インターンシップの申し込みから参加までの流れや日程とは

KEYWORD 記事関連キーワード

記事をお気に入り登録する

記事のお気に入りに登録

「記事のお気に入りに登録」のご利用にはログインが必要です。

会員登録がお済みでない方

無料会員登録

アカウントをお持ちの方

ログイン

興味を持っている会社で数日間業務を体験できる、インターンシップ。実際に働かないとわからない会社の情報を知れたり、内定に1歩近づけたりとメリットは計り知れません。しかし、インターンシップが重要だと理解はしていても、参加する目的が漠然としていてはせっかくの貴重な機会を無駄にしてしまいます。

ここでは、インターンシップのメリットや一般的な申し込み方法を解説。いつインターンシップに参加すべきか、申し込み時に必要なものはあるかなどの情報にも触れているので、チェックしてみてください。

インターンシップに申し込むメリットとは

インターンシップに申し込むメリットとは

周りの就活生がみんなインターンシップに参加しているから、なんとなく自分も受けてみよう。そう考えているのであれば、まずインターンシップに申し込むメリットについて考える必要があります。自分が思っている以上に、インターンシップにはメリットがたくさんあるのです。

行きたい業界や会社が明確になる

就職できる業界は幅広く、会社も膨大な数存在しますから、行きたい業界や会社を絞るのは至難の業です。

会社のWebサイトや就職情報誌だけでは、得られる情報に限界があります。しかし、業界や会社についてよく研究しておかなければ、せっかく内定を得られても入社してからミスマッチに気づいてしまうという可能性も否定できません。

インターンシップに参加すれば、実際に働いている社員の様子を確認できますし、その会社や業界について知ることができます。その結果、「この業界は自分に向いていそうだから、挑戦してみよう」、「この会社は自分には合っていないから、別の会社を探そう」と就活の方向性を定められます。

インターンシップに参加した会社に絶対就職しなければならないという決まりはないので、自分がその会社に合うかどうかを知るためにも参加することが重要です。行きたい業界や会社を判断できるようになるのは、大きなメリットといえるでしょう。

内定獲得のために有利に働く

インターンシップに参加するということは、その会社に少なからず興味を持っているという証明です。そのため、志望度の高さをアピールすることにつながります。インターンシップに参加した学生は初期の選考を免除する、特別選考を行うなど、就活を有利に進められるよう配慮してくれる会社もありますので、内定を得やすくなるといえるでしょう。

また、インターンシップへの参加を本選考にエントリーするための条件として定めている会社もあります。応募したい会社がインターンシップ必須だということに本選考募集時に気づいたというケースも珍しくありませんので、興味を持っている会社とインターンシップがどうつながっているのか、事前に確認しておきましょう。

仲間ができる

同じ会社のインターンシップに参加した学生は、同じ業界に興味を持っている仲間といえます。似た目標を持っている友人を見つけられたり、異なる価値観を持つ学生と出会ったりできるでしょう。他の学生の進歩状況を目の当たりにすることで、やる気が出ることもあるはずです。

就活中は周りの学生が敵に見えてしまいがちですが、同じインターンシップに参加した学生は仲間と考えましょう。業界や会社に関する情報を共有するなど、お互いに高め合える存在になります。

インターンシップの申し込みから参加までの流れ

インターンシップの申し込みから参加までの流れ

インターンシップに参加するためには、申し込みが必要です。申し込みから参加までの大まかな流れを確認しておきましょう。

どの会社でインターンシップをするか決める

まずは、どの会社でインターンシップをするか決めましょう。行きたい会社が決まっているのであれば判断しやすいですが、まだ漠然としている方も多いはずです。その場合は、インターンシップに参加する目的は何か考えてみてください。

その業界のことを深く知りたい、社員の方とつながりを作りたい、特別なスキルを身につけたいなど、さまざまな目的があるでしょう。目的を果たせる会社を選択すれば、なんとなく選ぶより意味のあるインターンシップとなります。

また、インターンシップ先を選ぶためには募集情報の収集が必要不可欠です。気になる会社のWebサイトで採用ページをチェックするのはもちろん、就活サイトをこまめに確認しておきましょう。そして、インターンシップは募集時に開催日時が公開されることが多いので、自分が参加できる日程でインターンシップを行う会社を選ぶのも重要なポイントです。

申し込む

インターンシップに申し込む場合は、プレエントリーと正式な申し込みが分かれていることがあります。プレエントリーとは、その会社の採用活動をまとめているページに登録することです。プレエントリーをインターンや本選考の参加条件としている会社も多いですし、プレエントリーをしておけば、気になる会社の情報を得やすくなります。

Web上に基本情報を登録するだけで申し込みが完結する会社もありますが、書類選考を兼ねてエントリーシートなどを提出させる会社も多いです。インターンシップは申し込めば絶対参加できるものではないので、書類選考がある場合はしっかり対策をしておきましょう。

選考を受ける

申込みが完了し、書類選考を通過したら本格的な選考が始まります。多くの会社で以下の3つのうちいずれかの方法が取られていますので、対策をしておきましょう。

  • Webテスト
  • 面接
  • グループディスカッション

これらは本格的に就活が始まったら何度も行うことになるので、予行練習のつもりで臨んでください。選考に通過すれば、晴れてインターンシップ先が決まります。

インターンはいつから始めればいい?

インターンはいつから始めればいい?

インターンシップがいつから始まるか、気になる方も多いでしょう。インターンシップの多くは短期の場合、もう少しで就活が始まる大学3年生のみを対象としています。そのため多くの学生が大学3年生から動き始めますが、余裕のある方は大学1〜2年時にインターンシップに参加してみましょう。

1ヶ月など長期間に及ぶインターンシップであれば、大学1〜2年生も参加できるものがあります。長期インターンシップは短期インターンシップと異なり給与が支払われることが多いので、アルバイト感覚で興味を持っている業界に足を踏み入れてみましょう。長期の休みを有効に活用し、周りより一足早く就活準備をスタートさせることをおすすめします。

短期インターンの開催時期や応募の方法

短期インターンの開催時期や応募の方法

多くの学生が参加するのは、数日間〜数週間の短期インターンシップでしょう。短期インターンシップは多くの場合、就活解禁を目前にした大学3年生が対象となります。

短期インターンシップの開催時期

開催時期は夏・冬・秋が多く、長期休みに合わせて行われるのが一般的です。学校の休みの長さに比べて、インターンシップは数日間〜数週間と短いので、複数の会社でインターンシップに参加する人も多く見られます。興味のある会社の情報収集を行い、日程が重なっていなければ複数社参加も検討してみてください。

インターンシップに参加する学生が最も多いのは7〜9月、次いで1〜3月、10〜12月となっています。そのため、夏のインターンシップに参加しようと思ったらすでに募集が終了していたという方も諦めず、冬のインターンシップに参加してみてください。

短期インターンシップの申し込み開始時期

遅くともインターンシップ開始1ヶ月前には申し込みが開始されるため、夏のインターンシップに参加するのであれば5〜6月、冬なら11〜12月、秋は8〜9月にはインターンシップ情報を確認しましょう。

短期インターンシップの応募方法

短期インターンシップの情報は、会社のWebサイトや就活情報サイトで公開されます。Webで基本情報を登録するか、郵送でエントリーシートや履歴書を送るかは会社によって異なりますが、中にはWeb上での質問に対する回答が書類選考を兼ねているというケースもあるため注意が必要です。

毎年同じくらいの時期に同じ方法で募集をかける会社も多いので、過去のインターンシップ情報を振り返ってみると安心して対策できます。

インターンの申し込みに必要なものとは

インターンの申し込みに必要なものとは

インターンシップの申し込みと書類選考を兼ねるために、提出物が決められている会社もあります。申込時に必要となった書類として、エントリーシートや履歴書が挙げられることが多いです。それぞれの特徴を押さえておきましょう。

エントリーシート

エントリーシートは、自分を売り込むための書類といえます。エントリーシートはフォーマットがほとんど同じように決まっている履歴書と違い、会社が独自のものを用意するのが一般的です。その会社が重点的に聞きたいことをメインに書かせることで、選考しやすくしています。

エントリーシートは自己PRをメインに行う書類なので、書くためには自己分析が必須です。自分の長所や短所を正確に把握し、自己PRにつなげる必要があります。自己分析は就活が始まってからも悩む方が多いものです。インターンシップ参加前に自己分析の時間を作り、エントリーシートを書き上げましょう。

履歴書

履歴書は、エントリーシートに記載した自己PRや志望動機の内容を掘り下げる資料といえます。これまでの経歴を確認できるので、なぜそのような志望動機に至ったのかという背景をチェックできるのです。

履歴書に記載する内容は、学歴や職歴、趣味、特技、持っている資格などの基本情報がメインとなります。自分自身のことを掘り下げて記載すればOKですが、意外と見落としがちなのが、エントリーシートとの整合性です。

エントリーシートと履歴書の両方を提出する場合は、双方に一貫性があるかどうかも重要なポイント。エントリーシートで「行動力がある」とアピールし、履歴書で「日本全国を自転車で横断した」と記載していれば、一貫性があるといえます。しかし、「行動力がある」とエントリーシートに書きながら履歴書の趣味欄に「読書」と書いては、整合性に欠けてしまうでしょう。

エントリーシートや履歴書は、就活が解禁になったら会社に応募する際必ずと言っていいほど必要になります。インターンシップの申込時に基本的な書き方をマスターして、就活本番に備えましょう。

本番前の予行練習といえども、インターンシップに参加するためには書類選考で勝ち残らないといけません。インターンシップの募集情報が出る前から、志望理由などを掘り下げてスムーズに応募できるようにしておいてください。

また、インターンシップの申し込み時に書類の提出がなかったという会社もあります。その場合、エントリーシートや履歴書を用意する必要はありませんが、なぜその会社のインターンシップを希望したのか、興味を持っている分野などは実際にインターンシップに参加してから話せるように準備しておくとよいでしょう。

まとめ

さまざまなメリットがあり、就活をする上で欠かせない存在といえるインターンシップ。念入りに情報収集を行い、興味のある会社のインターンシップ情報をもらさずキャッチしましょう。

就活は情報戦ですから、必要な情報を得られるメディアに登録しておくのがおすすめです。就活市場は完全無料で最新就活情報をお届けしています。企業情報や就活準備、インターンシップ、エントリーシートなど就活に必要な情報を網羅しているので、チェックしてみてください。

就活に有利なインターンの選び方って?
わたしたちに何でも聞いてください!

あなたのビジョンを実現させるための​
就活のサポートを実施

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

広告掲載をご検討の企業さまへ