就活で疲れたら無理はするな!疲れとの上手な付き合い方

就活に悩み疲れる学生は多いと思います。悩みや不安の種類は様々あり、日々辛い就活を繰り返していると次第に疲労も出てきますが、それでも焦りや心配から就活を休むことができないという悪循環に陥る人もいます。

そんなときは思い切って、気分を切り替えたり休んだりすることが大事なのですが、「なかなか気持ちを入れ替えられない」、「就活で悩んでいる」という人はそれすらも難しいですよね。そこでそんな人のために、就活の疲れと上手に付き合うコツをご紹介していきます。

就活の悩みは尽きない

自己分析や業界・企業研究から始まり、インターンシップ、エントリーシート作成や面接対策、企業訪問など、就活生は様々な就職活動をこなしていかなければなりません。その過程でも人によっては躓いたり、普段とは違う行動に疲れてしまったりすることがあります。

エントリーした企業の選考を実際に受けても、書類選考で落とされた、面接がうまくいかなかった、内定をもらえないなど疲れた身体に追い打ちをかけるように、就活が思うように進まないこともあります。

就活生の多くは内定をもらえないという事実に特に焦りや不安を感じます。就活シーズンも後半になると、内定をもらえた人と自分を比べたり、求人数の減少に焦りを感じたりしてしまいますよね。そしてそんな就活生によくあるのが、就活がうまくいかないことで自分を否定してしまうことです。

企業からも社会からも必要とされていないと感じてしまい、徐々に新しい企業にエントリーしたり選考を受けたりするのが辛いと感じてしまうようになったら危険信号です。

疲れた時は休んでも大丈夫

就活がうまくいかない人にとって就活は苦痛ですし、そんなときは思い切って休むことが大切です。少しの間予定を入れずに好きなことをしたり、リフレッシュしたりするだけでも大きく違います。

就活のことを少しでも忘れてリラックスすることは、就活自体を諦めることとは違うので、気に病む必要はありません。人生という単位で考えれば、就活の時間は実に短いです。そしてその短い期間で学んだことが、これからの人生で必ず生きてきます。

疲れたときにしっかり休むことで、就活を一度忘れたり、それまで就活で苦労した自分と向き合ったりして、新たな発想が芽生える貴重な時間に変えていけばいいのです。内定が取れていなくとも、エントリーシートや敬語、人との接し方を学んで確実に成長をしています。そのことを褒める時間を設けるようにしましょう。

辛い就活を乗り越えるための方法

休んだあとは気持ちを切り替えて就活に臨みたいですよね。しかし自分が内定をもらえるだろうか、選考が怖いなど、躊躇してしまうこともあると思います。そんな気持ちを乗り越えるためには、

日本には多くの企業があると考える

企業はたくさんあると思うことが大切です。今は求職者よりも求人を出している企業の方が多い売り手市場です。大手ばかりを狙うのではなく、自分のやりたい仕事を中小企業で探すなどして、視点を変えれば結果も変化します。

選考に落ちても気にしない

頑張っているからこそ悩んだり落ち込んだりするのです。そして人生が沢山の縁で形成されているように、企業との関係も縁なのです。落ちてしまったとしても、その企業とは縁がなかった、自分を雇わないなんてもったいないことをしたなと前向きに考える癖をつけることで、気持ちが楽になります。

就活に保険をかける

内定がないことで落ち込む人は多いですが、内定がもらえそうな企業を受けて保険として内定を取っておくことで気持ちを楽にするという方法もあります。一つ内定があると、それによって今までできなかった行動が取れるようになったり、自分に自信がついたりするので、気持ちも変化するはずです。

まとめ

人生も就活も考え方次第で変わるところがいくらでもあります。就活は自分を企業に売り込む活動ですから、自分に自信がない、企業におすすめできない人材だと思っていると、本当に内定をもらうことができなくなります。その気持ちを切り替えて、面接で自己PRに工夫をこらしたり、時には上手に嘘をついたりすることも就活には必要となってきます。

メンタルの切り替え以外に具体的な打開策として、頼れる人に相談したり、キャリアセンターの職員や就職エージェントなど就活に詳しい人に相談したりするのも効果的でしょう。

自己分析から面接対策、入社準備まで、
1人1人に合ったアドバイスを​。​​

就活市場エージェント限定!
特別選考ルート、選考パス多数​​

60秒かんたん登録でライバルに差をつけよう!

今すぐ登録!

就活市場アカウントをお持ちの方はこちら »

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

広告掲載をご検討の企業さまへ