキルが身に付くことは間違いありません。仮にその企業に就職することがなくとも、同業他社でもその経験は必ず役立つことでしょう。

また、それだけ長期間のインターンシップで有給だった場合には、お金もそれなりに貯めることができるようになります。本格的に就職活動が始まると、スーツや交通費など、様々な部分で出費がかさみます。そういった部分も加味してインターン先を選ぶ学生も少なくありません。

企業側がインターンシップを長期で行う目的としては、業務内容や社風の周知の他、優秀な人材の囲い込みといったものがあります。単純に自分たちの企業の内情を知ってもらえるということだけでも、企業からすると大きな利点となりますが、その過程で自分たちの会社にとって有益だと思える人材を発見した場合には、有利に交渉を進めることができます。早い段階で内々定などを出して、人員を確保できるというのが長期インターンの魅力です。

短期インターンシップの目的

次に短期インターンシップの目的をご紹介します。学生側から考えると、やはり就職活動とインターンシップというのは大きく関係してきます。短期のインターンシップであったとしても、倍率の高い企業のインターンシップに参加すれば、当然その経験は就職活動で有利に働きます。

同業他社での面接を受ける際にも、その経験を話せば一目置かれることでしょう。1日といえども、実際の企業で勤務できるという経験は非常に貴重で、業界研究や企業研究といった面でも多くのものを得られるでしょう。一方でデメリットとしては、期間の短さが挙げられます。どうしても長期インターンと比べると得られる経験値に差が生まれてしまうので、短期インターンシップに参加する場合には、短い期間の中で自分が何を学びたいのかを一層明確にする必要があります。

時期に限らず、人気企業であれば短期インターンシップであっても厳しい選考が待ち構えているのもポイントです。少ないインターン期間に対して、入念な準備を求められることになるので、その部分のバランスについても考えるようにしましょう。企業側から見た短期インターンの魅力としては、概ね長期インターンと同じものが挙げられます。

ただし、企業としても短い期間では学生のことを十分に見極めることができないので、どちらかといえば人材の囲い込みや教育というよりも、会社の宣伝という部分に重きが置かれています。

おわりに

長期インターンシップと短期インターンシップでは、それぞれ得られるものや目的が全く違ってくるのがおわかりいただけたかと思います。どちらに参加するとしても、自分自身がインターンシップで何を学びたいのかをしっかりと設定した上で、エントリーをするようにしましょう。

内定が欲しい方へ
就活市場会員限定の特典
  1. 1.大手企業内定者推薦、就活の攻略資料プレゼント
  2. 2.内定率92%の、就活アドバイザーが徹底サポート
  3. 3.特別選考ルートのイベント情報を提供!その他多数

会員登録で内定に近づく
(無料)

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

広告掲載をご検討の企業さまへ