就活生は見た目も大事。男性が気を付けるべき、見た目のポイント

就活生は見た目も大事。男性が気を付けるべき、見た目のポイント

これからの人生を決定づける就職活動のなかで、服装を疎かにすることはできません。人間は中身が大切ですが、残念ながら初対面の相手は、履歴書やエントリーシートなどの限られた情報しか知りません。それだけに外見で人柄を判断されがちです。

見た目で損をしないように、就活生は身だしなみには特に注意を払いましょう。おしゃれや自分らしさを服装で表現するのは、就活を終えてからの楽しみにとっておいてください。先ずは清潔感と爽やかさをアピールできるよう、就活における服装のポイントをおさえておきましょう。

第一印象は外見が決める

相手の情報が限られている初対面の場では、第一印象は大きく外見に左右されます。外見とは生まれつきの容姿などのことだけではありません。服装はもちろん、ヘアケアやスキンケアなどの身だしなみや仕草、立ち居振る舞いといったあらゆることが含まれています。

外見から良い印象を相手に与えるためには、身だしなみを整えて清潔にし、不快感を与えないことが基本です。ビジネスの場では第一印象がその後の取引などにも影響を及ぼします。一度相手に悪い印象をもたれてしまうと、それを挽回するのは容易なことではありません。服装を含めた外見を整えることで、ビジネスで大切な信用や好感を得ることにも繋がります。

男性の身だしなみの基本

ここでは男性の身だしなみマナーをご紹介していきます。先ず、髪の長さは短くし、耳は出すようにしましょう。髪を染めて就活に臨む人はいないでしょうが、既に染めているという人は暗めの色に変えておきましょう。地毛が茶色に近い人は、あえて真っ黒に染め直す必要はありません。

心配であれば誤解を与えぬよう、地毛が明るいということを履歴書などに書いておきましょう。フケや寝癖が付いていないか、整髪料をつけすぎていないかもチェックしましょう。髭のそり残し、眉毛や鼻毛が伸びていないか、歯が汚れていないか、爪は伸びすぎていないかも毎朝確認する習慣を付けてください。これらは就活のときだけではなく、社会人になってからも重要な身だしなみの項目です。

スーツとワイシャツ、ネクタイのポイント

スーツは3つボタンのシングルが好ましいでしょう。黒やネイビーなどの暗めの色を選びましょう。ボタンは2つ目までしめるようにしましょう。スラックスにはプレスをかけて、しっかりと折り目を付けましょう。

ワイシャツは白を用意します。アイロンがけが楽になるので形状記憶タイプのものがオススメです。清潔感が一番大事なので、毎日着替えられるように複数枚用意しておくと安心です。ワイシャツの襟元や袖口の汚れは特に目立つので注意してください。

ネクタイに決まりはありませんが、派手な柄は避けましょう。柄が大きいほどカジュアルになるので、柄物であればできるだけ密な柄を選びましょう。無地以外にも、ドットなどいくつか異なるタイプも用意して、結び方も自分の体形に合うものを研究しましょう。

見落としがちなポイント

見落としがちなポイントとして、靴下とベルト選びがあります。靴下はスラックスの色より濃い色を選びましょう。座ったときにすねが露出しないような、長めのタイプが良いです。

ベルトはシンプルなデザインで、靴やカバンと同系色にすると統一感が出ます。ベルト穴は中央できっちり留まる長さに調節しておきます。カバンはブランドやデザインよりも機能性を重視しましょう。黒かダーク系ならばちぐはぐにならずに済みます。リュックサックやトートバッグはカジュアル過ぎるので避けるようにしましょう。

終わりに

服装や見た目のビジネスマナーは難しいと感じるかもしれませんが、一緒に仕事をしたいと感じてもらえるような見た目を意識してみてください。安心感や信頼感を与えるような身だしなみは、社会人になってからも役立つことでしょう。

就活情報サイトが運営する
就活支援サービス

就活のプロがあなたの内定を
完全無料で徹底サポート!​​

60秒かんたん登録で
ライバルに差をつけよう!

今すぐ登録!

就活市場アカウントをお持ちの方はこちら »

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

広告掲載をご検討の企業さまへ