外資系のインターンシップ応募。志望動機はどう書けばいい?

KEYWORD 記事関連キーワード

記事をお気に入り登録する

記事のお気に入りに登録

「記事のお気に入りに登録」のご利用にはログインが必要です。

会員登録がお済みでない方

無料会員登録

アカウントをお持ちの方

ログイン

外資系企業のインターンを志望する場合、どのように志望動機を書けば良いのか悩んでいる学生は多いと思います。しかし外資系企業といっても金融系、IT系、メーカーなど様々な業界が存在し、本社所在地や会社の規模も異なります。

外資系だからこのようにすればインターンシップの選考に通るという完全なノウハウは、残念ながら存在しません。それでも、インターンシップに応募してみたいと考えたときに押さえておきたい応募書類のポイントというのはあります。今回はその中の一つ、志望動機についてご紹介していきます。

会社の企業文化や歴史を理解しておく

外資系の企業は採用の選考方法がユニークであったり、会社の雰囲気やカルチャーにおいてもそれぞれの個性がハッキリとしていたりする傾向にあります。会社ごとにどのような人物を採用したいのかというのも、比較的明確だと言えます。

業務内容や取引先、業績だけでなくどのようにその会社が設立されたのかという経緯や、発展に至るまでの紆余曲折も調べてみましょう。会社の歴史や文化を深く理解をしておくことで、志望動機も書きやすくなるでしょう。志望動機を記入する際には、その企業にどのように貢献できるかも付け加えるようにしてください。

志望動機で気をつけたいポイント

1705_1_114(2)

インターンシップに応募するときには、面接で志望動機を聞かれることを想定し、あらかじめ応募書類に記載します。特に新卒の方や社会人経験が少ない方の場合には、会社が重視するのは応募者の将来的な可能性です。志望動機はどの会社でも同じでいいだろうと手を抜かず、真剣に考えてみてください。志望動機を書くときに気をつけておきたいポイントはいくつかあります。

先ずしっかり自分で考えて、自分の言葉で書かれていること。これには入念な自己分析と企業分析が不可欠です。そして誰が読んでも分かりやすいことも心がけましょう。採用担当者は志望動機も含め、応募者の論理的思考力をチェックしています。特に外資系の企業では、明確でロジカルな表現が好まれる傾向にあるので、まわりくどくならないように気をつけましょう。

伝えたいことを明確にする

志望動機は一つ間違えてしまうと、それだけで応募者の印象が悪くなる可能性があります。特に気をつけておきたいのは、誰に何を伝えたいのかを明確にしておくことです。応募先の会社の商品に昔から思い入れがあり、好きなのでインターンシップに応募したいという希望があった場合を考えてみましょう。

志望動機が商品に対する賞賛だけで終わってしまったら、採用する側も熱意は伝わるけれど、この会社で何をしたいのだろうと疑問を抱いてしまいます。会社の商品に関心が高いのは悪いことではないのですが、プラスしてその会社に自分が貢献できることを志望動機に記載するという意識を持つことが大切です。

インターンシップは採用に直結することも

1705_1_114(3)

内定獲得のためには、インターンシップへの参加を必須としている外資系企業も存在します。そういう会社だと、インターンシップの選考に落ちてしまった時点で、それ以降の選考に進むことができなくなり、志望する会社に就職する可能性が早い段階で潰えてしまいます。最初の入口として、インターンシップ応募時の志望動機はしっかり作成しておく必要があります。

書類だけではなく、内部のネットワーク作りも重要です。OBやOGがいるのであれば、積極的に訪問して話を聞いてみましょう。志望動機を書くのにイメージが湧きやすくなるだけでなく、紹介や推薦により、希望する会社のインターンシップ参加に有利に働くことがあります。

終わりに

インターンシップに応募すると会社の雰囲気も分かり、内定にも繋がることがあります。ベストな志望動機を書くために、会社をしっかり調べてください。ギリギリになって慌てて準備をするのではなく、時間に余裕をもって動き出すようにしましょう。

就活市場でしか手に入らない
マル秘お役立ちブック!
  • 就活市場が教える様々な業界の"リアル"
  • 例文付きの正しいエントリーシートの書き方

などなど、ここでしか手に入らない就活市場限定のオリジナルブックを今すぐダウンロードしよう!

今すぐ無料ダウンロード

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

CATEGORY RANKING 「インターンシップ」人気記事ランキング

POST RANKING 人気記事ランキング

広告掲載をご検討の企業さまへ