参加することで就活が有利に。インターンシップのメリット

KEYWORD 記事関連キーワード

記事をお気に入り登録する

記事のお気に入りに登録

「記事のお気に入りに登録」のご利用にはログインが必要です。

会員登録がお済みでない方

無料会員登録

アカウントをお持ちの方

ログイン

就職前に企業の仕事を実際に体験するインターンシップ。この制度を取り入れる企業が近年は増えています。大学の掲示板やインターネットなどで募集を見かけたことがある人も多いでしょう。有名企業のインターンシップは人気があり、応募者が殺到することも珍しくありません。しかし参加するメリットがよく分からずに、応募を躊躇している人もいるのではないでしょうか。そこで今回は、インターンシップに参加することで得られるメリットについて紹介します。

企業への理解度が大幅にアップ

企業や業界の実情は、就職活動の段階では十分知ることができません。しかしインターンシップに参加すれば、それらの理解度を大きく向上させられます。仕事の進め方や職場の設備など、インターネットや書籍には載っていない情報を得られるのです。世間話をしているときに、思わぬ情報が得られることも珍しくありません。

社風や職場の雰囲気に関しては、口コミのサイトなどに載っていることがありますが、それらには主観が含まれるので自分にも当てはまるとは限りません。インターシップでは、そのような実情も自分の体験として確かめられます。こういったリアルな情報は、その企業が自分に適しているのかを判断する上で有効な材料になるでしょう。

説明会などでは企業側に有利な情報が話されますが、インターンではそうはいきません。自分に適性のある仕事なのかを知ると共に、企業が見せようとしている姿と実情のギャップを体感することができるでしょう。

内定に繋がる可能性もある

インターンシップは参加者だけでなく、企業にとっても大きなメリットがあります。有能な人材を早い時期に見つけ、他社より早く確保することは企業の発展に繋がります。有能だと判断した場合は、インターンシップ完了後に内定を出す企業も存在するそうです。これらの企業では、インターシップが採用選考を兼ねているといえるでしょう。

内定まで行かずとも、筆記試験やグループ面接を免除したりするなど、インターンシップの参加者を優遇する企業は少なくありません。参加者を中心に採用する方針の企業もあるなど、公言されてはいませんが、内定とインターンには大きな結びつきがあります。

その他に、実際に就業体験をした以外の企業からも内定が出やすくなるケースがあります。インターンシップは競争率が高いことが多く、他社であっても参加したことを評価してくれることがあるからです。

採用選考プロセスを把握できる

エントリーシートや面接など、採用選考にはいくつかのプロセスがあります。就職活動未経験の人は、そのプロセスがよく分からないでしょう。しかしインターンシップを経験すれば、それを把握できるようになります。インターンシップの選考と採用選考のプロセスは共通点が多いため、採用選考のイメージを掴めるはずです。

インターン選考に参加した人は、予行練習を行った状態と言えるので、他の就職志望者より具体的な対策を行えるのもメリットです。インターンシップの選考で重点的に質問された内容を思い出せば、採用選考のポイントや、自分の課題なども見えてきます。

終わりに

今回紹介したメリットの他にも、具体的な志望動機を考えられるというメリットもあります。志望する企業について、インターネットや書籍から得た知識しかないと、他の応募者でも思いつくような志望動機しか考えられません。どの企業に対しても使えるような抽象的な志望動機になることも多いでしょう。インターンシップを経験していれば、具体性のある志望動機を考えられるようになります。加えてインターンシップの感想なども盛り込めば、採用担当者に好印象を与えられるかもしれません。今回紹介したように、インターンシップには沢山のメリットがあります。就職活動を有利に進めたい人は、参加を検討してみてはいかがでしょうか。

就活市場でしか手に入らない
マル秘お役立ちブック!
  • 就活市場が教える様々な業界の"リアル"
  • 例文付きの正しいエントリーシートの書き方

などなど、ここでしか手に入らない就活市場限定のオリジナルブックを今すぐダウンロードしよう!

今すぐ無料ダウンロード

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

CATEGORY RANKING 「インターンシップ」人気記事ランキング

POST RANKING 人気記事ランキング

20卒向け就活市場公式LINEアカウント