インターンシップに適した服装が分からない!迷った際のポイント

KEYWORD 記事関連キーワード

記事をお気に入り登録する

記事のお気に入りに登録

「記事のお気に入りに登録」のご利用にはログインが必要です。

会員登録がお済みでない方

無料会員登録

アカウントをお持ちの方

ログイン

インターンシップへの参加が決まったとき、困ってしまうのが、どんな服装を着るべきか、ということでしょう。スーツを指定されている場合には簡単ですが、服装に指定がない場合には混乱してしまいますよね。

しかし特に指定がないからといって、自分の判断でどんな格好をしていってもいいというわけではありません。インターン本番で恥をかかないため、ビジネスの場であるということをしっかりと押さえた服装選びのポイントをご紹介します。

自分の判断を疑ってみる

4_2

企業を訪れる側も、それを受け入れる側もどんな相手なのか気になってしまうものです。その際服装などの見た目が与える印象はそれなりに大きな意味を持っているということを理解しましょう。

インターンとは言え社会人と混ざって仕事をすることになりますから、自分の判断だけで服装を選んでしまうのはマイナス評価を生み出す原因にもなるでしょう。自分の中で思い浮かべた服装をもとに、そこから判断を重ねていく作業が大切になってきます。企業のホームページを見たり、OB・OG訪問をしたりして志望する企業や業界がどんな服装や人物を求めているのかを探っていくことが重要です。

業界や職種によって求められる服装は異なる

一口に正しい服装といっても、志望する業界や企業、職種によって異なる部分があります。アパレル業界であれば個性を表した服装も許容されますが、その他の業界では私服で出向くのは基本的に避けたほうが無難です。

「服装自由」という記載を鵜呑みにしてしまって、いざインターンシップやセミナーに私服で参加したら、周りはみんなスーツだったということも珍しくありません。企業側の人間と接触をする機会であれば、ビジネスマナーの面から見ても、スーツで出向くのが無難です。「私服でお越しください」といった記載がある場合は、オフィスカジュアルを意識した格好を心がけましょう。

カジュアルな格好で参加したい場合

4_3

ビジネスの場において、デニムやスウェットなどラフな格好はいけませんが、業務内容によっては絶対にスーツでなければいけないとも限りません。大切なことは、どんな服装であれ自分なりの説明ができるかどうかということです。企業の担当者から、なぜその服装なのか尋ねられたときに、しっかりと答えられる服装選びをしましょう。

周りの参加者がスーツであることを見越して、あえてカジュアルな服装で出向くならばそれなりの理由が必要になります。ただ、服装で個性を表現するのはあまり良い作戦とは言えません。指定がない場合は基本的にはスーツで参加し、どうしてもスーツが嫌ならば、オフィスカジュアルに切り替えていきましょう。ただしその際にも、事前に企業側の担当者や直属の上司に確認をしておくと、余計なトラブルを避けられるでしょう。

インターンシップやセミナーに参加する人たちは、あくまで企業側から受け入れられる存在でなければなりません。参加者の服装が、あまりにも社風とかけ離れてしまっては、インターンシップを断られてしまうこともあるでしょう。むやみに自分の評価を下げてしまっても、何のメリットもありません。外さない服装選びをするためにも、事前準備と事前確認が重要になってきます。

終わりに

服装に悩んだとき、判断基準の一つとなるのが参加する企業の担当者の服装です。どうしても服装が決まらない場合には、担当者の服装に合わせてみてください。企業のホームページを見たり、配布物に目を通したりすることでも雰囲気を掴めるかもしれません。自分の判断だけに頼るのではなく、企業側の視点で物事を考える癖を身につけましょう。

内定が欲しい人以外は見ないでください
  • 就職活動の攻略本「就活ハウツー本」
  • 先輩の体験談も盛りだくさん「就活ストーリー」
  • 内定率は驚異の92%!「就活アドバイザー」
  • 5分で作れる「かんたん履歴書メーカー」
  • あッという間に内定GET「就活市場エントリー」
  • イベント参加で有利に就活「就活市場イベント」
  • あとで読み返したい記事は「お気に入り登録!」

今すぐ確認する!

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

広告掲載をご検討の企業さまへ