新卒にマストな就活サイト!サイト利用以外の就活方法も

KEYWORD 記事関連キーワード

記事をお気に入り登録する

記事のお気に入りに登録

「記事のお気に入りに登録」のご利用にはログインが必要です。

会員登録がお済みでない方

無料会員登録

アカウントをお持ちの方

ログイン

就活をしている皆さんは、どんな就活サイトを利用していますか?年々新卒者の内定率は上がっていると言われていますが、それも努力と情報があってこそのことです。就活は情報戦です。特に人気企業はその傾向は強く、どの就活サイトを利用しているか、うまく活用できているかが就活の明暗を分けると言っても過言ではありません。

最近は就活サイトにも沢山の種類があります。ただ登録をしているだけでは、サイトを有効に利用できているとは言えません。就活サイトの種類、サイトの特徴、そのサイトに向いている人とそうでない人について説明します。

圧倒的な情報量の総合サイト

就活を始めるときに、まず登録をオススメしたいのは、リクナビやマイナビのような総合型就職サイトです。総合型就職サイトには大手企業の求人が多く、企業に関する情報、就活に関する一般的な知識を手に入れることができます。

就職活動をする学生が一番多く利用しているのも、この総合型就職サイトです。初めての就活で何をすればいいのかわからない人や、普遍的な情報を仕入れておきたい人にはオススメです。多くの情報を入手できる総合型サイトですが、デメリットは利用者が多いことです。ライバルも大勢いるので、競争率を下げて自分に有利な戦いをするためには、中小企業の求人が中心になっているようなマイナーサイトを併用するのが有効です。

逆指名型の就活サイト

1705_1_180(2)

一般的な就活サイトは求職者が企業にエントリーしますが、企業からの逆指名を受けることのできる就活サイトもあります。「キミスカ」や「ニクリーチ」などのサイトでは、自分のプロフィールを公開すると企業からオファーが届くことがあります。

中小企業に就職したい人には、「ビズキャン」がオススメです。総合サイトに掲載されている企業は多くの学生から応募が殺到するので、応募数を増やさなければ内定をもらえないことも多いですが、逆指名サイトを利用すれば内定の可能性の高い企業に絞って就活ができます。自分がどう見られているかを知ることもでき、自分がターゲットにしていなかった企業との出会いも期待できるでしょう。

志望業界が決まっているなら業界特化型

志望する業界が決まっている人の場合は、業界特化型のサイトを利用するのがオススメです。総合型のサイトに比べて密度の高い情報や、サービスを得ることができるのがメリットです。

マスメディアを志望する人のための「マスナビ」、外資系特化型の「外資就活ドットコム」、理系新卒向けの「理系ナビ」といったサイトが業界特化型サイトの一例です。業界が絞られているので、それぞれのサイトの求人数は少ないものの、新卒採用にあまり力を入れていない企業が見つかることもあります。将来の方向性が決まっているのであれば、積極的に利用してみましょう。

就活エージェントの利用も有効

就活をトータルにサポートしてくれる就職エージェントの利用もオススメです。求職者と企業の間に入って、キャリア相談や求人紹介、書類添削、面接サポートなどをプロのコンサルタントが行ってくれます。大学の就職支援課でも役立つ情報は得られますが、エージェントは情報量が違います。

応募先の企業では合否の理由を答えてくれることはなかなかありませんが、エージェントなら答えてくれることもあります。特に客観的な意見やアドバイスをもらいたいときに、利用してみてください。

終わりに

就活サイトにはさまざまなものがありますが、見逃せないのは大学に直接やってくる求人票です。求人を出しているのは就活サイトに登録している企業だけではありません。広告費や専任の採用担当を配置するほどの余裕がない企業、採用人数の少ない企業の中にも優良企業はあります。どの会社に就職したいかということよりも、どんな働き方をしたいかを考えてみることから就活を始めると、満足度の高い就活ができるでしょう。

内定が欲しい方へ
就活市場会員限定の特典
  1. 1.大手企業内定者推薦、就活の攻略資料プレゼント
  2. 2.内定率92%の、就活アドバイザーが徹底サポート
  3. 3.特別選考ルートのイベント情報を提供!その他多数

会員登録で内定に近づく
(無料)

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

広告掲載をご検討の企業さまへ