積水ハウスってどんな会社?

積水ハウスは大手ハウスメーカーであり、積水化学工業の住宅部門から独立した会社です。初めて年間売上1兆円を達成した実績があります。また、戸建注文住宅と低層アパートの請負契約は住宅業界No.1を誇り、住宅業界で初めて累計建築戸数200万戸を達成するなど、業界初やNo1の実績を多く持つリーディングカンパニーです。他にも、メンテナンスやリフォームも多く手掛け、スマートハウス・スマートタウンの開発にも尽力しています。

このように、ハウスメーカーの中でも多くの実績を持つ積水ハウスは、これからも建築業界を担っていく企業の1つです。そんな積水ハウスの強みや特徴をご紹介していきます。

いつごろに設立されたの?【歴史】

積水ハウスは大阪府大阪市に本社を置く住宅メーカーです。

1960年積水化学工業ハウス事業部を母体とし、積水ハウス産業を資本金1億にて設立しました。その後、「積水ハウスA型」を海外へ初輸出し、翌年には「積水ハウスB型」を発表。また、同年にはメーターモジュールやアルミサッシの採用と、早くも業界初の試みを達成します。1963年に積水ハウスと商号を変更した後も、1971年には業界初のユニットバスを採用するなど、次々と実績を積み重ね、業界トップクラスのハウスメーカーへと上り詰めました。

どのあたりで設計されたの?【店舗場所】

全国各地に支店が存在しています。また、ホームページで最寄りの店舗を検索することが可能です。地域密着型であるため店舗によって特色があり、対応能力は他社に比べ早いことが特徴です。

どんな人が方針を定めているの?【企業特徴】

積水ハウス元会長は田鍋健。累計赤字を立て直した実力者であり、なおかつ社員を気にかける姿も見られたそうです。「積水ハウスと協力工事店は運命共同体。感謝の気持ちを忘れるな」これが口癖であり、現在も従業員を尊重する姿勢が企業行動指針に反映されています。

そんな積水ハウスの特徴は、軽量鉄骨や木造工法を中心に商品の種類が多く選択の幅が広いことです。また、1メートル単位毎に柱の設置が可能な「メーターモデュール」を採用しているので必要に応じて選択することができ、お客様のニーズにあわせることができます。これによって、顧客の満足と信頼を獲得することに繋がります。

やっていることって何?【事業内容】

換気システム「Airkis(エアキス)」、大臣認定の制震構システムである「SHEQAS(シーカス)」をはじめとした先進的な技術を採用し、居住性や安全性を重視したつくりの住宅を主として販売や各種建築物、開発事業の企画・設計・施工・請負及び監理を一貫して行っています。また、多くのグループ会社を持つためリフォーム、不動産、都市開発、コンサルティングなど多くの事業を手がけており、海外でも現地のニーズに合わせた事業を展開している。さらに、「まちづくり」にも力を入れ、共通部分を一体化しコミュニティ形成を図っています。このように、安心安全かつ、より良い住環境を創ることを意識し活動しています。

どうして事業を展開しているの?【理由】

企業理念である「住環境創造企業」として、社会全体の住環境に影響を与えながらサステナブルな社会の実現に貢献するためです。

積水ハウスはこれまでに自社が持つ様々な先進の技術を用いて「安全・安心・快適」を提供し続けてきました。これからは、家族や健康に重きを置き、アフターサービスやコンサルティングなどへの取り組みをさらに向上させ、より良い環境づくりに携わっていくことを目的としています。また、今後は人生100年を意識した住まいづくりを行うことが必須となるため、常に新たな視点で新しい価値を社会に提供していくことが大事でしょう。

大手企業は学生のナニを重要視してる?
専属のエージェントが就活を徹底サポート​!​

就活市場エージェント限定!
特別選考ルート、選考パス多数​

60秒かんたん登録でライバルに差をつけよう!

今すぐ登録!

就活市場アカウントをお持ちの方はこちら »

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

広告掲載をご検討の企業さまへ