企業研究をしよう!三菱地所ってどんな会社?

KEYWORD 記事関連キーワード

記事をお気に入り登録する

記事のお気に入りに登録

「記事のお気に入りに登録」のご利用にはログインが必要です。

会員登録がお済みでない方

無料会員登録

アカウントをお持ちの方

ログイン

三菱地所株式会社は、日本の大手不動産会社である上場企業です。さまざまなグループ会社と協力し、住宅事業や設計事業などを行っている総合ディベロッパーでもあります。丸の内開発を中心としてビルの事業を展開し、特に丸の内のオフィスビルは、安定的な収入をもたらしています。このように、ビル事業に大きな強みを持っています。また、同時に海外事業にも力を入れており売上は業界トップレベルです。

いつごろ設立されたの?【歴史】

1937年に三菱地所を設立し、丸の内ビルを並びに同敷地の所有権等を譲り受けます。1945年に「八重洲ビル」、1952年には「新丸の内ビル」と次々にビルを作り上げます。1953年には株式を上場させ、その後も丸の内や都市周辺の開発を進めます。2002年には、丸の内の再開発プロジェクトの一歩として丸ビルの建替を行なったのをきっかけに、計画が進行しオフィスビル群と複合商業施設の開発から生まれた丸の内オアゾや三菱一号館美術館を開業させました。現在では、2020年のオリンピックに向け東京の新たなランドマークとなる常盤橋プロジェクトが計画されています。このように、創業時から現在にかけて街づくりを行なってきました。

どのあたりに支店があるの?【支店場所】

基本的に首都圏に多くの視点が存在し、20カ所位以上も設置されています。他には、中京圏、関西圏、広島エリアなどはそれぞれ2〜3カ所と、首都圏に比べて少なめです。このように、都市をメインとして支店を展開しています。

どんな人が方針を定めているの?【企業特徴】

吉田淳一が現在の社長です。創業当時から多岐に渡る事業によってまちづくりが進められています。特に、東京の丸の内のオフィスビルによる安定した収入は最大の強みといえます。このように、三菱地所では特にマンションディベロッパーとしての側面が強いことが特徴です。これからは、「持続成功するサステナブル・コミュニティ」を目標とし事業を行なっていきます。このように、ディベロッパーマインドが強いことがこの企業の特徴です。

やっていることってなに?【事業内容】

三菱地所は中心であるビルの開発の他に以下のように事業を展開しています。

【ビル事業】

東京丸の内エリアをはじめとし、首都圏のビジネスエリアや全国の主要地域のビルを管理・運営を行っています。また、商業施設や複合会場も取り扱っています。

【住宅事業】

分譲・注文住宅からリフォーム・仲介など消費者に対して業務を行っています。「ザ・パークハウス」や「三菱地所ホーム」などが有名です。

【投資マネジメント事業】

不動産の選定や取得から売却までの提案や助言、ファンドの運用などを行っています。ファンドの運用は日本だけではなく、世界各地で行われています。

【ホテル事業】

東京や神奈川など8カ所にある国際大型ホテル「ロイヤルパークホテル」の運営などを行っています。また、その土地にあった快適性と機能性を重視した地域密着型のホテルも運営しています。

【不動産サービス事業】

不動産の売買や賃貸の仲介、土地活用のコンサルティングを行っています。この事業によりお客様に対して住宅の提供を行っています。

【設計管理事業】

グループ会社による建築・設備・土木の設計・監理やコンサルティングなどを行っています。この事業には高い専門性を必要としています。

この他にも、情報システムの開発や海外事業によって総合ディベロッパーの役割を果たしています。ビル事業をメインとし、グローバルビジネスセンターとして世界から選ばれる街を目指して事業を行なっています。

どうして事業を展開しているの?【理由】

三菱地所は、社会のニーズや環境の変化を先取りし、真にかちある社会の実現を目的としています。このようなディベロッパーマインドのもと作り出してきたビジネスセンターのノウハウから、街に求められる空間やサービスを創造し、幾度もチャレンジし続け、より良い生活環境を整えるためにこれからも事業を展開していきます。

まとめ

三菱地所は、不動産の総合ディベロッパーといえば必ず名前が挙がる大企業です。長い間、東京のビジネスセンターを開発し、その歴史の中で蓄積されたノウハウは同業他社にはない強みとなっています。不動産業を通して街や人々の生活環境を変化させたいという志がある人にオススメの企業です。

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

CATEGORY RANKING 「企業情報」人気記事ランキング

POST RANKING 人気記事ランキング

1分間で就活!就活生向け動画マガジン動画市場