「内定」とは違う?就活でよく聞く「内々定」とは?

KEYWORD 記事関連キーワード

記事をお気に入り登録する

記事のお気に入りに登録

「記事のお気に入りに登録」のご利用にはログインが必要です。

会員登録がお済みでない方

無料会員登録

アカウントをお持ちの方

ログイン

就活は卒業後の人生のスタートとなる会社を選んで、就職するための活動です。そのため、ひとまずのゴールは志望企業からの内定ということになるでしょう。

しかし、就活を進めていると「内定」のほかにも「内々定」という言葉を聞くことも多いと思います。「内定」と「内々定」。よく似た言葉ですが、この2つの言葉にはどのような違いがあるのか疑問に思う人も多いのではないでしょうか。

この記事では、「内定」と「内々定」の違いについて詳しく解説していきます。「内定」と「内々定」の意味をしっかりと理解し、就活をスムーズに成功させましょう!

内々定って何?内定との違い

内々定って何?内定との違い

就活中に必ず聞くであろう「内定」と「内々定」。10月よりも前の時期には「内々定」、10月以降は「内定」という言葉が多く使われます。このよく似た2つの言葉には、どのような違いがあるのでしょうか。

「内定」と「内々定」の大きな違いとは、ずばり労働契約締結の有無です。新卒採用における内定とは、一般的に採用される学生と採用する企業が、「始期付解約権留保付労働契約」という労働契約を結ぶことを指しています。

実際に就労する時期が定められていたり、企業側が内定を破棄する権利がついていたりするものの、よほどのことがない限り内定が取り消されるということはありません。

また、学生も内定を辞退する場合には、実際に就労する予定だった日の2週間前までに申し出なければなりません。このように、企業側にも学生側にも法的な拘束力が生じるのが「内定」というわけです。

一方、「内々定」の段階では労働契約は締結されていません。一般的に「内々定」とは、「この日が来たら内定を出すよ」という企業側からの約束です。

日本では、日本経済団体連合会(経団連)が新卒採用の公平・公正を保つため、就活のおおまかなスケジュールを決めています。この経団連が出している「採用選考に関する指針」によると、正式な内定を出す日は10月1日と定められており、多くの日本企業がこのルールを守っています。

しかし、優秀な学生は早めに確保しておきたいもの。そこで、10月1日以前には内定が出せないので、「内定を出す」という約束である「内々定」を出すというわけですね。

内々定が出ても入社を取り消されることがある?

内々定が出ても入社を取り消されることがある?

労働契約を正式に結んでいるわけではないものの、企業側に「内定を出すよ」と約束してもらっている状態である内々定。

「内々定が出ても取り消されてしまう場合もあるのでは?」と疑問に思ったり不安に感じたりする就活生もいると思います。

では、内定と内々定のそれぞれについて、内定や内々定が破棄される恐れがあるケースを確認していきましょう。

新卒採用における「内定」とは、「始期付解約権留保付労働契約」を採用する企業と採用される学生とが結ぶことを指しているのが一般的と説明しましたね。

「始期付」とは、実際に就労する時期が定められているということを意味しています。新卒採用の場合は大学卒業後の4月であることが多いでしょう。そして、内定取り消しが関わってくるのは「解約権留保付」という部分です。

「解約権留保付」とは、4月以前の就労前に何らかの問題が発生した場合に、内定を破棄できるという権利を企業側がもっているということを指しています。

ただし、内定取り消しが認められるのは、「採用予定の学生に著しい素行不良があった」「会社の業績が著しく悪化した」といった客観的合理性や社会的相当性があると考えられるケースのみ。企業側はよほどのことがない限り内定を取り消すことはできません。

内々定についても内定の場合と同様に、「単位が足りず、本来卒業すべき年度に卒業することができない」「内定者懇親会で酔って暴れてしまった」などといった素行不良が原因で内々定を取り消されることがあります。

内々定は内定と異なり、法的拘束力をもつ労働契約を結んでいない状態ですので、内々定の取り消しは内定取り消しよりも起こりやすいトラブルと考えてよいでしょう。

採用活動のスケジュールが早い企業の場合、5月や6月ごろには内々定が出始めます。

内々定が出て就活が終わってから翌年4月の入社までの間は、内々定や内定の取り消しにつながるような行動は避け、単位を取得したり卒業論文を書いたりしてきちんと卒業できるようにしておきましょう。

内々定は信用できる?安心していいの?

内々定は信用できる?安心していいの?

内々定は正式な労働契約を結んでいるわけではないので、「本当に内定がもらえて入社できるのかな?」と不安に感じる人も多いでしょう。

確かに口約束のようなものですし、10月の内定式の案内が来るまでは落ち着かないという人もいるかもしれませんね。内々定はどれほど信用してよいのでしょうか。

口約束のようなものとはいえ、内々定は企業が時間や手間、お金をかけて真剣に採用活動をした結果出したものです。

内定は労働契約の締結、内々定は内定の約束ですので、正当な理由のない内定・内々定の取り消しは、企業の信頼性を損ねることになります。

そのため、「内々定を出した学生が大学を卒業できなかった」「学生の経歴に虚偽があった」などといったような理由がない限りは、企業側も内定や内々定の取り消しを行うことは滅多にありません。

したがって、内々定から入社までの間で特別悪いことをしなければ、内定と同様にほぼ入社が決まったと考えても差し支えないでしょう。

ただし、「企業の業績が悪化して人員整理せざるを得なくなった」「大きな災害があって会社も甚大な被害を受けた」といったように、内々定・内定を受けた学生には全く非がなくても、内々定・内定取り消しが認められるケースもあります。

せっかくの内々定・内定を失って就活が振り出しに戻ってしまうという事態はできるだけ避けたいですよね。

内々定は内定と違って労働契約を結んでいないため、学生にとっても法的拘束力はそれほど強くありません。1社から内々定をもらったあとも、しばらくは就活を続けて複数の会社からの内々定をもらっておくと、内々定・内定取り消しのリスクに対応することができます。

内々定は複数持っておきたい!

内々定は複数持っておきたい!

内々定を複数持っていると、内々定・内定取り消しのリスクにも対応できるとご紹介しましたね。内々定を複数持つことは、それ以外にもメリットがあるのです。

その1つが、内々定から内定式までの間に、改めて入社する会社を選ぶことができるということ。自分なりの就活の軸を持ち、業界研究・企業研究をしっかり行なった上で就活を進めていても、就活中は何かと忙しく、内々定が出た企業についてなかなかゆっくり考える時間がありません。

特に近年では就活生の内々定の保有率が高くなってきていますので、内々定が出そろって就活が落ち着いてきたころに、改めてじっくりと考え、内定を受ける会社を絞っていくことが大切です。

しかし、何の手がかりもなく、どの会社の内定を受けるか決断するのは至難の業です。そこで、内々定をもらったすべての会社について情報を書き出し、比較する表を作成することをおすすめします。

インターネット上の匿名の口コミはほんの参考程度にとどめ、先輩社員の声や採用担当者の話を重視しましょう。

会社についてのすべての情報を書き出すのは大変ですので、自分の就活の軸や仕事に対する考え方をふまえ、重要だと思うポイントから順番に書き出していきましょう。情報の優先順位をつけることで、自分が最も入社したい会社が見えてくるはずです。

内々定をもらった会社どうしを比べて考えることができる期間は、長くても4ヶ月ほど。内定式では「始期付解約権留保付労働契約」という労働契約を正式に結ぶことになります。

法的には、入社予定日の2週間前までなら内定を辞退することが可能ですが、正式な労働契約を複数の会社と結ぶのは好ましくありませんし、直前の辞退は会社に多大な迷惑をかけてしまうことになります。

10月に正式な内定が出るまでに、内定を受ける会社、つまり入社する会社を絞るようにしましょう。内々定や内定の辞退を決めたら、できるだけ早く連絡をするのが社会人としてのマナーです。

まとめ

就活でよく聞く、「内々定」と「内定」という2つの似ている言葉。内定は正式な労働契約を締結することであり、内々定は「内定を出す」という企業側からの約束です。

内々定の段階では正式な労働契約を結んでいないため、内定よりも取り消しをされる可能性がやや高いと考えられますが、基本的には内定と同様に扱われると考えるとよいでしょう。

ただし、会社の業績や世間の情勢、内定者(内々定者)の素行不良や留年、選考段階での虚偽申告などといった理由で内定や内々定が取り消されることもあるので、複数の内々定を持っておくと安心です。

複数の内々定をもらった場合は、内定式までの間に熟考し、正式な内定が出るまでに内定を受ける企業を決めるのがマナーです。

内々定後や内定後の情報は就活市場でもご紹介しています。内々定、内定の獲得は就活のひとまずのゴールといえますが、内々定や内定をもらったあとも様々な情報を集め、気を抜かないようにしておきましょう。

内定が欲しい人以外は見ないでください
  • 就職活動の攻略本「就活ハウツー本」
  • 先輩の体験談も盛りだくさん「就活ストーリー」
  • 内定率は驚異の92%!「就活アドバイザー」
  • 5分で作れる「かんたん履歴書メーカー」
  • あッという間に内定GET「就活市場エントリー」
  • イベント参加で有利に就活「就活市場イベント」
  • あとで読み返したい記事は「お気に入り登録!」

今すぐ確認する!

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

広告掲載をご検討の企業さまへ