スーツ?私服?OB訪問ではどんな服装をすればいいの?

KEYWORD 記事関連キーワード

記事をお気に入り登録する

記事のお気に入りに登録

「記事のお気に入りに登録」のご利用にはログインが必要です。

会員登録がお済みでない方

無料会員登録

アカウントをお持ちの方

ログイン

同じ大学の先輩に会うとはいえ、OB訪問は社会人と対面する場でもあります。それなりの礼儀やマナーを心得なければいけません。服装もその一つです。先輩に良い印象を与えるには、どのような服装をすればいいのでしょうか。

 

OB訪問の服装はスーツが無難?

OB訪問の服装はスーツが無難?

 

OB訪問の服装について先輩から何も指定がなかった場合はスーツを着用するのが原則です。OB訪問が先輩の休日だったとしても同様です。相手は社会人ですからスーツを着てくるかもしれませんし、年配の人ほど「スーツを着ていて当たり前」という概念を持っています。またスーツのほうがスマートに見えるものです。

 

スーツはリクルート用であれば問題ありません。色は黒かグレー、濃紺の無地です。紳士服の売場や専門店で体に合ったサイズを選びましょう。前のボタンは一番下だけ外し、残りは必ず留めます。

 

ワイシャツは白がベストで、ネクタイは青をベースに無地か小さなドット柄が無難です。靴下は暗い色のビジネスソックスにして、他の色や丈が短いのは避けます。就活をするならOB訪問の段階で揃えておきましょう。

 

女性の場合は黒のスーツに白いブラウスが定番です。ブラウスの襟は第一ボタンまで留めるレギュラータイプか、第一ボタンの無いスキッパータイプにします。スカートの丈は立ったときに膝あたりになるくらいが品良く見えるでしょう。

 

ベージュのストッキングも忘れてはいけません。社会人になるとスカートなのにストッキング無しではマナー違反になります。

 

清潔感を出すのも大事です。スーツやワイシャツ、ブラウスはOB訪問の前日までにアイロンをかけて、きれいに折り目をつけます。靴を磨くのも忘れてはいけません。

 

もちろん男性なら紳士靴、女性はパンプスです。アクセサリーは男女とも外しておきます。当日コートを着用するなら先輩に会う前には脱いでおきましょう。

 

OB訪問で服装は私服で良いと言われたら?

OB訪問で服装は私服で良いと言われたら?

 

OB訪問はスーツ着用が原則ですが「私服でも良い」という先輩もいます。単に先輩も私服で参加するつもりだったり、後輩にリラックスしてほしいという計らいだったりするかもしれません。この場合は厚意に甘えて私服にしましょう。もし同日に他の用事でスーツを着用しなければいけない場合は、あらかじめ断りを入れておくと先輩も気分を害さずに済みます。

 

ただし私服なら何でもいいわけではありません。私服にはその人のセンスや心構えが表れるので、カジュアル過ぎる服装では非常識だと思われてしまいます。

 

例えばジャージやトレーナー、Tシャツ、パーカー、ウインドブレーカーなどです。デニム(ジーンズ)は穴が開いていたり破れていたりしなければ問題なしとする先輩もいますが、OB訪問では着ないほうが無難です。

 

もっともふさわしいのは「オフィスカジュアル」と呼ばれるポロシャツとチノパンの組み合わせです。ポロシャツは無地が基本で派手な色は避けます。チノパンは黒のように落ち着いた色が好ましく見えるでしょう。ポロシャツが無ければ襟付きのシャツでも問題ありません。

 

女性なら清潔感のあるワンピースやブラウスとスカートの組み合わせが良いでしょう。上着は男女とも落ち着いた色でベーシックスタイルのジャケットを羽織ります。

 

OB訪問での服装に合わせた髪型

OB訪問での服装に合わせた髪型

 

OB訪問では服装と同じくらい髪型も大事です。初対面の場合、真っ先に目に入るのは顔です。髪型に問題があると、他は大丈夫でも印象は悪くなるでしょう。それではせっかくのOB訪問が台無しです。たとえ私服でも社会人らしい清潔感のある髪型にします。

 

クリエイティブな企業の中には髪型や服装が自由なところもありますが、それは社員だからこそ。OB訪問をはじめ就活の時点から同じようにしても顰蹙(ひんしゅく)を買うだけです。あくまでも控えめにして嫌悪感を与えないようにしましょう。

 

社会人らしい髪の毛の色は黒です。他の色で許されるのはダークブラウンくらいでしょう。それより明るい色はカジュアルに見えてしまいます。髪の長さは男性なら短髪、女性でも目や耳を覆わないようにします。

 

長い髪は後ろでまとめ、前髪は横に流すようにして顔全体がはっきり見えるようにしましょう。男性なら前髪をアップにしておでこを出すのもおすすめです。

 

あまり直前に髪をカットしたり染めたりしても失敗しやすいので、OB訪問の数日前までには整えておきます。当日はワックスやヘアーフォームなどで軽くスタイリングしてボサボサ感を失くしましょう。

 

表面がベタベタするほどつけ過ぎるのはかえって不潔に見えます。髪の乱れが解消されれば十分です。

 

まとめ

 

OB訪問で先輩から求められるのは真摯な姿勢です。さらに多くの場合は初対面ですから清潔感も求められます。服装や髪型のせいで先輩に与える印象が悪くなれば就活に影響を及ぼすだけでなく、まともに受け答えすらしてくれないかもしれません。

 

服装はスーツが定番で私服でもカジュアル過ぎないように気をつけましょう。同様に髪型も黒を基本に短くしたりまとめたりします。たったそれだけでもOB訪問は有意義なものになるはずです。

OB・OG訪問関連記事

就活は十人十色!
あなたに合った就活方法をわたしたちがサポートします。

就活のプロがあなたの内定を
完全無料で徹底サポート!

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

広告掲載をご検討の企業さまへ