インターンシップの説明会はどんな髪色、髪型をするべき?

インターンシップの説明会はどんな髪色、髪型をするべき?

就職活動を行う前に、インターンシップに参加しようと考えている学生は多いと思います。直接その企業への志望を考えていなくとも、その業界の知識を付けたり、業務内容を学んだりすることで、就活をする前に自分の適性を見極め、綿密な業界研究をすることができるからです。しかし、全ての学生がインターンシップを希望した企業で働けるとは限りません。限りのある企業側の採用枠を勝ち取るためには、説明会や選考過程での印象がとても重要になってくるからです。そこで今回は、インターンへの参加券を勝ち取るために、学生はどのような髪色・髪型で臨むべきなのかを考えていきます。

 

インターン説明会の重要性

インターンシップに参加する上で、インターン説明会というものが存在することを知らない学生も少なくありません。そこで先ずはインターン説明会について解説していきます。インターン説明会は文字通り、インターンシップでどのようなことをして学生が過ごすのか、ということを説明する場です。業務内容や一日の流れなど、具体的な話を聞くことができるので、インターンシップに参加を検討している学生は、必ずこの説明会にも顔を出すようにしましょう。多くの場合、インターン説明会がインターン参加の上で有利に働くということはあまりないのが実情です。しかし、間違いなく企業のことを知る重要な機会にはなりますし、説明会への参加をインターン申し込みの条件にしている企業も存在するので、全く無関係とも言えないのです。

 

企業説明会との違い

インターン説明会と企業説明会の違いについても説明しておくと、企業説明会は、企業の表の顔といった認識です。対してインターン説明会は、裏の顔とも言えます。企業説明会では、企業のPRが主な目的となるので、基本的に会社側に有利な情報や、魅力的に映る情報が積極的に発信されます。企業説明会に訪れた学生に「エントリーしてみようかな」と思ってもらうことが目的なので、当然とも言えますね。しかしインターン説明会の先にあるインターンシップは、実際に学生が企業で働くことになるので、企業としてもリアルな現場状況を知った上でエントリーしてほしい、というのが本音です。そういう意味では、企業説明会で聞く話を、全て鵜呑みにするのは危険かもしれませんね。

 

インターン説明会での髪型は清潔第一

それではようやく本題となるわけですが、インターン説明会での髪型・髪色について説明していきます。男女に共通して言えるのは、とにかく清潔感が大切、ということです。地毛で髪の毛の色が明るいのはある程度仕方ありませんが、茶髪や金髪などに染めている学生は、説明会の前に、必ず黒染めしておきましょう。また、パーマなども担当者によっては不快感を与えてしまうので、不適切だと言えます。男性の場合、髪の毛の長さも横は、耳が出るくらいに短くし、後ろは襟足がだらしなくないようにすっきりさせましょう。前髪も可能であれば、眉毛よりも上にしておくのが良いです。女性の場合は、髪が長ければ、顔が見えるようにピンで止めたり、後ろはゴムなどで結んだりするようにしましょう。セミロングやショートヘアの女性も、顔がはっきり見えるような髪型に整えていくのが無難です。説明会と選考は別、と油断するのではなく、インターン説明会も選考の一部だと考えるようにして、身を引き締めて臨むようにしてください。

 

終わりに

今回説明したポイントは、インターン説明会に限った話ではありません。企業説明会などでも、やはり黒髪が無難ですし、髪型で悪目立ちをする学生はマイナスの意味で企業側に目をつけられてしまいます。爽やかさと清潔さを意識した髪型で、プラスのアピールをしてみましょう。

  • 髪の毛の長さを短く揃える
  • 女性は髪を一本に結ぶ
  • 眉毛と顔が見えているかを鏡で確認する
  • 寝癖など、髪型の乱れは残さない
  • 髪色は黒に

上記の5項目を意識すれば、取り敢えず髪型でマイナスイメージを与えてしまうということを避けられるでしょう。

就活情報サイトが運営する
就活支援サービス

就活のプロがあなたの内定を
完全無料で徹底サポート!​​

60秒かんたん登録で
ライバルに差をつけよう!

今すぐ登録!

就活市場アカウントをお持ちの方はこちら »

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

広告掲載をご検討の企業さまへ