面接に不安を感じてしまう。面接の流れや対策、ポイントは?

KEYWORD 記事関連キーワード

記事をお気に入り登録する

記事のお気に入りに登録

「記事のお気に入りに登録」のご利用にはログインが必要です。

会員登録がお済みでない方

無料会員登録

アカウントをお持ちの方

ログイン

面接に関して不安を抱いている学生は多いでしょう。特に面接官を前にすると、緊張して上手く話せなくなることに悩んでいる人が大勢います。一口に面接といっても、色々な種類が存在します。それぞれの特徴を把握しておかないと、好印象を与える受け答えをするのは難しいです。そこで今回は、まず面接で上手く話すためのコツや、面接の種類ごとの特徴や注意点なども説明します。

緊張せずに上手く話すには?

最初は緊張した状態で何かを始めても、いつのまにか緊張が解けていた経験はないでしょうか。それは失敗を恐れて緊張していた場合でも、順調に物事が進むにつれて自信が出てくるからです。面接も同様です。最初の受け答えを上手に行えると、緊張が和らいでいくでしょう。就活面接で最初に求められるのは、自己紹介や志望動機です。これらを述べた後に、その内容を軸として質問が展開していくことが多いです。自己紹介と志望動機を上手く言えると、その後もスムーズに答えられる可能性が高まります。

また、緊張を恐れないことも重要です。どれだけ面接に慣れている人でも、多少は緊張するものです。初めて就活に臨む学生であれば、尚更そうでしょう。面接官もそのことは理解しており、学生が緊張しているからと言って、マイナスの評価を下すようなことはありません。「緊張しても問題ない」と自分に言い聞かせて臨んでください。

一次面接・二次面接で確認されること

1705_1_99 (2)

一次面接は書類選考を通過した学生が最初に受ける面接です。書類だけでは分からないことを確かめるのが主な目的となります。社会人になるためのベースができていない人は、この時点で振るい落とされることになるでしょう。ここで聞かれるのは単純なことが中心なので、しっかりと自己分析をしていれば、難しさを感じることはないでしょう。

二次面接ではもう一歩踏み込んで、採用することで企業にメリットがあるかどうかを企業は判断します。採用担当者として、人事担当者以外に専門分野の先輩社員が参加することも多いです。例えばIT企業の面接でエンジニアを志望しているのであれば、現場で既に働いている先輩エンジニアが参加することがあります。応募している職種に対する適性や、配属予定の職場との相性などを見極めるのも二次面接の目的です。より細かく見て判断する企業の場合は、最終面接前に三次面接や四次面接などがあります。

集団面接のポイントと対策

個別面接の対策は万全なのに、集団面接の対策は不十分であるケースもあります。集団面接は面接官にとって、多くの学生を比較しやすい状況です。上手く答えたつもりでも、他の学生がより上手に答えると、低く評価されてしまいます。相対的に判断されるので、回答をより慎重に行う必要があります。

他の学生の受け答えを聞くことになりますし、自分の受け答えを他の学生に聞かせることにもなります。そのため自分を他者より良く見せるための駆け引きが生まれます。対策を行うときは想像力を働かせて、多様な状況をシミュレーションしておかなければなりません。

最終面接でも油断は大敵

1705_1_99 (3)

最終面接に進んだ段階で、採用がほぼ確定しているイメージをもっている人も多いでしょう。面接の場では、入社の意思を示せば、それだけで採用が確定すると思っていないでしょうか。実際には入社の意思を示しても落とされる人は珍しくありません。

言葉とは裏腹に、熱意を感じられない場合などは特にそうです。最終面接ではキャリアプランについて質問されることが多いですが、そういった部分が甘いと、入社後のことを真剣に考えていないと認識されかねません。改めて志望動機を確認されることも多いですが、一次面接・二次面接などで答えたときより、掘り下げて具体的に述べることを意識してみてください。

終わりに

面接対策に多くの時間を費やす学生は少なくないでしょう。しかし、闇雲に練習をしているだけでは、面接で満足する成果を出すのは難しいです。今回紹介した内容を参考にして、ぜひ効果的な面接対策を行ってください。

就活市場でしか手に入らない
マル秘お役立ちブック!
  • 就活市場が教える様々な業界の"リアル"
  • 例文付きの正しいエントリーシートの書き方

などなど、ここでしか手に入らない就活市場限定のオリジナルブックを今すぐダウンロードしよう!

今すぐ無料ダウンロード

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

CATEGORY RANKING 「面接」人気記事ランキング

POST RANKING 人気記事ランキング

20卒向け就活市場公式LINEアカウント