私服でOB訪問に行く場合の注意点とは?

KEYWORD 記事関連キーワード

記事をお気に入り登録する

記事のお気に入りに登録

「記事のお気に入りに登録」のご利用にはログインが必要です。

会員登録がお済みでない方

無料会員登録

アカウントをお持ちの方

ログイン

OB訪問は社会人に仕事の話を聞きに行く機会ですので、基本的にはリクルートスーツがおすすめですが、「私服でも構いません」「できれば私服で来てください」といわれる場合もあります。このように、服装について「私服OK」と先方から伝えられているのであれば、私服で行ってもかまいません。

OB訪問は就活をスタートさせたばかりの時期に行なうことが多く、リクルートスーツが身体になじんでいない時期ですので、私服でもOKといわれると少し気持ちが楽になる人もいるかもしれませんね。

しかし、「私服OK=どんな服装でもよい」というわけではありません。社会人になろうとしている学生としてふさわしい服を選ぶ必要があります。

この記事では、OB訪問に私服で行く際の服の選び方や、服装に合った髪型をご紹介します。アクセサリーについての注意点も説明しますので、「OB訪問に私服で行こう」と考えている人は、ぜひチェックしてください!

OB訪問で私服で構いませんと言われたら?

OB訪問で私服で構いませんと言われたら?

ひと昔前までは、「OB訪問はスーツで行く」というのが暗黙の了解でした。しかし、最近では日常的にスーツを着ない職種や業種も増えてきましたし、休日のOB訪問にスーツを着たくないという先輩社員も多くなってきました。

そして何より、就活生の緊張をできるだけ少なくしてあげたいという配慮や、就活生の個性を見たいという期待から、OB訪問に「私服で構いません」「私服で来てください」と伝えてくるOBも増えてきています。

このように、OB訪問の相手から「私服で構いません」といわれた場合は、リクルートスーツではなく私服で行ってもOKです。

しかし、私服OKとはいっても、ダメージジーンズや胸の部分が大きく開いている服など、社会人になろうとしている学生としてふさわしくない服装は、相手に悪い印象を与えてしまうおそれがあります。では、OB訪問に適した私服とはどのような服装を指すのでしょうか。

OB訪問に臨む際の私服としては、誠実さや清楚さをアピールできる服装のほうがよいでしょう。特に、オフィスカジュアルとよばれる服装を参考にするとよいですね。

男性であれば、「ポロシャツ+チノパン」、「長袖シャツ+チノパン+ジャケット」など、シンプルで清潔感があるものを選びましょう。

これらの服装に合わせる靴は、スニーカーでは少しカジュアルすぎるので、革靴を選ぶとよいでしょう。

女性であれば、「ワンピース+ジャケット(カーディガン)」、「ブラウス+スカート」などがおすすめです。いずれもシンプルで清楚な印象のものを選びます。ワンピースやスカートは、膝が隠れるくらいの丈のものにしましょう。

靴は高すぎないヒール付きのパンプスにすると、オフィスカジュアルの服装にマッチします。

女性の場合、どれも白色や黒色、グレーなどの地味な色でそろえてしまうと暗い印象を与えてしまうことがあります。

ヘアゴムやヘアピン、腕時計などの小物で明るい色を差し色として使うと、華やかな印象を与えることができるので、チャレンジしてみてくださいね。ただし、「華やか」を通し越して「派手」にならないように注意しましょう。

男性も女性も、Tシャツやジーンズはカジュアルすぎるので、OB訪問では避けたほうがよいでしょう。また、大学名が入っているからといって、部活動やサークルのジャージなどを着ていくのもNGです。

OB訪問の前に部活動やサークルの活動があったとしても、必ずオフィスカジュアルなどの適した服装に着替えてからOB訪問の相手に会うのが、社会人になろうとしている学生のマナーです。

OB訪問で私服に合わせた髪型

OB訪問で私服に合わせた髪型

OB訪問に私服で行く場合、髪型も悩むポイントかと思います。OB訪問に私服で行く場合、どのような髪型にすればよいのでしょうか。

男性も女性も、髪の毛は目や耳にかからないようにします。目やフェイスラインが出ていたほうが明るく誠実な印象を与えますし、目や耳に髪の毛がかかっていると不潔な印象を与えてしまいます。

男性の場合は短髪に、女性の場合は肩に髪の毛がつかないような長さに整えるか、髪の毛を結ぶようにしましょう。髪をまとめる場合、後ろの低い位置で1つ結びにしたり、シンプルなアップにしたりするのがおすすめです。

女性の場合はヘアピンやヘアゴムなど、ヘアアクセサリーを使うことも多いですが、いずれも派手すぎない清楚なものを選ぶと、OB訪問の相手の印象もよくなります。

また、男性も女性も髪の毛を染めるのはNGです。現在髪の毛を染めている場合は、早めに地毛に近い色に戻しておきましょう。

OB訪問で私服でもアクセサリーは注意

OB訪問で私服でもアクセサリーは注意

腕時計やネックレス、ブレスレット、ピアスなど、普段私服を着ているときに身につけているアクセサリーもあると思います。私服でOB訪問に臨む際には、これらのアクセサリーは身につけていってもよいのでしょうか。

基本的に、腕時計以外のアクセサリーは、私服OKのOB訪問でもNGと心得ておきましょう。腕時計も派手なものやカジュアルすぎるもの、高級すぎるものは印象がよくありません。

アクセサリーなどといった細かい部分は服装や髪型ほどしっかりと見られるわけではありません。しかし、マイナスの印象を与えるリスクを抱えてまで身につけていく必要もないでしょう。

ネックレスやピアスなどのアクセサリーは身につけず、シンプルでスーツにも合わせやすい腕時計を身につけていきましょう。

まとめ

「私服OK」のOB訪問では、いつもの普段着や髪型、アクセサリーを選ぶのはNGです。オフィスカジュアルとよばれる、誠実さや清楚さをアピールできる服に、清潔な印象を与える髪型・髪の色でまとめ、社会人になろうとしている学生としてふさわしい服装を心がけてくださいね。

就活は十人十色!
あなたに合った就活方法をわたしたちがサポートします。

就活のプロがあなたの内定を
完全無料で徹底サポート!

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

広告掲載をご検討の企業さまへ