就活の証明写真で好印象を与えるにはどんな服装をすればいいの?

就活はエントリーシートの内容や面接での印象で決まると考えがちですが、証明写真も同じくらい重要です。ときには選考結果を左右する場合もあります。就活で好印象を与えるにはどんな服装や髪型で証明写真を撮ればいいのでしょうか。

 

就活に使う証明写真の服装~男性の場合~

就活に使う証明写真の服装~男性の場合~

 

就活で使う証明写真の服装は男女ともスーツが基本です。スーツを着ていれば社会人としてのマナーを最低限守っているとみなされ、少なくとも証明写真のせいで落とされることはないでしょう。ほかにも真面目で誠実で落ち着いているというプラスの印象を与えられます。

 

だからといって男性ならスーツにワイシャツ、ネクタイを着用していれば必ずOKなわけでもありません。就活にふさわしい色やデザインがあります。

 

例えばスーツは黒か濃紺、グレーのような落ち着いた色にします。ワイシャツは白の無地が原則で、ボタンは上まで留めます。ただしボタンダウンはカジュアルと捉える企業や業種があるため避けたほうが無難です。

 

ダークなスーツと白いシャツの組み合わせは顔を明るく見せる効果もあります。

 

ネクタイは青(紺や水色も含む)が好まれやすく、どうしても赤色にしたい場合は少しくすんだ臙脂がおすすめです。あまり派手な色は悪目立ちしますし、白や黒は慶弔用ですから就活の証明写真には使えません。

 

柄はシンプルに無地か小さめのドット、細めのストライプにします。幅は8~9㎝でシルクのような光沢感のある素材が望ましいでしょう。             

 

髪型も重要です。色は黒かダークブラウンで茶髪や金髪はNGです。男性は短髪が好ましく清潔感もあります。

 

少なくとも目や耳にかかってはいけません。前髪を横や後ろに流しておでこを見せると明るい印象を与えます。

 

必ず証明写真を撮影する前はワックスやスタイリング剤でボサボサ感をなくしましょう。同様に眉毛を整えてヒゲも剃ります。

 

就活で使う証明写真の服装~女性の場合~

就活で使う証明写真の服装~女性の場合~

 

女性も男性と同様、就活の証明写真ではスーツを着用するのが基本です。色は同じく黒か濃紺、グレーなどの落ち着いた色にします。

 

インナーはブラウスで襟の形はレギュラーかスキッパーです。胸元が開き過ぎないように注意しましょう。

 

髪型は目や耳を隠していると暗くて清潔感に乏しくなってしまいます。長い髪は後ろでまとめ、前髪は横に流せば顔の輪郭がはっきりして好印象です。

 

ただし髪を留めるピンは写らないよう上手に隠しましょう。もちろん色は男性と同じく黒かダークブラウンです。

 

女性の場合、メイクも証明写真の出来を左右するポイントになります。カラコンやまつ毛エクステ、グロスなど奇抜で濃すぎるメイクはNGですが、すっぴんも印象が乏しくなり不健康に見られがちです。

 

あくまでもナチュラルでありながら上品で清潔感があり血色良く見えるメイクが理想です。

 

シャドウやハイライト、チークを駆使してグラデーションを作り立体的に仕上げます。肌色の違いによるファンデーションやコスメカラーの選び方も重要です。

 

スーツや髪型とのバランスも考えなければいけません。最近では就活用のメイク講習があるので、証明写真を撮る前にマスターしておくといいでしょう。

 

もう一つ、女性には欠かせないピアスやネックレスなどのアクセサリーも証明写真を撮る前には外します。

 

男性と違って業種ごとに求められる服装や髪型、メイクが異なるので、同じ業種で働く女性を参考にするのも効果的です。

             

就活で使う証明写真の服装~私服の場合~

就活で使う証明写真の服装~私服の場合~

 

業種や職種によっては就活に使う証明写真の服装が、スーツでなくてもいいところがあります。つまり私服での撮影もOKということです。例えばプログラマーやデザイナーなどのクリエイティブ系が該当します。

 

ただし私服の場合もデザインが派手だったり露出が多かったりする服装は避けるべきですし、Tシャツのようにラフ過ぎるのも考えものです。

 

柄が大きかったりラインが太かったりロゴが目立つのは顔の印象がぼやけてしまいます。

 

就活に使う証明写真なら清潔感があってしっかりした身だしなみで撮るのが望ましいでしょう。

 

例えば黒、濃紺、グレーのジャケットやカーディガンに襟付きの白や薄い色のシャツまたはブラウスという組み合わせです。

 

一方でアパレル広告業界のように証明写真で自己表現を求めるところもあります。選考の基準にもなっているので他の企業と同じくスーツを着ていたのでは落とされてしまうでしょう。

 

服装や髪型を決める際には、ありのままの自分を見せればいいのか、良く見せなければいけないのか確認しましょう。

 

まとめ

 

就活に使う証明写真は清潔感があって、社会人としてのマナーに則っているのが理想です。男女ともスーツを着用するのはもちろん、上品で控えめに見えるよう心がけましょう。個性を出すよりもマイナスの要素を少なくするほうが重要です。

 

ただし私服の証明写真でもOKの業界で就活する場合は、与えられたテーマに従って着飾らなければいけません。企業に応じて臨機応変に証明写真を撮り分けましょう。

証明写真関連記事

証明写真で抑えるべきポイントは◯◯
!1人の就活はもう終わり!これからはプロがあなたのパートナーに​​

就活のプロがあなたの
内定を叶えます!

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

広告掲載をご検討の企業さまへ