就職留年or既卒。内定を獲得する上で有利なのはどっち?

就職活動の時期は人によって違います。中には就活シーズンのピークが過ぎても内定がもらえなかったという人も。そんな学生は、就職留年をするか既卒で就職活動をするかを選択することになり、一般の新卒とは違う時期に就活を継続して行います。

 

「周りは内定をもらっている」「内定0の相談なんてできない」という悩みを抱え、既卒になるべきか就職留年をするべきか悩んでいる学生も多いのではないでしょうか。実際、就職留年と既卒では、どちらが就職に有利なのか。そして内定を獲得するためのポイントについてご紹介していきます。

基本的に既卒は不利

既卒者とは、新卒の資格を失って大学卒業後も継続して就活を行う人のことを指します。しかし残念ながら既卒者は、新卒や就職留年者に比べて圧倒的に不利な傾向があります。気になる企業や志望したい企業が、新卒採用しか行っていない場合も珍しくなく、その時点で新卒より就職先の選択肢が圧倒的に狭まることになってしまいます。

 

既卒最大のメリットは学費がかからないことです。就職留年をすれば、その分追加で学費を支払うことになるので、この時点で経済的な問題が発生して既卒にならざるを得ないという人も一定数存在するでしょう。既卒のメリットは他に時間がある、何かに挑戦できる、といったことが挙げられます。フリーターとして働きながら就活をするという選択肢もありますが、並々ならぬ努力がなければ同級生に追いつくのは難しいでしょう。

就職留年の課題は学費

新卒枠で採用される可能性がある就職留年はリスクの面では圧倒的に既卒者よりも有利です。新卒採用しか行っていない企業にも志望できますし、同じように内定をもらえることもあります。ただしその分デメリットもあります。それは既卒者のメリットの裏返しですが、余計に学費がかかってしまうということです。大学の学費は決して安くありません。そこに4年間通い、更に経済的負担が大きくのしかかってくるので、この問題をどう乗り切るかが重要になってきます。奨学金は原則、4年間分の学費しか受けることができないので、純粋にお金を工面するしかありません。

 

学生一人で解決するには難しい問題なので、就職留年をしたいけれど金銭的に余裕がない、という学生は一度両親などとしっかり話し合うようにしてみましょう。また、余分に大学に残留した、というプレッシャーを感じてしまう学生もいます。「就職留年したのだから大手企業に採用されないと」「絶対採用されなければ」という気持ちになるのです。そういった重圧とも、上手に付き合えるようにしましょう。

留年期間で効率的に就活しよう

就職留年学生は、新卒枠で応募できる、新卒と同じ条件で就活に臨めるというメリットを活かして、さらに就職を有利にするために入念な準備を行いましょう。インターンに参加して、そこで成果を収めたり、担当者に印象付けたりするのも良いです。学生と違って「夏休み中だけインターン」などの期限がないので、社員登用希望でアルバイト、というのもいいかもしれません。

 

とにかく一年を無駄にしてしまうことがないよう、何かを成し遂げたり努力したりすることを心がけてください。また、一般の就活で行うような、面接対策やエントリーシート対策も怠ってはいけません。

何故内定が取れなかったのかをしっかり分析する

既卒や就職留年をした人は、面接でその理由を高確率で聞かれることになります。事前に自分の反省点や改善点を語ることができれば、企業にも好印象を与えるチャンスになるので、就職活動にきちんと向き合うようにしてください。

終わりに

就職留年をした場合でも、既卒者よりは有利ですが、それでも立場が危ういことに変わりはありません。しかしだからといって「新卒ではないから」「留年しているから」と落ち込む必要はありません。与えられた時間の中で何ができるかが重要になるので、反省をしつつ未来を見据え、しっかりと考えて選択していってください。

内定は取れたけどこんな不安やあんな不安が…。
わたしたちに何でも聞いてください!​​

あなたのビジョンを実現させるための
就活のサポートを実施​

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

広告掲載をご検討の企業さまへ