企業研究をしよう!マイクロソフトってどんな会社?

KEYWORD 記事関連キーワード

記事をお気に入り登録する

記事のお気に入りに登録

「記事のお気に入りに登録」のご利用にはログインが必要です。

会員登録がお済みでない方

無料会員登録

アカウントをお持ちの方

ログイン

いつごろに設立されたの?【歴史】

マイクロソフトの事業の源流をたどっていけば、1975年のBASICインタプリタ開発にたどりつきます。このインタプリタは、BASIC言語でプログラミングしたコードを動作させるソフトウェア。以降、共同創業者のビル・ゲイツとポール・アレンによる個人事業のような形で、世界初のパソコンを開発したMITS社とパートナーシップ経営を実施していました。1981年には株式会社として法人化。なお、マイクロソフト初となる海外進出は日本であり、1978年に設立されています。

どのあたりで設立されているの?【店舗場所】

創業期はMITS社のあるニューメキシコ州アルバカーキで事業を行なっていました。法人化の際にオフィスはワシントン州ベルビューに移転しており、今でもワシントン州の企業として法人登記されています。

どんな人が方針を定めているの?【企業特徴】

ビル・ゲイツは伝説の経営者となり、全世界に影響を与えています。いまや世界トップレベルの企業にのぼりつめたマイクロソフトですが、その特徴はビルゲイツが創業時から持ち続けたベンチャー精神ではないでしょうか。さまざまな事業に挑戦し、スピード感をもって進めていく姿勢が常にうかがえます。技術的進歩のすさまじいITの世界では、特に挑み続ける経営が必要なのかもしれません。

やっていることってなに?【事業内容】

マイクロソフトの生み出した製品・サービスは私たちの生活に根付いています。一般消費者向けだけでなく、法人向けにも力を入れているようです。具体名を出しながら事業内容を紹介して行きます。

Windows

説明するまでもないPCのOS。圧倒的シェアを誇ります。

Office

Word,Excel,PowerPointといった業務ソフトウェアたち。ビジネスマンや大学生の必需品ですね。

Surface

ハードウェアも出しています。持ち運びしやすいSurfaceはさまざまな機種がでており、タブレットPCの定番となりつつあるようです。

Xbox

ゲーム機です。持っている人は少ない気がしますが、一部コアなファンには受け入れられてる印象をもちます。

WindowsPhone

iOS,Androidに次ぐ世界シェア3位のモバイルOS。といっても、シェアは数パーセントであり苦戦しているようです。

Microsoft Azure

2010年に開始したクラウドプラットフォーム。システムをクラウド上に構築するための法人向けサービス。近年の業務システムクラウド化の波に乗って収益を伸ばしており、特に大企業向けで強みを発揮しています。

モバイル化、クラウド化に追いついていないといわれていたこともありますが、昔からの製品・サービスを拡充しつつ新たな事業にも進出し続けています。

どうして事業を展開しているのか?【理由】

マイクロソフトの企業ミッションは「世界中のすべての人々とビジネスの持つ可能性を最大限に引き出すための支援をすること」。そのための手段としてITを提供しています。実際ビジネスやプライベートで欠かせないものになっている人は多くいると思います。「マイクロソフトの歴史はITの歴史」といえるくらいのIT界の老舗企業ですが、今後も人々の生活やビジネスをかえうる変革をもたらしてくれるのではないでしょうか。

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

CATEGORY RANKING 「企業情報」人気記事ランキング

POST RANKING 人気記事ランキング

1分間で就活!就活生向け動画マガジン動画市場