就活体験談。ウォンテッドリーで就活、その大まかな流れ

KEYWORD 記事関連キーワード

記事をお気に入り登録する

記事のお気に入りに登録

「記事のお気に入りに登録」のご利用にはログインが必要です。

会員登録がお済みでない方

無料会員登録

アカウントをお持ちの方

ログイン

就職活動の大まかな流れというのは、就活支援サイトに登録し、そこから興味のある企業にエントリーする、というものだと思います。しかし最近は、就活支援サイトにも色々な種類のものが増え、それに合わせて就活方法にも変化が生まれてきました。

 

「Wantedly(以後:ウォンテッドリー)」というサイトもその一つです。今回はその、ウォンテッドリーを利用して就活をした、T・Dさんの体験談をご紹介していきます。

従来の就活方法に疑問を抱く

私はマイナビやリクナビなど、それまで主流とされ、大学にもオススメされていた就活支援サイトを利用して就活することに疑問を抱いていました。決して従来の方法が間違っているとは思わなかったのですが、どうしてもその方法だと、学生は実際に働くまで、企業について深く知れないのではないかと思ってしまったんです。

ウォンテッドリーを知る

そんなことを思って、結局就活にもあまり身が入らないでいたのですが、ある日ウォンテッドリーというサイトに出会いました。企業の担当者とスカイプやzoomで話したり、直接ランチに行ったりすることで社風を知れる、コネクションを作れる、ということをウリにしているサイトだったのですが、初めて知ったときは衝撃でしたね。

 

まさにそれまで自分が求めていた就活のスタイルが集約されていましたから。早速登録をして、機能を一通り理解してどんどん活用していくことにしました。

大まかな流れ

ウォンテッドリーは他の就活支援サイト同様、先ずは求人を探す必要があります。都道府県であったり、雇用形態であったり、色々条件別で探すことができるので使い勝手は悪くありません。登録企業も結構多いので、様々な企業を見つけることができますよ。

 

ただし全体的な印象として、デザイナーやライター、メディア運営会社など、クリエイティブな企業が多いですね。なので、そこに興味がない学生からすると、魅力的な求人は少ないかもしれません。

 

私は手始めに、法律関係のメディアを運営している企業でインターン生として働くためにアクションを起こしました。その流れとしては先ず、普通の就活支援サイトと同様、気になる企業にエントリーをします。

 

ウォンテッドリーのエントリーは「話を聞きたい」というボタンをクリックすればできるんですが、そこを押すと「今すぐ一緒に働きたい」「まずは話を聞きたい」「少しだけ興味がある」っていう3つの選択肢が出てきます。そこで自分の熱量をアピールするんですね。

 

それを選択したら、あとは企業側の担当者からメッセージが来るのを待つだけです。企業によって、本当にランチに行ったり、あるいはテレビ電話をしたり、普通に電話をしたりなど、多種多様です。だけど全体的に、普通の就活支援サイトを利用するよりもダイレクトで、スピーディーな印象ですね。

 

企業一つひとつと深く関わりたい人や、クリエイティブな業界に興味がある人、そして従来の就活支援サイトに嫌気がさしていたという人にはオススメですよ、ウォンテッドリー。

インターン経験後、ウォンテッドリーで就活

私は無事にインターンをウォンテッドリー経由で成功させたのですが、引き続き就活を継続しています。その方法もやはり、ウォンテッドリーを使ったものがメインになっています。多少は他の支援サイトに目を通したり、登録したりもしているのですが、あまり役立てていないのが現状です。

 

自己分析機能やエントリーシートの添削など、使えるツールもあるので、部分部分で併用はしていますけどね。あれもこれもと、登録し過ぎてしまうと求人の管理も大変ですし、結局は限られたものに収束していきます。

終わりに

従来の就活支援サイトというのも、圧倒的な求人数や就活支援機能など、魅力は沢山あります。しかしそれとは別に、今回話を聞いたようなウォンテッドリーのように、特殊な業界に特化していたり、独特なシステムを持っていたりする支援サイトも非常に魅力的です。どちらかだけ、という風に絞るのではなく、両方を上手に使い分けることが大切なのです。

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

CATEGORY RANKING 「就活準備」人気記事ランキング

POST RANKING 人気記事ランキング

1分間で就活!就活生向け動画マガジン動画市場