企業研究をしよう!スズキってどんな会社?

従業員数15000人を超える日本の大手自動車メーカーであり、東証一部上場しています。二輪及び四輪車の世界販売台数や国内販売台数はともにトップクラスです。自動車事業を中心に技術力を養い、常に世界一のメーカーを狙い発展してきた企業です。海外事業も加速させており、特にインドでのシェア率は5割を超えています。国内自動車メーカーの中では最も歴史のある大手企業です。

いつごろに設立されたの?【歴史】

1909年に静岡県浜松で鈴木式織機製作所として創設されました。1949年には株式を上場させるなど会社を成長させていきました。1952年には、輸送用機器の生産開発を開始します。この頃に、オートバイの開発を本格化させ、数年後には四輪軽自動車にも進出しました。以降は、小型オートバイや四輪軽自動車を中心に事業を発展させていきます。その後、1970年代には、現在でも人気のあるジムニーの販売やアルトが販売され、軽自動車の分野では、30年以上の間、販売台数国内1位を誇っていました。2006年にはスイフトの開発が進みデザイン性が向上し個性的な車となりました。2009年にはフォルクスワーゲンと提携を結びましたが2015年には提携を解消しました。100年以上の歴史を持つスズキは、これまで培ってきた技術をもとに軽自動車業界で国内トップレベルの製造販売を行っています。

どのあたりで製造されたの?【店舗場所】

主に静岡県に5ヶ所、愛知県に1ヶ所の工場を保有しています。海外にも多くの工場が存在し、アメリカ、アジアやヨーロッパを中心に展開しています。軽自動車は日本独自の規格ですが、2016年度の四輪車の売り上げの7割が海外で販売されています。このように、スズキは海外にも事業を展開しているグローバルなメーカーです。

どんな人が方針を定めているの?【企業特徴】

創業者は、鈴木道雄です。消費者にとって価値のある商品の開発を目標にしています。スズキの独自の技術として「S–エネチャージ」があります。これは、加速を維持したまま燃料消費を抑えることができるため、かなりの低燃費を実現しました。また、軽自動車をメインとしているため小回りのきく車としてお客様の生活に貢献します。ジムニーやスイフトのような個性的な車が多いことも特徴です。このように、移動のしやすさや経済的に嬉しい車が多く開発されています。

やっていることって何?【事業内容】

四輪車事業、二輪車事業メインとして展開しています。四輪車事業では、軽自動車をメインとし日々開発を進め、国内で販売される軽自動車の3割以上はスズキが占めています。そして、コンパクトカーの開発によって地球環境の問題にも取り組んでいます。また二輪車事業では、幅広いカテゴリーを取り扱っており地域のニーズに合わせて販売しています。他の事業としては、マリン事業、電動車いす事業があり人々の生活を豊かにしながら社会貢献を行っています。

どうして事業を展開しているの?【理由】

スローガンの「小さなクルマ、大きな未來。」をもとに、長い歴史で培ってきた独自の技術や徹底されたポリシーにより地球に優しい車を開発していきます。また、小型で低コストのハイブリッド車の開発も進み2019年には10万台を売り上げる目標です。このように、人々の生活を助け、豊かにするための価値ある製品をお届けするために、技術開発を進め事業を展開しています。

まとめ

他の自動車メーカーとは違い、軽自動車をメインとしています。売り上げの多くは海外が占めており、非常にグローバルな会社です。最近では、ハイブリッド車の販売も進めており、日本のシェア率も高める方針です。若いうちから海外で日本の車を売りたいという人にはオススメの企業です。

大手企業は学生のナニを重要視してる?
専属のエージェントが就活を徹底サポート​!​

就活市場エージェント限定!
特別選考ルート、選考パス多数​

60秒かんたん登録でライバルに差をつけよう!

今すぐ登録!

就活市場アカウントをお持ちの方はこちら »

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

広告掲載をご検討の企業さまへ