面接に相応しいネクタイの色・柄は?選ぶべきネクタイのポイント

KEYWORD 記事関連キーワード

記事をお気に入り登録する

記事のお気に入りに登録

「記事のお気に入りに登録」のご利用にはログインが必要です。

会員登録がお済みでない方

無料会員登録

アカウントをお持ちの方

ログイン

就活生と一括りに言っても、男性か女性かで気をつけるべきポイントは違います。特に服装のことで言えば、ネクタイを着用するのは男性だけです。それまでの学生生活で特に常用することもなかった、という人が大半なネクタイについて迷う学生は非常に多いです。企業説明会や面接などの訪問時に、どのようなネクタイを選ぶべきなのか。色や柄、結び方など疑問は尽きないことでしょう。反対に、どのようなネクタイを選ぶべきでないのか、ということに悩んでいる学生も多いと思います。そこで今回は、男性就活生のネクタイのあれこれについて、ご紹介していきます。

 

避けるべきネクタイの特徴

最初に、選ぶべきではないネクタイの特徴からご紹介していきます。逆に考えれば、ここで紹介されていないようなネクタイを選べば良いのです。

 

派手な柄や色合いのもの

黄色やピンク、紫といったような派手な色をしたネクタイは避けるようにしましょう。たまに「目立つから」「印象に残るから」といった理由や個人的な好みで派手なネクタイを選ぶ学生もいますが、ネクタイの色で目立つのは悪目立ちであって、プラスにはなりません。柄についても派手な柄のものは避け、ドットやストライプなど、簡単なものを選ぶようにしましょう。悩んでしまう場合には無地のものでもいいでしょう。

 

高級なネクタイ

就活生が高級ブランドのネクタイを着用していると、悪印象を与えてしまいます。これもやはり悪目立ちということになってしまうので、避けるべきでしょう。同様にネクタイ以外の時計やベルトといったものでも、高級ブランドのものは避けるべきです。

 

白色、または黒色

シンプルなネクタイということで、白や黒を選ぶ学生もいますが、これは絶対に避けるべきでしょう。白は結婚式、黒はお葬式などの際に着用するネクタイなので、それを就活の場に着けてくる学生は常識を疑われてしまいます。

 

選ぶべきネクタイの特徴

続いて、着用するべきネクタイについてご紹介します。

 

右上がりのストライプが入ったネクタイ

恐らく就活生の中でもかなりの割合が着用しているネクタイです。無難なデザインでありながらも清潔感を与えることができ、オススメです。スーツの販売店などはもちろん、様々な場所で入手することができるので、とても選びやすい選択肢だと言えます。

 

チェック

最初に紹介したストライプよりは割合が少なくなりますが、こちらも人気の柄です。適度に明るい印象を演出できますし、色とチェックのバランスを考える楽しみもあります。

 

ドット

こちらも定番の柄です。ドットの大きいものや小さいものなど様々ですが、就活では基本的にドットの小さなものを選ぶようにしましょう。青系のネクタイにドットが入ったものなどはシンプルながらも根強い人気があります。

 

色は落ち着いたものに

ネクタイの色は落ち着いたものを選ぶようにしましょう。若い学生に人気なのは青や水色系統のものです。また、赤なども派手なイメージを持たれがちですが、深みのあるものなど、ものによってはリクルートスーツに合うものもあります。その他にはオリーブやブラウン、グレー系なども人気です。柄などとの相性を鑑みて、気に入ったものを選んでみましょう。

 

ネクタイの結び方は4種類

ネクタイには様々な結び方がありますが、就活生は

  1. ダブルノット
  2. ウィンザーノット
  3. セミ・ウィンザーノット
  4. プレーンノット

 

といった結び方です。両親や友人に教えてもらったりするのも良いですし、ネットなどでは画像付きで紹介していたり、動画サイトでアップしたりしているものもあるので、それらを参考にしてみてください。

 

終わりに

今回はネクタイについてご紹介しましたが、選び方や種類、結び方など、様々なものがあるのをお分かりいただけたと思います。変に目立つのではなく、上品に自分のオリジナリティを演出することで、首元からも面接官にアピールしてみてください。

内定が欲しい人以外は見ないでください
  • 就職活動の攻略本「就活ハウツー本」
  • 先輩の体験談も盛りだくさん「就活ストーリー」
  • 内定率は驚異の92%!「就活アドバイザー」
  • 5分で作れる「かんたん履歴書メーカー」
  • あッという間に内定GET「就活市場エントリー」
  • イベント参加で有利に就活「就活市場イベント」
  • あとで読み返したい記事は「お気に入り登録!」

今すぐ確認する!

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

広告掲載をご検討の企業さまへ