インターンシップの志望動機を書くのに気を付けたい敬語表現

KEYWORD 記事関連キーワード

記事をお気に入り登録する

記事のお気に入りに登録

「記事のお気に入りに登録」のご利用にはログインが必要です。

会員登録がお済みでない方

無料会員登録

アカウントをお持ちの方

ログイン

ESをラクの作成!

アルバイト経験のある学生の方や、第二新卒の方であれば実際に志望動機や応募書類の作成経験があると思います。当然書類の中では敬語を使うことになりますし、実際の面接でも敬語表現が重要になります。しかし使いこなすのが中々難しいのが日本語です。

例えば、応募する人が用いるべきなのは「弊社」と「御社」「貴社」のいずれであるかを理解できたとしても、「御社」と「貴社」の使い分けまでは知らない方も多いのではないでしょうか?不自然な日本語で書かれた志望動機になってしまわないように、間違えやすい敬語を事前に把握しておきましょう。

敬語の基本。尊敬語・丁寧語・謙譲語

そもそも日本語の敬語表現には、目上の人の動作を表現する尊敬語、目上の人と話す際に使用する丁寧語、自分や自分の身内の動作を控えめに表現する謙譲語と呼ばれるものがあります。

「言う」という表現には、尊敬語の「おっしゃる」謙譲語の「申し上げる」丁寧語の「言います」・「申し上げます」の3通り、4つの表現があります。同様に「来る」という表現には尊敬語の「いらっしゃる」・「おいでになる」謙譲語の「参る」丁寧語の「来ます」の表現があります。

丁寧語は比較的簡単ですが、尊敬語や謙譲語はいくつか主要な表現を丸暗記して慣れるのがいいでしょう。尊敬語と謙譲語を使い分けるポイントは「誰の動作か」です。加えて注意したいのが、状況に応じて「身内」の範囲が異なることです。

企業内部での会話なら、一般的に社長や副社長のように高い役職にある人を敬い、その行為には尊敬語を用います。これに対し、企業外部の人と会話するときには、社長であっても同じ企業に属する人間として身内にあたりますので、その行為には謙譲語を用います。

「存じていましたか?」は敬語表現ではない

1705_2_39 (2)

インターンシップの志望動機で間違えてしまうと恥ずかしい語句の1つに「存じる」があります。「存じる」とは「思う」「知る」の敬語表現で、「私もそのように存じます(思います)」「ご存知(知っている)のように」などと使用します。例文を見てもらえばわかる通り、「存じる」は「ご」の有無によって尊敬語か謙譲語かが異なる語句です。

「存じる」の言葉だけで尊敬語か謙譲語かが使い分けられるわけではありません。これまであまり使い慣れていなかった方には使い分けが難しいかもしれませんが、「私はご存知です」「あなたも存じていましたか」などと誤って使わないようにしてください。

「御社」、「貴社」の使い分けとは?

「御社(おんしゃ)」「貴社(きしゃ)」はいずれもインターンシップ先の企業を敬う表現です。意味合い的には似ているため、御社と貴社を誤って使ってしまったとしても、それだけで大幅な減点を受けることは少ないでしょう。しかし正しい使い方ができるに越したことはありません。「御社」「貴社」の使い分けは話し言葉(口語)か書き言葉(文語)かの点にあります。

面接など会話のときには「御社」を使い、エントリーシートなど書類作成やメールの時には「貴社」を使います。貴社には記者や汽車、帰社のように同音異義語が多く、話し言葉だと聞き間違えてしまうからだといわれています。御社にも恩赦という同音異義語があることから、文脈によって判別できるのではないかと感じられるかもしれませんが、相手に違和感を抱かせないように正しく使い分けましょう。

二重敬語にも気をつける

1705_2_39 (3)

志望動機の末尾に「是非貴社に伺わせていただきたいと思っています」などと記載する方がいたとします。しかし、この「伺わせていただく」の表現には「伺う」と「いただく」の2つの敬語表現が混じっており、日本語としては誤った使い方です。

正しい表現は「ぜひ貴社に伺って、インターンシップの経験を積みたいと考えています」などです。そのほかの二重敬語の例としては「おっしゃられる」「お越しになられる」「ご覧になられる」があり、それぞれ「おっしゃる」「お越しになる」「ご覧になる」が正しい表現です。尊敬語に「られる」をつけると二重敬語になるので気を付けてください。

終わりに

インターンシップは就職活動の一種で、インターンシップの後には本格的な就活が始まり、卒業後は実際にどこかの企業で就職することになるでしょう。どんな環境、企業で働くとしても社会人になったら敬語を使いこなせなければいけないので、今のうちから覚えておきましょう。特にエントリーシートに志望動機を書く段階なら、何度でも書き直しができるので、しっかりと調べてから作成してみてください。

就活市場公式LINEアカウント 友だち登録はこちらから

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

CATEGORY RANKING 「ビジネスマナー」人気記事ランキング

POST RANKING 人気記事ランキング

ESをラクの作成!