【社会人必須知識】弊社・当社・御社・貴社の正しい使い分けを伝授!

KEYWORD 記事関連キーワード

記事をお気に入り登録する

記事のお気に入りに登録

「記事のお気に入りに登録」のご利用にはログインが必要です。

会員登録がお済みでない方

無料会員登録

アカウントをお持ちの方

ログイン

弊社・当社・御社・貴社、すべて会社のことを示しているのに、どうして違う表現になっているのだろうかと困っている方はいませんか。もしかしたら、読み方が分からずに悩んでしまったという方もいるかもしれませんね。

これらの言葉の使い分けは、社会人としての必須知識です。取引先の企業に対してどのような言葉を使えばいいのかや、書面での書き方、面接の場ではどのように話せばいいのか。きちんと押さえているかどうかで、周りの社会人と差がつきますよ。会社で働くにあたって、会社を表す4つの表現についてきちんと理解しておく必要があります。

もし、しっかりと理解できていないのであれば、この記事を参考に社会人としての基礎知識を学んでみてください。

弊社・当社・御社・貴社の使い分け方

まず、大きく分類すると、自分の会社と、クライアントを表す言葉の2種類に分けることができます。

弊社と当社は自分が所属している会社を表す言葉、御社と貴社というのは相手の会社を表す言葉になります。まず、この部分の違いをしっかりと押さえておきましょう。誤って、自分の会社のことを貴社とメールに書いてしまうと、とても失礼にあたるので注意してください。その逆も同じで、クライアントのことを、弊社と言ってしまうと話が全く通りません。

  • 弊社、当社:自分の会社
  • 御社、貴社:クライアント

まずはこの2つに分類できることを覚えておいてください。

それでは、それぞれの言葉の使い分けについて1つずつ解説していきますね。

当社(とうしゃ)は、主に社内向けに用いる丁寧語

まず、当社の使い方についてご紹介していきます。当社の読み方は、「とうしゃ」です。自分の会社のことを表す当社ですが、この表現は丁寧語にあたる用語です。相手に対してへりくだっているという要素はありません。

そのため、基本的には社内向けのメールや文章で、当社という用語を用います。

例えば、以下のように使います。

  • 当社の今期の目標は、売上100万円です。みなさん一緒にがんばりましょう。
  • 当社の従業員が、オリンピックで優勝しました。祝賀会を開きますので、社員の方はご参加ください。

ただ、例外があります。社外に対して対等な立場で発言する際には、当社という言葉を使います。何か抗議をしたり申し入れをしたりする際は、このような使い方をすることもありますので、覚えておいてください。

弊社(へいしゃ)は、主に社外向けに用いる謙譲語

弊社の読み方は、「へいしゃ」です。この言葉は、当社という言葉と比較して、よりへりくだった表現になり、謙譲語と呼ばれます。主に、社外の方に対して、使うことになります。

例えば、社外のお客様の会社に訪問し営業する際に、「弊社の商品は・・・」と使用したり、会食をしたりする際に、「弊社の今後の戦略については・・・」という形が多いです。

御社(おんしゃ)は、主に話し言葉で用いる

御社読み方は、「おんしゃ」です。御社は基本的に、会話の中での話し言葉として使います。そのため、社外の人と会話をしている時に、相手の会社のことを伝えたければ御社という言葉を使います。

なお、文章中で使っても間違いではありません。

貴社(きしゃ)は、書き言葉で用いる

貴社の読み方は、「きしゃ」です。貴社は相手の会社を表す言葉で、主に書面やメールなどの書き言葉の中で使う言葉になります。

例えば、メールで問い合わせをするときに、

  • 貴社のサービスに興味を持ち連絡いたしました。
  • 貴社と一緒にビジネスをしたいと考えています

などと使用します。

なお、会話中では、貴社という単語は使いません。「きしゃ」という言葉には、「記者」「汽車」「帰社」など同音異義語がたくさんあり、話している途中で混乱させてしまう可能性もあります。会話や電話では、貴社という表現は使わないように注意して下さい。

二重敬語に注意

貴社様や御社様というように、この2つの言葉の後ろに様をつけることは誤りです。すでに貴社や御社という言葉は、それだけで丁寧な言葉になっています。様をつけると、二重での敬語表現となってしまうので、間違った表現になります。丁寧にしすぎるというのは、逆にビジネスマナー違反となってしまうことを覚えておいてくださいね。

会社以外はどう表現するの?

heisha02

会社を表現するときの、弊社・当社・御社・貴社についての使い分けはわかっていただけましたよね。では、学校や銀行その他の機関についてはどんなふうに呼べばいいのかを知っていますか。

取引先の銀行などに連絡をする際などに、どのような表現を使えばいいかぜひ覚えておいてください。

  • 株式会社・有限会社 → 弊社・当社・御社・貴社
  • 学校 → 弊校・当校・御校・貴校
  • 銀行 → 弊行・当行・御行・貴行
  • 法律事務所・会計事務所など → 弊事務所・当事務所・御事務所・貴事務所

基本的に、表現のルールは同じです。弊、当、御、貴という単語をつけて表します。最初は少しややこしいかもしれませんが、ビジネスマナーとして必要な知識なので徐々に覚えていくようにしましょう。

弊社・当社・御社・貴社を英語ではどう表現するの?

会社で働いていると、海外の取引先とのメールのやり取りで、英語を使用する方もいるかもしれません。英語では、弊社・当社・御社・貴社という言葉をどのように使い分けるのか、知りたい方にご説明します。

日本語とは違い、基本的に英語には 謙譲語や丁寧語という言葉はありません。日本語ではビジネス上の敬語表現をたくさん押さえておく必要がありますが、英語にはその心配がありません。

弊社・当社のように、自分が勤めている会社のことを表現したい場合は、our companyとなります。また、御社・貴社のように、相手の会社のことを表現したい場合は、your companyとなります。とてもシンプルでわかりやすいですね。

就活や転職活動をするときの注意点

これまで説明してきたように、弊社・当社・御社・貴社という言葉の使い分けには、明確な決まりがあります。もし現在就職活動している方や転職活動している方がいれば、履歴書や面接の時に使い分けを間違えないようにしてくださいね。

アルバイトの履歴書や就職活動のESなどを書く場合に、応募企業のことを表現するのは貴社を使うのが正解です。御社を使っても間違いではありませんが、会社について書き言葉で表す時には貴社を使うことが一般的とされています。

履歴書を読む人も、日本語の詳しいルールまで知らない可能性もあるため、できるだけ貴社という表現を使って書いておきましょう。

例えば、

  • 貴社を志望した動機は・・・
  • 貴社の提供するサービスに感銘を受け・・・

などと表現します。

面接を受ける場合は、貴社という表現を使わずに、御社という言葉を使用します。「きしゃ」と言ってしまうと、何を指している言葉か分からなくなるので注意してくださいね。

ここの使い分けがきちんとできていれば、周りのライバルに少し差をつけることができますよ。

まとめ

弊社・当社・御社・貴社という言葉は、どれも会社を表す言葉です。ただし、使い方はそれぞれ異なるので、使い分けを覚えておくことが大切です。まず、自分の会社のことを表すのは弊社と当社、相手の会社を表すのは御社と貴社と理解しておきましょう。

弊社と当社を比べると、弊社はよりへりくだった表現なので社外に対して自分の会社のことを話す際に主に用います。一方、当社は社内でやりとりをする際に主に使う言葉になります。

また、御社・貴社は、相手の会社のことを表す表現です。書き言葉の場合は貴社、話し言葉は御社を使ってくださいね。ついつい間違えてしまいやすいので使い方には注意しましょう。

弊社・当社・御社・貴社の4つの使い分けをきちんと押さえておくことで、社会人としてのマナーを身に着けることができ、周りのビジネスマンから一歩リードすることができますよ。

内定が欲しい人以外は見ないでください
  • 就職活動の攻略本「就活ハウツー本」
  • 先輩の体験談も盛りだくさん「就活ストーリー」
  • 内定率は驚異の92%!「就活アドバイザー」
  • 5分で作れる「かんたん履歴書メーカー」
  • あッという間に内定GET「就活市場エントリー」
  • イベント参加で有利に就活「就活市場イベント」
  • あとで読み返したい記事は「お気に入り登録!」

今すぐ確認する!

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

広告掲載をご検討の企業さまへ