面接の逆質問時間。企業に対してどんなことを聞けばいい?

KEYWORD 記事関連キーワード

記事をお気に入り登録する

記事のお気に入りに登録

「記事のお気に入りに登録」のご利用にはログインが必要です。

会員登録がお済みでない方

無料会員登録

アカウントをお持ちの方

ログイン

面接の質疑応答対策や自己PR、長所や短所などはしっかりと考えていたけれど、逆質問の対策は全然行なっていなかった。そういう学生さんは意外に多いと思います。可能なら面接の時間だけではなく、逆質問時間でも相手を感心させたいですし、そこでも好印象をどんどん与えていきたいですよね。この記事では、逆質問の際に有効な質問や、するべきでない質問などをご紹介するので、面接の際の参考にしてみてください。

逆質問とは

逆質問とは、就活生が面接官や、企業に対して質問をすることを指します。面接というのは、面接官からの質問がメインに進められます。しかし、最後になると「何か質問はありますか?」といったような問いかけをされるケースが大半です。

この時間が逆質問で、就活生は逆質問の中で、ホームページを見ても分からなかったことや、事前に考えてきた質問、面接の中で生まれた疑問を面接官に対して聞くことができます。

逆質問は絶対にするべき

面接官に逆質問の機会を与えられたら、必ず質問をするようにしましょう。相手に対して質問できる時間は、相手に対する関心や、質問者の知性をアピールする絶好の機会です。面接官側としても、逆質問は必ずくるものだと思って構えています。

だからこそ逆質問のチャンスに対して「特に何もありません」という返しをするのは避けなければいけません。多くの質問をする必要はありませんが、最低でも一つか二つは逆質問をするように心がけてください。

逆質問の例

逆質問をする際、どのようなことを聞けば良いのか悩んでしまう方も多いとおもいます。そこで、逆質問で有効とされる質問と、悪印象を与えかねないNGな質問についてご紹介します。

良い質問例

業務に関する具体的な質問

仕事の流れを聞いたり、具体的な業務に関する疑問点を聞いたりするのは有効です。実際に働いてみるまではわからないようなことを積極的に聞くようにしましょう。

仕事に対する考え方

面接官が、どのように仕事に対して向き合っているかというのを聞くのも良い質問です。現場で働いている社員の生の声を聞くことができるのも貴重ですが、会社の思わぬ魅力を知れるかもしれません。

必要な資質

どういった人材を求めているのか、どんな資格があると有利なのかということは是非聞いてみてください。同業他社の面接を受ける際にも、こういった情報は知っておくと有利になります。

悪い質問

お金や福利厚生に関する質問

お金や福利厚生、有給の消化率などに関する疑問は誰もが抱くものです。そのことを聞きたい気持ちはわかるのですが、聞かれた面接官としては非常に答えにくいですし、あまり良い印象をもたないでしょう。大切なことではありますが、面接の逆質問で聞くのは控えた方が良いかもしれません。

自分自身に関する質問

「私の印象はどうですか?」「本日の面接はどうでしたか?」こういった質問で面接官の本音を引き出すことはできないですし、無意味な行為です。相手も本音で話してくれる可能性は極めて低いので、建設的な別の質問を選ぶようにしましょう。

面接官が立場的に答えにくいような質問

これは悪い質問例全てに共通していうことのできる事柄です。逆質問だからといって、相手の立場を考えないで質問をしてはいけません。お互いにとってプラスになるような前向きな質問や、相手を唸らせるような鋭い質問を考えるようにしましょう。

終わりに

面接の逆質問は、就活生がアピールできる重要な時間でもあります。企業に関して詳しく調べ、他の誰にも思いつかないような質問項目を考えてみてください。企業に対する興味の深さと、頭の回転の速さをアピールすることができれば、良い結果が得られる可能性は格段に上昇するはずです。

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

CATEGORY RANKING 「面接」人気記事ランキング

POST RANKING 人気記事ランキング

1分間で就活!就活生向け動画マガジン動画市場