新卒要チェック!就活における自己分析のメリットを解説

KEYWORD 記事関連キーワード

記事をお気に入り登録する

記事のお気に入りに登録

「記事のお気に入りに登録」のご利用にはログインが必要です。

会員登録がお済みでない方

無料会員登録

アカウントをお持ちの方

ログイン

就活を始めると、自己分析の大切さをよく耳にするようになります。実際自己分析を適切に行うと、就活において大きな効果が得られます。しかし自己分析の意味をよく知らずに漠然と行っている人も多いのではないでしょうか。間違った自己分析を行うと、メリットを得られないどころか、企業選びを間違うなどのデメリットが生じてしまいます。そこで今回は、自己分析にはどのような効果があるのかを解説して、実施する際のポイントについても紹介します。

自己分析のメリット

1705_1_67 (3)

自分の過去を振り返る自己分析によって、学生は自分に適した企業や業界を探しやすくなります。最初に行っておくことで、就活を円滑に始められるでしょう。働き始めてから適性がないと気づいて、後悔することも少なくなるはずです。企業に自分のことを説明する際にも、自己分析で得た結果は効果を発揮します。

企業は応募者がどのような人物であるかを把握しなければなりません。そもそも自分のことを上手く説明できない人物は、評価の対象外になってしまいます。履歴書やエントリーシートといった書類には、性格や強みなどの欄がありますが、自己分析を行うことで適切な内容を記入できるようになるでしょう。このように、自己分析には多くのメリットがあるのです。

自己分析の方法

自己分析を行う際には、学生時代に頑張った経験や、真剣に取り組んだ内容を棚卸ししましょう。時系列で挙げていって、自分の年表を作成します。ポイントは取捨選択をしないことです。アピールできそうにないことであっても、リストアップしていきます。できあがった年表を見ると、自分にどのような傾向があるのかが分かると思います。

複数の事柄に共通するパターンを見つけると、長所や短所を把握するヒントにもなりやすいです。大切なのは抽象的に把握するのではく、具体的な言葉に置き換えることです。エニアグラムやジョハリの窓など、自己分析を効率的に行う方法もいくつか存在するので、上手くできない人は最初にそれらの方法を試してみても良いかもしれません。

article051

思い込みがないかチェックする

自己分析を行うときは思い込みを排除しなければなりません。企業を意識した自己分析を行っても就活では役に立ちません。昔からの思い込みにも気をつける必要があります。

人は多かれ少なかれ自分に対する思い込みがあります。幼い頃に引っ込み思案と言われ続けた人は、成長後も自分はそうであると思っている場合があります。しかし実際には、大人になるにつれて性格が変わるケースは珍しくありません。

そのような誤った思い込みを自己分析のベースにしないように注意しましょう。自分が知らない自分、勘違いしていた自分を見極めるには他己分析も有効なので、データが不十分だと思う場合には試してみてください。

短所探しにならないようにする

精神状態をフラットにして実施することも、自己分析を行う上では大切です。マイナス思考の状態で行うと、短所にばかり目がいってしまいます。就活が順調に進まないと自己嫌悪に陥るケースも少なくありません。そのような精神状態で自己分析を行うと、実際より悪いセルフイメージができあがりやすいです。

そうなると悪い結果を見て、さらに落ち込むという負の連鎖が生じてしまいます。自己分析を実施するときは、短所ばかり注目しないように気分をリセットしましょう。それでも短所に目がいってしまうなら、ポジティブな言葉に置き換えるのがおすすめです。「消極的」の場合は「冷静沈着」、などと表現しましょう。

終わりに

初めて自己分析を行うとき、難しさを感じるかもしれませんが、要領を掴めればそんなことはありません。結果が正しくないと感じた場合はやり直してみるのも良いですし、十分なデータが出なければ別の方法を試みても良いでしょう。今回紹介したポイントや注意点を参考にしつつ、正しい自己分析を行ってみてください。

内定が欲しい方へ
就活市場会員限定の特典
  1. 1.大手企業内定者推薦、就活の攻略資料プレゼント
  2. 2.内定率92%の、就活アドバイザーが徹底サポート
  3. 3.特別選考ルートのイベント情報を提供!その他多数

会員登録で内定に近づく
(無料)

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

広告掲載をご検討の企業さまへ