就活で辛い時に応援ソング聴くのって結構辛くないですか?

ライターの若大将と言います。念のため言っておきますと、ジョージクルーニーには似ていません。

初っ端からいきなりネガティブな話をするようで申し訳ないのですが、就活をしていると落ち込むことってたくさんありますよね。第一志望から早々にお祈りされてしまったり、うっかり会場を間違えて選考に遅刻してしまったり、いい企業を見つけたと思ったらすでに募集は終了していたり、そんなことを挙げていったら本当にキリがありません。

就活では選考を通過するため、さまざまな対策を行うことが大切ですが、同時にネガティブな気分からどうやって抜け出すか、も非常に大切です。いつまでも落ち込んでいては、最高のパフォーマンスは発揮できませんし、そこから前に進むこともできません。よって、就活生は選考対策のみならず、ネガティブな気分を明るくしてくれる、いわば「やる気スイッチ」のようなものを持っておくべきでしょう。

どんなものがこの「やる気スイッチ」になるかは、人それぞれあるでしょうが、一般的によく言われるのが「音楽」です。みなさんも、落ち込んだ時にポジティブな応援ソングを聞くことで元気になったという経験があるのではないしょうか?

前向きな曲を聴きたくないときだってある

元気を出すために明るい曲を聴こう、というのは世の中的にも一般的なことらしく、Googleで検索をかけてみても出てくるページにはウルフルズの「ガッツだぜ!!」やWANIMAの「やってみよう」といった明るい曲を紹介しているページが多いです。

しかし、私はこの風潮に異論を唱えたい。

世間では「働いて笑おう」や「君の全てが君の強みだ」など、前向きなコピーが飛び交っていますが、就活生には時にそんな美辞麗句ばかりではやっていられない時だってあるのです。

働いて笑いたいと思うからこそ、全身全霊で向かっていった試練に顔面をぶん殴られて膝から崩れ落ち、矢吹ジョー顔負けの立派な灰になるのです。しかし、そんな時でも、聞こえてくるのは善意の名の下、千尋の谷に我が子を突き落とすライオンの如く、崖下に向かってむやみやたらと背中を押してくる応援ソング。押すなよ、絶対押すなよ、マジで押すなって、死んじゃうから。

ともあれ、時に、傷ついた就活生にとって応援ソングの明るさやパワーは、傷口に塩を塗るかのようにありがた迷惑なものであり、できることなら聴きたくないと思うものです。

前向きすぎない、奥ゆかしい応援ソングを紹介

だからこそ、今回の記事ではそんな「崖っぷちに立たされたネガティブ就活生」の皆さんに向け、強引に背中を押すわけでもなく、熱苦しく励ますわけでもなく、決してギンギラギンではないさりげなさを持って、後ろからそっと抱きしめてくれるような、そんな奥ゆかしい応援ソングを一曲だけ、紹介させていただきたいと思います。

さりげなくて奥ゆかしい応援ソング

私が最も推薦する応援ソングがこの「スネ夫が自慢話をするときに流れてる曲」です。応援ソングと言いながら、まさかのインスト曲ですが、あえてボーカルのないこの曲を選んだのには理由があります。その理由は私が口で語るよりは、皆さんに直接体感していただいた方がいいはずです。それでは試しに、この「スネ夫が自慢話をするときに流れてる曲」を流しながら以下の文章を読んでみてください。

就活生 様

先般は弊社の面接にお越しいただきまして

ありがとうございました。

慎重に選考を進めた結果、誠に残念ながら、

今回は貴意に添いかねる結果となりました。

ご足労いただきながら、不本意な結果となり、

大変恐縮ではございますが、

何卒ご了承いただければ幸いです。

末筆ながら、貴殿の今後益々のご活躍を

お祈り申し上げます。

———————————-

株式会社 採用担当

お分りいただけたでしょうか?そう、「スネ夫が自慢話をするときに流れてる曲」を聴きながら、お祈りメールを読むことで、不思議と差出人がスネ夫に思えてくるのです。これこそがまさに音楽の力のなせる技。

この曲が流れている間あなたの脳は、目や耳に入るすべての情報を「スネ夫のもの」として認識します。よって「貴殿の今後益々のご活躍をお祈り申し上げます」という言葉も「悪いなのび太、うちの新卒採用、3人乗りなんだ」くらいの意味に思え、まともに取り合うのがバカらしくなってくるでしょう。こんなことはドラえもんがなんとかしてくれる、CM明けのBパートが始まったら吠え面かくのはそっちの方だぞと、そんな風に思えることで、荒んだ心に大きな余裕を生み出してくれます。

さらに、この曲が生み出す魔法はそれだけでは終わりません。引き続き、「スネ夫が自慢話をするときに流れてる曲」を流しながら読み進めてください。

私は就活生の皆さんには、1日に最低でも10分、いや5分でも構いませんが、この曲をじっくりと聴くことを強く推奨します。そうすることでこの「スネ夫が自慢話をするときに流れてる曲」は、あなたの脳裏の奥深くにそのビートを刻み込み、その結果としてあなたはこの曲を無意識的に頭の中で再生することができるようになります。すると、どうでしょう?この曲はあなたの日常生活のあらゆる場面に自然と現れることになります。

例えば、集団面接形式で行われる選考において、あなたと同じグループにとても意識の高い学生がいたとしましょう。いかにも意識の高そうなツラを下げた彼は言葉巧みに面接官にアピールします。

「サークル長を務めた」

「1年間の海外留学経験をした」

「学生団体を立ち上げた」

などなど、やけに鼻につく横文字を駆使しながら他の就活生にプレッシャーを与える彼に対し、あなたは、その高い意識すら持てていない自分を責めたい気持ちにかられるでしょう。

しかしそんな時は、あなたの脳裏から「スネ夫が自慢話をするときに流れてる曲」を引き出し、頭の中で流してみてください。するとどうでしょう。先ほどまで嫉ましくも輝いて見えたあの就活生が、不思議とスネ夫に思えてくるのです。こうなってしまえば、先ほど彼が話していた「サークル長を務めた」話は、スネ夫フィルターを通すことで「ウチのパパがサークル長でね」という話に聞こえてきますし、「1年間の海外留学経験をした」話は「ウチのイトコが1年間の海外留学経験者でね」という話になります。そして「学生団体を立ち上げた」話も「悪いなのび太、この学生団体、3人乗りなんだ」という話に聞こえてきます。ここまでくると話の内容が大幅に捻じ曲げられている上、よく意味がわからないのでかなり重症だとは思いますが、音楽の力のなせる技によってポジティブになっているので問題はありません。

悪いなのび太、このまとめ3人用なんだ

(「スネ夫が自慢話をするときに流れてる曲」を流しながらお読みください)

いかがだったでしょうか?私くらい立派で一流の人間になれば、この曲の素晴らしさや奥深さがよくわかりますが、皆さんにも「スネ夫が自慢話をするときに流れてる曲」の素晴らしさがお分かりいただけたでしょうか?ちなみに私のパパはこの曲を作った人と友達で、去年の夏にはその人と家族ぐるみで軽井沢に行きました。今年の夏は、この曲をYouTubeにアップした人と3人乗りの飛行機に乗り込んで沖縄に行く予定ですが、皆さんは都会のコンクリートジャングルでお過ごしの予定でしょうか??

え?全体的にスベってる??なにおぅ、のび太のくせに生意気だぞ!!

自己分析から面接対策、入社準備まで、
1人1人に合ったアドバイスを​。​​

就活市場エージェント限定!
特別選考ルート、選考パス多数​​

60秒かんたん登録でライバルに差をつけよう!

今すぐ登録!

就活市場アカウントをお持ちの方はこちら »

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

広告掲載をご検討の企業さまへ