私服で面接に行くことになったら何を着るべきか。私服面接対策

KEYWORD 記事関連キーワード

記事をお気に入り登録する

記事のお気に入りに登録

「記事のお気に入りに登録」のご利用にはログインが必要です。

会員登録がお済みでない方

無料会員登録

アカウントをお持ちの方

ログイン

学生からすると、就活面接にはスーツで行くのが一般的だと思います。しかし実際には「私服で面接に来てください」と企業側に指定されるケースも存在します。当然私服で来るように指定されたからといって、普段通りの私服で来社するのはNGです。企業が私服を指定する意図を理解して、その上でどんな服装を着るべきか、考えることが重要です。そこで今回は、私服面接を実施する企業の意図の導き方や、服装選びの注意点、ポイントをご紹介していきます。

 

なぜ企業は私服面接を行うのか

私服面接を行う目的は企業によって違いますが、ファッション関係などであれば、応募者のセンスを見ているといった理由が考えられます。私服出社が可能な会社なら、学生にもその社風を当てはめていたり、リラックスして参加してほしいと思っていたり、普段通りの格好をすることで本来の力を出させようとしている場合も考えられます。私服面接の意図については、業界研究や企業研究で分かることもあるので、事前に研究しておくようにしましょう。

 

私服を指定されたら、スーツは着ない

私服指定をされると、勘ぐってスーツで行ってしまう学生がいますが、これは良い判断とは言えません。「私服でも可能」という場合ならスーツでもいいのですが、「私服で」ならスーツは避けるようにしてください。場合によっては面接に関する説明を聞いていない、読んでいない学生と思われるので、よく確認するようにしておきましょう。

 

私服面接で注意する服選びのポイント

では実際私服で行くなら、どのような服装を選ぶべきなのでしょうか。男女別に特徴をご紹介しますが、ベースとなる服装としてオフィスカジュアルを意識してください。私服面接=完全に服装が自由、とは思わない方がいいでしょう。

 

男性の場合

男性はジャケットを着用するようにしましょう。私服で持っていない場合には新しく買うか、どうしても用意できないならスーツのジャケットを着るのでも良いでしょう。シャツもスーツに合わせている白のシャツか、シンプルな柄が入ったものを選ぶようにしてください。襟のないものは選ばず、あくまでオフィスカジュアルを意識してください。ボトムスはチノパンが無難です。こちらも派手な色は避けて、黒やベージュを選ぶようにしてください。足元はスーツに合わせて履いている革靴や、清潔感を重視したシンプルなものを選ぶようにしてください。

 

女性の場合

次に女性の服装をご紹介します。女性は落ち着いた色のジャケットに、白など、シンプルなブラウスを合わせましょう。素材の薄いものではなく、しっかりしたものを着るようにしましょう。ボトムスはパンツ、あるいは膝丈のスカートを合わせてください。スカートはなるべくなら無地、色も無難な白や淡い色を選びましょう。足元はヒールが高過ぎないパンプスを選んでください。

 

オフィスカジュアルは、男女ともにユニクロなどで一式揃いますし、私服としても十分着こなしが可能なので、就活シーズンにワンセット買っておいても良いかもしれません。

 

着てはいけない服装

ここまで服選びのポイントをご紹介しましたが、念のために面接で「着るべきでない」服装についてもご紹介します。

 

男性

半ズボンや襟のないシャツ。足が直接露出するサンダルや、スニーカーといったオフィスカジュアルに相応しくない格好。ジャケットの代わりにトレーナーやフリースを選ぶのもNGです。

 

女性

男性同様、トレーナーなどのカジュアルな服装。ミュールやスニーカー、サンダル。この他に派手な色の服装や膝上のスカート、ショートパンツなども避けましょう。

 

終わりに

多くの企業で面接はスーツで行う場合が多いのですが、稀に私服面接もあるので、対策して損はありません。どうしても適切な服装がイメージできない場合「オフィスカジュアル」で検索してみるのもいいかもしれません。私服面接にもスーツ面接にも、柔軟に対応できる態勢を整えて就活を有利に進めましょう。

内定が欲しい人以外は見ないでください
  • 就職活動の攻略本「就活ハウツー本」
  • 先輩の体験談も盛りだくさん「就活ストーリー」
  • 利用者内定率は驚異の92%!「就活アドバイザー」
  • 勝てる履歴書をサクッと「かんたん履歴書メーカー」
  • あッという間に内定をゲット「就活市場エントリー」
  • イベント参加で就活を有利に「就活市場イベント」
  • あとで読み返したい記事は「お気に入り登録!」

今すぐ確認する!

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

広告掲載をご検討の企業さまへ