OB訪問の探し方、おすすめなのは?

KEYWORD 記事関連キーワード

記事をお気に入り登録する

記事のお気に入りに登録

「記事のお気に入りに登録」のご利用にはログインが必要です。

会員登録がお済みでない方

無料会員登録

アカウントをお持ちの方

ログイン

自分の応募する企業を見極めたり、希望する企業の企業研究をしたりするために重要となってくるのがOB訪問。資料だけではわからない、現場の生の声を聞ける貴重な機会になります。

それではOB訪問をしたい場合、どのように探すのがベストなのでしょうか。OB訪問の探し方の例と、それぞれのポイントや注意点を紹介します。

OB訪問の探し方で主流なのはキャリアセンター

OB訪問の探し方で主流なのはキャリアセンター

OB訪問の探し方で主流なのは、大学のキャリアセンターあるいは就職課を使った方法です。希望する企業のOBと直接関係がなくても、都合が合えば実際に会って話をする機会を得ることができます。

キャリアセンターを利用したOB訪問の探し方

キャリアセンターでは、OBの連絡先を調べることができます。OB訪問の第一ステップは、希望する企業の先輩と連絡を取り合うこと。連絡先を得たら、気になった人に連絡していきましょう。

キャリアセンター利用の注意点

キャリアセンターを使ったOB訪問の探し方は、必要な人脈がなくてもOBと連絡を取れる可能性があるのでやや気軽な気持ちで利用することができます。

しかしOBとはいっても、大学が同じなだけで直接関係があるわけではありません。

連絡をしても返信率はあまり高くないということは意識しておきましょう。連絡が取れればうれしい、さらに直接会えれば幸運くらいのスタンスでいたほうが気は楽です。また、キャリアセンターで調べたものと勤務地が変わっていることもあり、直接訪問するのが難しいこともあるので注意しましょう。

OB訪問の探し方で簡単なのは知り合いのつて

OB訪問の探し方で簡単なのは知り合いのつて

キャリアセンターよりも手っ取り早く、確実性があるのは知り合いのつてを使うことです。

知り合いであれば頼みやすいですし、返信がない、直接会えないと悩むこともほとんどありません。

知り合いや先輩に頼んでみる

ゼミやサークルの先輩が自分の興味のある企業に就職しているのであれば、お願いしてみるのが一番手っ取り早くOB訪問につながります。仲良くしていた先輩であれば快く引き受けてもらえる可能性は高いでしょう。大学卒業とともに疎遠になる人も多いですが、OB訪問の可能性を考えて先輩の就職先の情報を集めておくと安心です。

友達に紹介してもらうのもあり

友達の兄弟が希望する企業に勤めているなど、友達つながりで紹介してもらえることがあります。

ふとした会話がOB訪問につながるきっかけになるので、普段からどういった企業に就職したいなど情報を共有しておくようにしましょう。

また、いくら友達だからといってOB訪問の仲介をすべて任せてしまうのは良くありません。

友達への感謝の気持ちをもって、できる限り自分発信でOB訪問を進めるようにしましょう。

芋づる式にOBを紹介してもらう

OB訪問で知り合いのつてを使う大きなメリットは、複数のOBを紹介してもらえる可能性があることです。知り合いなどに紹介してもらったOBに気に入られれば、また別のOBを芋づる式で紹介してもらえることがあります。

キャリアセンターも複数のOBに連絡を取れる可能性はありますが、確実に連絡を取れるという可能性はぐっと低くなります。確実にかつ多くのOBを紹介してもらえるかもしれないと考えると、知り合いに頼るメリットは大きいです。

OB訪問の探し方は近年アプリ化

OB訪問の探し方は近年アプリ化

知り合いや友人を頼ったOB訪問は難しい、キャリアセンターも連絡を取れるOBはいなかったとなると、いよいよOB訪問探しは難しくなってしまいます。

そんなときに考えたいのが、スマートフォンのアプリを使ったOB訪問の探し方です。近年、人脈がなくてもアプリさえあればOBを探せるようになってきました。

「Matcher(マーチャー)」が優秀

OB訪問を探すためのアプリはいくつかありますが、中でもおすすめなのが「Matcher」です。

「Matcher」は、OB訪問ができる人を探している学生と社会人とをつなぐ新しい形のサービスを提供しているアプリ。

従来のOB訪問は学生側が一方的にお願いする形でしたが、「Matcher」はOB訪問の代わりに、一緒に食事をする、スポーツをするなど社会人のお願いを聞くスタイルになっています。

双方にメリットがあるのがポイント。

お互いの希望を叶えられる点で、社会人に広く受け入れられていますし、学生自体も気兼ねなくOB訪問をお願いできるしくみになっています。

国内最大級のOB訪問アプリにまでなっています。利用している社会人の所属企業が1,000社ほどになるなど、幅広い企業でOB訪問が可能となるのが魅力です。また、ワンクリックで利用できるため面倒な作業が必要ないのも多くの学生や社会人に受け入れられている理由になります。

このように、アプリを介したOB訪問の探し方はいくつかあるので、積極的に活用してみるのも方法の1つです。アプリを使えば、これまでその大学からの就職実績がない企業など、会うことが難しかった社会人との間でOB訪問できる可能性が広がります。

まとめ

OB訪問の探し方といってもさまざまな方法があります。

まずは自分に近い人にOBはいないか、自分に合った方法から見つけてみましょう。

なかなかOB訪問が叶わない場合や部署が違うなどで必要な情報を得られない場合は、視野を広げて複数の方法を試してみるのもアリです。

OB・OG訪問関連記事

内定が欲しい人以外は見ないでください
  • 就職活動の攻略本「就活ハウツー本」
  • 先輩の体験談も盛りだくさん「就活ストーリー」
  • 内定率は驚異の92%!「就活アドバイザー」
  • 5分で作れる「かんたん履歴書メーカー」
  • あッという間に内定GET「就活市場エントリー」
  • イベント参加で有利に就活「就活市場イベント」
  • あとで読み返したい記事は「お気に入り登録!」

今すぐ確認する!

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

広告掲載をご検討の企業さまへ