やりたい仕事が見つからなくても大丈夫。面接をクリアするコツとは

学生のうちに自然とやりたい仕事が見つかるだろう。そんなふうに、真剣に考えずに学生生活を送ってきた人は多いと思います。いつの間にか時間が過ぎ、気づけば就職活動のシーズンになってもやりたい仕事が見つからない。

とりあえずエントリーはしたものの内定をもらえるか不安。そんな人も多くいることでしょう。しかしそれでは手遅れですし、社会に出てから職場や仕事に不満を抱く確率が高くなってしまいます。そうならないために今回は、やりたい仕事がなくても内定をもらうためにするべきことをご紹介します。

やりたい仕事でなくとも内定はとれる

正直に言ってしまえば、やりたい仕事がなくとも内定を獲得することは可能です。早い話、今社会に出て働いているすべての人がやりたい仕事に就いているとは限らないからです。

とりあえず就職しなければ。生活のために働かなければ。目標のためではなく、最低限の生活のために仕事に就く人は大勢いるのです。せっかく内定をもらってもなんだか違うと思って辞退する人もいます。そのような人たちでも内定をもらって働いているわけですから、立派な目標がなくても、やりたいことがなくても、それはさほど大きな問題ではありません。

逆にやりたい仕事にこだわりすぎて、内定をとるのが難しくなるケースも存在します。やりたい仕事が見つからなかったり決まらなかったりする人は、気軽な気持ちでも構わないので、先ず大まかに志望する業界だけでも決めてみてください。

面接では芯の通ったことを話す

本当にやりたい仕事でなくても内定をとるためには、エントリーシートに書く内容や面接で話す内容にブレが生じていないことが大切です。仕事に対する魅力ややりがいを見つけて、それに対して自分がどのように考えているか、どんなふうに働いていきたいかなどを伝える必要があります。

そのためには業界研究や企業研究が欠かせません。やりたいことがなくて何にも身が入らない、というのでは当然内定をもらうことはできません。先ず志望する業界、エントリーする企業を見つけて徹底的に研究しましょう。志望動機は後付でも問題ありませんから、無理にやりたい仕事を見つける必要もないのです。

やりたい仕事を見つけるためには

いくらやりたい仕事がなくてもいいとは言え、できれば興味のある仕事を見つけ出したいですよね。以下の方法は、やりたい仕事を探す際のヒントになるかもしれません。

  • 自分の趣味、夢中になれること、なれた瞬間を考えてみる
  • 診断やツールなども使い、自己分析を徹底的に行う
  • 就活支援サイトなどの適職診断を受ける
  • 「やりたくない」などの否定から消去法で探す
  • 希望条件をリストアップしてみる
  • アルバイト経験などを参考にする

自己分析や適職診断などをして、自分に合った仕事を探したり、「やりたい」というプラスの感情だけでなく、この仕事は「やりたくない」といったマイナスな感情からいくつかの仕事を排除したりして探すのもいい方法です。

OB・OG訪問をして生の声を取り入れよう

ネットや本などから情報を仕入れるばかりでは、いまいち働くということ自体に実感が湧かないかもしれません。そんなときは会社説明会、あるいはセミナーに参加するのも一つの方法です。

もっとリアルな意見や話を聞きたいという人はOB・OG訪問がオススメです。実際に働いている人の意見を取り入れることで、仕事に対する具体的な姿や、自分自身の目標が見えてくることもあります。OB・OG訪問をして魅力や興味を感じたら、どうして興味が湧いたのか、どんなところに魅力を感じたのかを深掘りしていくことで志望動機を考えることができます。

終わりに

目標や夢がないとダメなのではないかと思ってしまう人もいるかもしれませんが、決してそんなことはありません。一度就職したら、その仕事を辞めてはいけないというルールはないですし、仕事以外に楽しみや目標を見出してもいいのです。やりたい仕事がなくても内定をとれるよう、自身ができる努力をしていきましょう。

面接が不安?面接に受からない?ウカル面接対策、教えます。​​

就活のプロがあなたの
内定を叶えます!

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

広告掲載をご検討の企業さまへ