就活で遅れをとるな!インターンシップにふさわしい髪型のポイント

就活で遅れをとるな!インターンシップにふさわしい髪型のポイント

インターンシップ参加にあたって、第一印象はやはり重要です。その第一印象を決める上で、髪型は非常に大きなウエイトを占めます。相手に不快感を与えない、社会人としてふさわしい、そしてインターンシップにふさわしい髪型とはどのようなものなのでしょうか。今回は、インターンシップ時に好印象を与えられる髪型のポイントについてご紹介します。

清潔感のある爽やかな髪形

インターンシップ時の髪型を決める上で重要なのは、清潔感があるかどうかです。インターンシップも就活の一環と捉え、ビジネスシーンにふさわしい清潔な髪型を意識しましょう。寝ぐせやふけ、不自然な髪形に注意して、自然で好感をもてる髪型を心がけてください。

カラーは明るすぎる色を避けましょう。黒に近いブラウン系であれば、特に問題ないという職場もありますが、中には黒以外禁止という会社もあります。仕事を体験させていただく学生という身分ですから、細かく確認できないようであれば黒にしておいたほうが無難でしょう。インターンシップのときは早めに起きて、しっかりヘアセットをして職場に行きましょう。

奇抜すぎるヘアスタイルはNG

インターンシップは先輩社員と一緒に仕事を体験できる場です。周囲の先輩方に不快感や違和感を与える髪型はタブーといえます。特に接客などを行うインターンシップの場合、お客様にとっても失礼のない髪型でなければなりません。奇抜過ぎたり個性的過ぎたりする髪型は避けたほうが良いでしょう。誰が見ても爽やかで、好印象を与えられるスタイルがベストです。

インターン時の髪型ポイント、男性編

男性の場合清潔感を出そうと思うなら、やはり短めの髪型がベストです。一般企業を目指すのであれば、長い髪はカットした方が良いでしょう。前髪も目や眉にかからない方が明るい印象を与え、額が見えることで爽やかさも感じられます。ワックスやジェルでセットすることが殆どですが、整髪料の使い過ぎには要注意してください。

不自然な印象や、強い香りが出てしまうことがあり、周囲に不快感を与えるかもしれません。髪型にエアリー感を出すためにある程度、毛先を立たせるくらいのアレンジなら問題ありません。しかし毛先をアレンジしすぎて、不自然なスタイルにならないように気をつけてください。

インターン時の髪型ポイント、女性編

女性の場合、髪が肩に届くくらいの長さであれば、ゴムで結び、まとめ髪やハーフアップなどにするのが良いでしょう。ゴムやヘアピンは黒色を使い、派手なヘアアクセサリーは使わないようにします。どういうヘアアクセサリーがふさわしいか判断しにくい部分もあるので、実際に働いているインターン先の先輩をお手本にすると良いでしょう。

前髪は目にかからないよう短めにしたり、少し巻いてふんわり感を出したりと顔が隠れないよう工夫してください。前髪が長めの人は、オールバックでまとめるのも好印象です。ボブなど短めの髪型の人は、ワックスを使って耳にかけるなどして、より清潔感が出るようセットするのがベストです。髪型は大事な身だしなみの一つです。セットの仕方ひとつで、良くも悪くも印象を変えてしまうことがあるので、甘くみないで慎重に考えるようにしてください。

まとめ

インターンシップは大事なビジネスの現場です。髪形は清潔感を意識し、爽やかな印象を与えられるように工夫しましょう。髪色は黒が無難で、顔周りに髪がかからないようにすると良いです。参加するインターンシップ先の社風を事前に調べられるのであれば確認して、その場にふさわしいヘアスタイルをして行くようにしましょう。

就活情報サイトが運営する
就活支援サービス

就活のプロがあなたの内定を
完全無料で徹底サポート!​​

60秒かんたん登録で
ライバルに差をつけよう!

今すぐ登録!

就活市場アカウントをお持ちの方はこちら »

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

広告掲載をご検討の企業さまへ