就活ではテストもある?選考時のテストを乗り切るための攻略法

KEYWORD 記事関連キーワード

記事をお気に入り登録する

記事のお気に入りに登録

「記事のお気に入りに登録」のご利用にはログインが必要です。

会員登録がお済みでない方

無料会員登録

アカウントをお持ちの方

ログイン

就活の選考では、どのようなことをすると思いますか?真っ先に浮かぶのは面接だと思います。しかしそれ以外の選考も就活では行います。面接の中でも集団面接など別の種類もありますし、グループディスカッションという選考も有名ですね。そしてその他に、SPIというテスト形式の選考もあるというのをご存知でしょうか?

 

エントリーシートや面接の対策は立てているけど、テスト対策は全然していなかった、という学生も少なくありません。そしてこの意外な落とし穴にハマって就活で苦戦するのです。そうならないためにも、就活で行うテストについて、事前に予備知識を入れておくようにしましょう。

就活で行うテストの種類

就活で行うテストには様々なものがありますが、ここでは代表的なものをご紹介します。SPIと呼ばれるもので、この通称「SPI性格検査」は、志望する学生の性格を分析するためのテストです。300の問いに答えていくことで、学生の性格を導き出していくことが主な目的で、言語と非言語の問いがあり、毎年多くの学生がこのSPIに悩みます。

 

また、テストの形式についてもテストセンターで受ける場合と、自宅や出先のPCなどWEB上で受ける場合があります。全く備えていないという状態では、SPIで良い結果を出すのは難しいというのが正直なところです。しかし昨今では書店に参考書があったり、就活支援サイトなどでも対策方法を公開したりしている場合があるので、事前にある程度準備をしておけば、決して高い壁ではありません。

SPIに嘘は通用しない

性格診断であるSPIを受けるとき、学生側は「なるべく企業に好印象を与えたい」という気持ちから時折嘘の回答を故意にすることがあります。しかしこれは絶対に避けましょう。SPIには「ライフスケール」というものがあるのですが、端的にいうとこれは、嘘発見器のようなものです。

 

問いの中にライフスケールとなるものが隠されており、その問いに対して学生が極端な回答をした場合には「この学生は嘘をついている」という結果が出されてしまうのです。分かりやすいもので言えば「絶対に」「一度も」「決して」といった強い語調の質問が、ライフスケールです。こういった問いを見つけた場合には「いいえ」と答えるようにしましょう。

テストを受ける際の注意点

次に、SPI性格診断を受ける際の注意点をご紹介します。

制限時間に気を配る

どのような形式であっても、テストには基本的に制限時間が設けられています。SPIも同様ですし、制限時間を過ぎたらテストへの回答権を失ってしまいます。当然結果も不完全なものになってしまうので、時間を気にしながら臨ようにしましょう。

悩んだら曖昧に

設問に対してははっきりとした回答をするのが好ましいです。しかし、どうしても決められない場合や、それで無闇に時間を消費していると思った場合には「どちらかと言えば」と回答するようにしましょう。多様は厳禁ですが、悩んだ末の使用であれば、結果に大きな影響はありません。

企業を分析する

SPIを通して企業が探すのは、社風にあった学生です。勿論過度にそれを意識して回答する必要はありませんし、極端な答え方をすれば嘘だと思われてしまうので注意しなければいけません。しかし、全く企業について、社風について理解していないとなれば、SPIで良い成績を出すのは困難です。テストの前には最低限企業分析を行っておきましょう。

終わりに

今回ご紹介した点に注意しながら、先ずは一度模擬的にSPIを受けてみることをオススメします。自分自身の性格を把握する良いきっかけにもなりますし、設問数と時間のバランスについてなども、実際に感じることができるはずです。テスト、面接の両方で良い結果を残し、志望する企業での内定を獲得できるよう、頑張ってください。

就活市場でしか手に入らない
マル秘お役立ちブック!
  • 就活市場が教える様々な業界の"リアル"
  • 例文付きの正しいエントリーシートの書き方

などなど、ここでしか手に入らない就活市場限定のオリジナルブックを今すぐダウンロードしよう!

今すぐ無料ダウンロード

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

CATEGORY RANKING 「面接」人気記事ランキング

POST RANKING 人気記事ランキング

広告掲載をご検討の企業さまへ